ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

推定3ハロン

t6

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

t2

簡易版HBリスト

続きを読む

東京 芝1600m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧
t11

推定3ハロン

t12

登録馬の近走HB指数上位

t2

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t6

簡易版HBリスト

京都 芝1200m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧
t9

推定3ハロン

t10

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t5

簡易版HBリスト

京都 芝1200m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧
t7

推定3ハロン

t8

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t4

簡易版HBリスト

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

t1

馬番を選択で、各馬の成績詳細画面を開きます。(ハイブリッド競馬新聞会員様専用)

続きを読む

優駿牝馬(オークス)

優駿牝馬(オークス) 過去成績
想定版を見ると

↑で見たように、このレースは。

・「推定」後半印付き
・ノーザンF生産馬

この2つの要素が本当に大きいレース。
これだけで過去数年は全部OKでした。
でも、今年の3歳路線はちょっと違いますよね。
前哨戦時点からずっと、2~3着には来るけれども勝て無い。
皐月賞もNHKマイルCも、本番G1で勝てず・・・。
その替わり、2着は外しませんけれども。
これが今年の1番大きな文脈なのかも知れませんね。

まずは後半印◎
過去の◎の馬達の成績は
t1
人気になるし、実際に結果も出している。
今年の後半印付きはこんな。
t2
4・デアリングタクトはHB印◎で後半印も◎の1倍台のオッズ。
ほぼ、アーモンドアイと一緒ですね。
ただし、この印で勝ったのもアーモンドアイのみ。
ノーザンF馬か非ノーザンF馬か、その差が着順に響いてくる可能性もアリです。
人気馬に逆らうようなレースでも無ので無理に嫌わなくても・・・ではありますが。
だって1番人気ってほぼ勝つんですもの。

相手も基本は後半印付きの馬からの選択。
例外としては前哨戦の勝ち馬。

・「推定」後半印順
t2
この5年で後半無印で来たのはカレンブーケドールのみ。
同馬は、それまでさっぱりだったスイトピーSの勝ち馬でした。
今年はデゼルがそれ。
印も揃っての2番人気ですね。
関西馬だと輸送2回になるので、そこは心配な点。

続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
馬番を選択で、ハイブリッド競馬新聞会員の方であれ成績画面が表示されます。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

t1

ハイブリッド競馬新聞の会員様であれば、馬番を選択で各馬の成績画面を開きます。

続きを読む

これはこれでアリだな。
というコレがこれ。
スタッフ2人が遊んで…否、キッチリとこれはウチではお仕事ですね、馬券買ってました。




HBリスト使って、色々と試しているようです。
1つのレースをじっくりと予想するのも競馬の楽しみの1つではあります。
でも。
規則性を持ってパターンで選ぶのも面白いと思う。
僕も「これが競馬や!」なんて概念は一切無いです。
競馬は本当に間口が広いコンテンツ。
何をどう考えて、どう買おうが、どれも各々が正しいゲームです。
そんな裾野が広いものに対して、敢えて1つの要素に凝り固まる必要無いですものね。
データを提供させて頂いている側としては、もっと沢山の糸口を見つけていくべき。

よし、僕もやってみよ。


続きを読む

↑このページのトップヘ