ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

登録馬の近走HB指数上位

t2

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

簡易版HBリスト

続きを読む

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t5


簡易版HBリスト

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t7


簡易版HBリスト

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t6


簡易版HBリスト

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

t1

馬番を選択で、各馬の成績詳細画面を開きます。(ハイブリッド競馬新聞会員様専用)

続きを読む

ちょっと時間が無いので手短に。

阪神11R 大阪杯

大阪杯 過去成績
使うツールは上記の記事にもあるこれ。
過去の出走馬一覧
まずは過去の5着以内がこんな。
t1
結構荒れております。
着差もあまり付かない。
原因は?
これは簡単。国内トップの馬達はドバイへ行くから。
或いは香港の国際競争という手もあるし、ちょっと下の馬ならオーストラリアもある。
キタサンブラックを除くと、メンバーが基本薄いレース。
ので、G1に微妙に足り無い馬は1回使ってここを本気で狙って、人気になってそれなりの結果。
人気・能力ありつつも凡走するのは、今年初戦のG1上位馬で、そもそもここ向きでは無かった馬。
ブラストワンピースの事や!
昨年の結果に学んで、今年は1回使ってからの参戦ですね。
でも・・・勝つなら宝塚記念でしょうけれども。
この時期の阪神は、こんななんですわ。


同時に、関東馬は毎回ダメ。

以上が前置き。
ではやってみましょ。

続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
馬番を選択で、ハイブリッド競馬新聞会員の方であれ成績画面が表示されます。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

t1

続きを読む

今週も競馬は開催されるようで何よりです。
国や自治体の直轄というのは、完全な民間よりも強いなと改めて思った。
厳密には違う部分もありますが、生産→消費を経ずにお金を回せる強味もありますね。
そして同程度に強いのがパチンコ業界。
政治家・官僚にどれだけお金を流しているか?が実感出来た期間だったんじゃないかなと。
この期に及んでまだ完全ストップとなっていないのだから、その利権たるや・・・。

コロナウィルスはなかなかに世の中に災いを振りまいてはおります。
それでも、ポジティブに捉えられる面も無きにしも非ず。
社会の変革のきっかけや、トータルでは防疫の対応力も上がりそう。
という実利の面と共に、恐怖を上書き出来たのもある意味では功績。
日本であれば、最新最大の恐怖は今でも東日本大震災でしょうか。
直接の被害に遭った方でなければ時間経過の分、そんな事もあったなーレベルにはなっているかも。
今回より大きな脅威を迎える事で、1つ前の出来事に対しては忌避感も関心の優先度も下がります。
理屈ではなく感情面で物事が進まなかった部分も、新しい恐怖によって上書きされれば、以前よりもその箇所は進めるようになるかなと。
人の脚をひっぱたり、信念と悪意を持って蔑んだり、ああ、それとただの馬鹿も、今は皆さんコロナに向かっていますしね。
難点は・・・予算が無いって事なのでしょうけれども。


で、競馬競馬。
今回は、予想というよりも・・・手順の簡略化の話。
HBリストを出してから暫く経ったので、それとデータシートを合わせて。
HBリスト 4/4


続きを読む

↑このページのトップヘ