ハイブリッド競馬新聞TOP

HTML版の簡易版です。
事前公開は終了致しましたが…結果だけは更新していきます。
HBリスト以外のコンテンツをご利用の方でも、結果を参考に傾向は掴みやすくなると思います。

ですが。
これまで通り、HBリストはちゃんと公開しております。
ここで。

新しい新聞と共に「ライト版+HBリスト」として、抱き合わせ販売になりました。
t3
詳しくは
→ 【お知らせ】新規コンテンツ販売に関して

各リストの枠内にある馬番を選択で、競走馬の詳細ビューワを開きます。
ハイブリッド競馬新聞の無料会員登録があれば、誰でもご覧頂けます。

スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

成績版PDF版は当日のレース終了後にアップします。

HBリスト成績版(土曜日)

t1
PDF版だけでなく、ビューワの形式でもご利用頂けます。
t5

ハイブリッド競馬新聞に会員登録をすれば、ご契約無しでも以下のビューワは使えます。
t6


年明けて、明日からがようやく普段の競馬ですかね。
3場開催でレース間隔が短くなり、締切を喰らいまくるアレがまた始まる。

この時期の小倉は、ダートよりも芝のレースが多いです。
その分、傾向は見やすいしやるなら芝を。

開催ビューワで昨年の同開催をみてみると。
t1
上部のショートカットボタンで
・HB印◎〇
・後半印▽以上(印入り)
・最高HB印▲以上
・芝
・未勝利以上のレース
このようにフィルタリングしていきます。
更に、前走で8番人気以降をオレンジラインを使って消す。
以上で準備完了。

HB印◎〇の2択、最初の関門でソコソコ使えるパターンとなります。
上記のフィルタを使ったHB◎〇の開幕週の結果はこんな。
t3
完全に自動…という訳にはいきませんが、稍重・重馬場でもそれなりに使えてます。
開催を通しての複勝率も54%ほどで、連対率が41%なので走る時には2着以内、も期待出来ますね。
ちなみに、良馬場だと連対率で60%くらいにはなります。

同じフィルタを「当日一覧ビューワ」で明日の小倉で使うと。
t8
5頭が該当。

昨年の馬場傾向を確認すると。


内枠は有利。
軸馬が外枠なら、相手は内枠から…ですね。

そして「当日一覧ビューワ」でセーブをして、HBリストビューワでロードをすると。
t7
最初の2択は終わっているので、次の段階からスタート。
買い方は3連複フォーメーション。
2列目に2頭を置くのですが、その2頭を探す作業。
最後に3列目は2ブロック目の途中、緑の枠内ぐらいまでをザーッと拾う。

2列目の2頭は単純に人気でもOKです。
中位人気の4~6番人気から2頭。
或いは、青枠内の4頭から2頭。
そこらは柔軟にどうぞ。


中京2R

t6
3・バーニングパワーはHB◎で、本来なら2択に負けた馬。
ですが、この想定人気であれば全然買う。
前走は1・テリーヌと同じ「詰脚」が「黄色・緑」のパターンで、枠も良いです。
鞍上の藤岡康太騎手も小倉の芝では8位の成績。

14・テーオーディエスはHB△で青枠内の馬。
4番人気想定も手頃。
前走は出遅れでやや後方からの競馬となりましたが「詰脚」では「青・緑」と0以上は出しています。
1・テリーヌと同レース、同枠からの競馬で今回は外枠にいった分、逆転は厳しそうではありますね。

1- 3・14- その他
の形になるかと。

小倉6R

ここは2頭共に該当馬なので、自力で選ばないと…。
通常版の新聞でみると。
t1
7・シュトゥルーデルは、ディープインパクト以外は全て良いです。
鞍上も、厩舎も。
音無厩舎の今年の芝の成績は。
t3
松若騎手が一人が頑張って、ぶっ飛び続けておりますが…既にシンザン記念で重賞を勝っているし騎手選んで乗せてきたときは安定。

一方の13・バガン。
鞍上の浜中俊騎手、この1年で小倉の芝で0勝という有様。
昔は小倉と言えば浜中俊騎手だった時のあったのですが、ダービー勝っても全然浮上してきませんね。
だがしかし。
鞍上以外はオールグリーンなんですよ。
野中厩舎の小倉の芝成績は新聞でも複勝率50%で赤文字になっていますが、実データはこのように。
t2
しかもカナヤマ馬、やたらと走る。
これは個人的な感想なのですが、カナヤマ馬でバゴとか凄いコスパ高そうで、きっとこの先もソコソコ走るんだろうな感です。
新馬からの2走目で指数は5以上上げてくるだろうし、買い要素はこちらの方が大きそうです。

2列目には、5・レスプロンディールと15・キトゥンズマーチを。
t4
5・レスプロンディールは種牡馬印が「BA」と優秀。
前半4位で減量騎手の内枠。
15・キトゥンズマーチは、吉岡厩舎の2頭出し。
自厩舎で新馬から使った馬だと…まだまだキツイのが現状です。
芝の未勝利すら勝て無い。
西村淳也騎手に変わって、軽い奇跡が起きて3着くらいの想定で。

予感としては、超人気馬同士ので決まりそう。
それでも、この買い方自体が仕掛けての「待ち」なので、ブレずに。
オッズ見て、馬単で保険が効くなら押さえておいても良いかもです。

13- 5・15- ほぼ青枠内


以降の芝は、明日ここまで見た結果を基にやっていきましょ。


明日、レースが確定次第、結果を随時更新していきます。


続きを読む

中京11R 愛知杯

愛知杯 過去成績

1~3番人気より、中位人気の4~6番人気の方が成績が良いという…。
t3
超あてものレース。
それでもまだマシなのは、人気馬なら1番人気は割と大丈夫な点。
中京開催なら、そこは信じて良いはず。
そして。
騎手ビューワにショートカットボタンを追加しました
5・センテリュオは1番人気想定だし、内枠もひきました。
t4
斤量56kgですが、56kg以上は馬券圏内は近年外しておりません。
そこまでの評価を受ける馬であれば、というか、オールカマー勝っている馬と前走3勝クラス勝ち馬が一緒に走るのですから、これは仕方ないですよね。

数いる馬の中からC・ルメール騎手が選んだノーザンF馬です。
何でもアリなレースの中で、普通に選んで1番マトモなのがハンデの通り同馬。

過去分を見ると。
・枠番順と前走(中京開催時のみ)
t10
外枠の馬は人気薄でも前走で好走しており、重賞でも掲示板以内。
変な馬は内枠から。
何の印のカケラも無く走ってしまう馬も、意外と少ないです。

同様に「当日一覧ビューワ」で見ると。
t5
外目の枠には前走好走馬が並んでおり、ソコソコ選びやすそう。
それでも7・8枠辺りはキツイかな。

手頃なのは12・レッドアステル。
t6
国枝厩舎の2頭出しの1頭で、鞍上は武豊騎手。
武豊騎手、ハンデ戦なら中位人気辺りでカナリ来ます。
芝のハンデ戦で4番人気以降だとこのように。
t7
2400m以上となると…馬が無理。
そこでの人気薄だと、特に何もせず普通に回ってくるだけなのですが、もうチョイ何とかなりそうな中距離だと頑張りますね。

内枠からだと7・サトノガーネット。
t8
矢作厩舎+坂井瑠星騎手なので、今の流れ的にはピッタリ3着…だったりして。
同馬はもう決まっております。
ハンデ戦で上がり上位で何処まで差し込めるか?だけをひたすら繰り返す。
ハンデ戦の成績はこんな。
t9
展開待ちです。
前で競馬する馬は多いし、牝馬が集まって2000m走るのだから、残るのはやはりキツイです。
今年は日経新春杯では無くコチラに回って来たのも、チャンスアリと陣営が踏んだからでしょうし。

◎5・センテリュオ
〇12・レッドアステル
▲7・サトノガーネット

あとは…HBリストで2ブロック目以内はほぼ全。
そして内枠。
印以下の馬は横一線すぎるので、3連複フォーメーションで3列目は凄く広く構えるです。

中山1R

朝、ワクワクして起きられるように1Rを。

続きを読む

開催ビューワや当日一覧ビューワのように、これも中身を書き換えました。


同時に、最高HB・情報・展開の3つも付けておきました。

基本的な動作は変わっておりません。
今週の出走馬一覧では…。
t1
この中の各セル、芝・ダや場、距離、厩舎・馬主・生産、また各印。
そこを選択すれば、下部にある過去走(約1年分)が、選択された項目でフィルタリングされます。

例えば、愛知杯のC・ルメール騎手。
t2
昨年も同レースでセンテリュオに騎乗しておりました。
ですが…。
t3
キャロトFの、重賞+中距離はイマイチなんですよね。
それでも今のノーザンF+C・ルメール騎手なら勝つかも知れませんが。

ちなみに今回は戸崎圭太騎手からの乗り替わり。
戸崎圭太騎手、ここに居るんですけどね。

戸崎圭太騎手の画面から、次走でC・ルメール騎手になった馬をフィルタリングしてみると。
t4
成績は上がりますね。
1番人気であれば、馬券圏内は外してはおりません。
1倍台込みで1着が1回しか無いし、しかも勝ったのはダートの平場のみ。
更に言えば、好走したのは非ノーザンF馬のみ。

戸崎圭太騎手はマジックキャッスルに騎乗。
t5
国枝厩舎とは15走で複勝率は60%とカナリの好相性。
実データで見るとこんなです。
t6
全部ノーザンF馬でのもの。
今回は社台Fなので、同じくらい走れるかどうかは、これまた微妙。
それでも、成績ダダ下がりの社台Fにあって、牝馬重賞は好走出来る数少ないチャンスレース。

・・・と、話が逸れてしまいましたね。
今回の騎手ビューワにショートカットボタンを追加で、そこそこ便利になると思います。
良いデータ探してみて下さいな。

ハイブリッド競馬新聞TOP

中山 芝2000m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t8
・後半印順
t9
HB、後半印、どちらかが「注」以上持ちでの決着。
HB・前半・後半印で「▲」以上が検討対象。
HBリストでは2ブロック目以内。

重賞一覧
t5

推定3ハロン

t7

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

過去のHBリスト
t6

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202011108480
201911105490
201821003130
201720104660
2016111011280
201521003700
201412007430
計&平均107406310

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

中京 芝2200m ハンデ

以前は、京都芝外2400m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t8
後半印順
t9
4・5歳馬、人気順
t11

重賞一覧
t5

推定3ハロン

t7

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t3

過去のHBリスト
t6

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020110129380
201921002640
201811109240
201721001330
201621001400
2015011135650
201421001380
計&平均1072211574

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

中京 芝2000m 牝馬 ハンデ

2000年は小倉の2000m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t8
HB印順
t9
枠番順と前走(中京開催時のみ)
t10

重賞一覧
t6

推定3ハロン

t4

登録馬の近走HB指数上位

t5

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト
t7

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020011191350
201911109010
2018110116650
2017110120920
2016021048950
2014200111060
計&平均563432990

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

HTML版の簡易版です。
事前公開は終了致しましたが…結果だけは更新していきます。
HBリスト以外のコンテンツをご利用の方でも、結果を参考に傾向は掴みやすくなると思います。

ですが。
これまで通り、HBリストはちゃんと公開しております。
ここで。

新しい新聞と共に「ライト版+HBリスト」として、抱き合わせ販売になりました。
t3
詳しくは
→ 【お知らせ】新規コンテンツ販売に関して

各リストの枠内にある馬番を選択で、競走馬の詳細ビューワを開きます。
ハイブリッド競馬新聞の無料会員登録があれば、誰でもご覧頂けます。

スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

成績版PDF版は当日のレース終了後にアップします。

HBリスト成績版(土曜日)

t1
PDF版だけでなく、ビューワの形式でもご利用頂けます。
t5

ハイブリッド競馬新聞に会員登録をすれば、ご契約無しでも以下のビューワは使えます。
t6


日曜の芝の結果をHBリストで見ると。
t2
赤枠のHB印◎〇のゾーンで抜けてしまったのは中山9Rのみ。
後は、2頭中少なくとも1頭は馬券圏内にきております。

3着以内の内1頭さえ分かれば馬券は買える
故に、まずはHB印◎〇の2択からのスタートです。
それを考える際には他馬の事は考慮しない方が良い。
あくまでも純粋に2頭の比較だけに集中してください。
馬場や枠やら人気やら…確かに考慮すべき事はあるにはあります。
ありますが…最初に2択まで絞れるようにハイブリッド指数の方で準備完了な訳なのよ。

相手選び…でもこの方法だと3連複メインになるでしょう。
フォーメーションで買うなら、軸は◎〇から選んだ1頭。
2列目には2頭を用意がノーマルタイプ。
いかにも荒れそうな時は、そこが3頭でも4頭でも配当次第では充分回収できるので、ためらわずに増やしてみてください。
頭数次第では、こんなんでもOK。
t3

で、2頭選ぶとするなら、
・中位人気の4~6番人気
・青枠内のHB印◎〇以外の印入り
この中から2頭選択する。

3列目は緑の枠内が基本。
そこから漏れてしまう馬も、まあ…いたりしますよね。
でも。
緑枠内から1~2頭消せれば、それらは左にスライドしてきて圏内に入ります。
緑枠以降で、前半・後半印上位が多いようであれば、数頭消してそれらが入るように調整してみてください。

概要はざっとこんなものです。
では実際にやってみよう!
…と普段はなるのですが、いや、もう、3日目ともなると脳が働かない。
ちょっと寝て、ご飯食べたりしないと、動けない。
ので、健闘を祈る!


明日、レースが確定次第、結果を随時更新していきます。


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

HTML版の簡易版です。
事前公開は終了致しましたが…結果だけは更新していきます。
HBリスト以外のコンテンツをご利用の方でも、結果を参考に傾向は掴みやすくなると思います。

ですが。
これまで通り、HBリストはちゃんと公開しております。
ここで。

新しい新聞と共に「ライト版+HBリスト」として、抱き合わせ販売になりました。
t3
詳しくは
→ 【お知らせ】新規コンテンツ販売に関して

各リストの枠内にある馬番を選択で、競走馬の詳細ビューワを開きます。
ハイブリッド競馬新聞の無料会員登録があれば、誰でもご覧頂けます。

スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

成績版PDF版は当日のレース終了後にアップします。

HBリスト成績版(日曜日)

t1
PDF版だけでなく、ビューワの形式でもご利用頂けます。
t5

ハイブリッド競馬新聞に会員登録をすれば、ご契約無しでも以下のビューワは使えます。
t6

暫くずっと同じ事を言い続けますよ。
今年はHBリストをどうぞ

たまに、今日の中京ダートのように全然違う時もあります。
ありますが…中山ダートだとこんなでした。
t4
ルール的に買うのは基本は3連複フォーメーション。
HB◎〇から1頭を選択して、2列目に2頭、3列目に緑の枠内をカバーする範囲。
これだと大体1レースに付き15点ほどです。
もちろん、取捨選択して点数を減らすはアリ。
僕の個人的経験からして、トータルで考えると15点が丁度良いなというのがあるので、僕はそれでやっているだけです。
配当的にはこんな。
t5
3連複の平均配当が6千円ほど。
意外と高いんですよね。
ガミはありますが…的中率は高いので資金回収しつつ配当跳ねた時に取りこぼさないように、の方針で。

明日はC・ルメール騎手がおりませんが、ダートであればあまり影響も無いですね。
土曜日と同じ決まり方になる想定で。


中京の芝だと、こんなでした。
t1
6Rは新馬戦。
未勝利以降のクラスであれば、1ブロック目位内の決着で、2ブロック目からの1頭は「推定後半3ハロン◎」の馬でした。

同じレースを「当日一覧ビューワ」でみると。
・HB印▽以上(1ブロック目)の馬にフィルタリングして、前半印順に並び替え。
t2
勝ち馬は前半系の人気馬。
そして内目の枠有利といったところ。
3着以内馬の枠番順に並び替えだと。
t3
4枠よりも内目ですね。
内枠人気から軸を選んで、相手はHB印付き。
これをベースにHBリストを使えば良さそう。

明日、芝レースの1つ目は中京5Rの未勝利1600m。牝馬限定。
HBリストだと。
t6
HB印上位は…内枠の馬が多めですね。
それはそれで、そんなに馬く決まるのかい!って思えては来ます。
ですが、1番人気想定が絶賛大不調中の川田将雅騎手。しかも8枠。
配当に振ってみたくなるなあ。

通常版の横新聞でみると。
t7
HB◎は6・セリシア。
エイシンヒカリの時に取りあげた馬です。
0-4-0-1の成績で、ここもまた2~3着になりそうな。
前半は2位で、ラチ大好きの岩田康誠騎手。ロス無く乗って、ハイブリッド指数で40越は出せそう。

HB〇は7・フィルムスコア。
前半1位で、前走が初戦の新馬で先行してハイブリッド指数は36を出しました。
通常どんな馬でも2走目は指数を上げてきます。
その上げ幅が5ポイントあれば、セリシアは届く。
…等と考えなくともですね、本当にここまで人気が無いなら買えば良いんです。
6・7の2頭軸の3連複を、とりあえず買っておく。

配当を上げてくれそうな内枠の馬達は。
t8
前半印入りの2頭と、HB▲で中位人気になりそうな2・マリーナ。
キズナ産駒で、これくらいの印と人気は手頃です。
自分のパピーを倒せるか?もし道中並んだらどうするか?込みでレースも面白そう。


明日、レースが確定次第、結果を随時更新していきます。

続きを読む

↑このページのトップヘ