ビューワ

HBビューワ
コース勝ち馬一覧
過去の出走馬一覧

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t4

簡易版HBリスト

続きを読む

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

簡易版HBリスト

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

t1
続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

t1
続きを読む

地方競馬との交流競走の一部取りやめについて
軽く移動の制限ですね。
地方競馬で馬券を買う視点からだと、JRAの馬が来ないほうが予想はしやすかったりします。
地方競馬内でも、騎手の遠征が無くなったりしているので、お客を入れての開催どうこうよりも開催させる事それ自体が最優先。
野球のように騎手から1人でも発症者が出てしまうと開催中止になりかねませんし。
競馬場には既に馬主も入れなくなっており、更にもう1段階、マスコミ関係の方も入れる人数を絞るような事になるかも。
そろそろJRA内でも、騎手や馬の移動を制限した方が良いような・・・。

中京11R 高松宮記念

ここ2年ほど2桁人気の馬が絡んで荒れておりますが、それ以外の年は中位人気以内で決まっております。
無理に変な馬を探すよりも、条件に合う馬がたまたま人気薄の方面で期待する方が良いかなと。
過去5年分の0.5秒以内の馬達がこれ。
t1
内枠の、内枠の馬達による、内枠の為のレース。
人気の無い馬の圏内は、前半印上位か前走でオーシャンS上位くらい。
枠の偏り方は、これの方が分かりやいかも。


レース自体はこれくらいの認識で。
そして、少し視点を広げると・・・。
・2018~2019年
t3
・2019~2020年
t2
セントウルSから翌年の高松宮記念までの1200m~1600m重賞の連対馬一覧。
生産者でオレンジはノーザンF、青は社台F。
種牡馬でオレンジはディープインパクト、青はロードカナロア。

1年間で大きく変化してる。
昨年は藤沢厩舎の名前なんて1度も出て来なかったのに、一気に増えました。
特に勝ち馬なんて、NF・社台、それ以外はロードカナロア。そしてゴドルフィンのみ。
登場人物が固定面子ですね。
現3歳のトライアル系では勝てていないNF+クラブ馬達も、この路線では好走しまくり。
その効果もあって、レース間隔を空けての「外厩」帰りでの好走も増えている。
今はこういう流れとなっております。

で、あるならば。
高松宮記念も同じ傾向のまま行くはず。という前提で考えてみましょう。

続きを読む

午前中は、何かイマイチやる気にならんと思ったら・・・未勝利に初出走が多すぎるせいですね。
今後はこれが普通になるので慣れていかないとダメなのですが、これだけいるなら新馬にまとめれば良いのに。
下の馬をガツガツ削っていくJRAの方針は分かるのだけれども、番組としては、というか馬券としては面白く無い感。
また、その仕組みになると、2歳のOP、1勝クラスの芝が頭数揃わなくてスカスカなのがね・・・。

中山11R 日経賞

日経賞 過去成績
過去の出走馬一覧
で過去5年を見ると。
t1
んー、馬自体はあまり見なくても良いレース。です。
何だそれ?とは思うかもですが、こんなです。

1番人気勝たずで、期待するのは中位人気辺りの馬。
「後差」(後3F地点で先頭との差)の列を見ると「黄色」以上が殆ど。
それより後方からだと、アドマイヤデウスとシャケトラが勝っているだけ。
アドマイヤデウスは休み明けの前走、日経新春杯を勝ってのココで、シャケトラは同レースで2着でした。
ここが年明け初戦のような寝ぼけた状態だと差せない。
どのみち・・・馬個体よりも、3番人気以降~中位人気でそこそこ印付いた馬から拾った方が簡単そう。
と、いう意味で、別に馬自体にそこまで注目しなくても良いかなって。
今後はHB印(ハイブリッド指数印)順に1~3着馬だけをフィルタリングして並び替えると。
t2
HB無印で圏内は3頭。
人気上位の先行馬だったガンコ、3勝クラスを勝って2戦目がJC・・・からの休み明けホッコーレーヴ、連勝中のチェスナットコート。
これも個別で考えるよりも、地味なタイプで意外と崩れて無くて、そこら辺の人気ゾーンの馬。
という括りで。

今年はこんな。
t3
地味な中位人気だと・・・11・サンアップルトン。
チェスナットコート的に。
6・ウインイクシードも手頃。
HB上位を上から見ていって消去法で、なんだかなー的なの削っていくと残りますよね。

予想というよりも、上記の2頭が来た時に当たる、という馬券を持っておくレースという考えで。

本日の中山の馬場は・・・。
t4
外枠に寄ってますね。
8枠は優秀で、7Rは16→11での決着。
t2
11・トロワマルスは先週やった血統評価で回収率に「A」が付いている馬でした。
ホントにこういう馬って、何故か人気薄でしか走らない。
だからこそ回収率は上がるのですけれども。
日経賞も似た決着になるかもですね。
t3

中山10R 伏竜S

この後のダート上位路線を占う、というか、もっとも重要なレース。
毎年、この後は「伏竜Sに出走していた」というだけで馬が買えるレベルです。
今の時期に中山1800mを濃いメンバーで走る事は、結構馬をブーストさせるようですね。
日経賞と同じく、まずはこれ。

続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

t1

続きを読む

阪神11R 毎日杯

あまり馬券的な面白味は無さそうなレース。
明日は日経賞とか伏竜Sとか、江田照男騎手の方が面白いでしょうね。
その記事まで辿り着ければ良いのだけれども。

毎日杯を見る前に、今年のこれまでの3歳重賞の結果を。
t1

全般的にどれもレベルは低い感。
特に、2歳時の東スポ杯・ホープフルS組は年明けの馬達にもう抜かされているかも。
コントレイルは確かに抜けてはいましたが、これだと・・・コントレイルも怪しい気がするなあ。

ノーザンF馬は上位には数は結構きているものの、クラブ馬で勝ったのはシンザン記念のサンクテュエールのみ。
また、路線変更をしているのか、間隔空けての初戦という馬が勝てておりませんね。
超有力馬は、本番直行が王道になりつつで、その下の馬達は疲労が残らない程度に叩いて・・・くらいの使い方。
もう1パターンの路線開拓としては、秋以降の新馬→年明け重賞→本番の路線。
捨てレースを走らせなくて良いのはメリット。
ここは来年~再来年の2年位内に結果が出そう。
新馬の制度が変わるようなら、2歳時に1勝を挙げておくメリットは今以上に高くなりますしね。

桜花賞回りの牝馬路線以外は、わりと混沌。

何処でも言われているように、キズナは目立ちます。
新馬→重賞勝ちは京成杯とフラワーカップで、このパターンでは2頭しか勝っていない中でどちらもキズナ産駒。

今年はまだ1番人気が勝っておらず、中位人気以降の馬の勝利が目立ちます。
NF陣営のクラブ馬が勝たない方針なのであれば、この後のトライアル重賞でも、間隔詰まって前走で適当に負けて居る馬か、キャリア浅めの馬なんかを頭で考えても良さそうです。

だけれども毎日杯・・・。
こんなんですわ。

t2
いやあ、普通に人気馬強すぎ。
1・2番人気で馬券圏内を外したのは外枠に入ったアッシュゴールドぐらいです。
週中にもTwitterではアップしましたが、外枠アカンレース。
次順で追い込み馬の届かずのレース。
人気馬でガチでダメだったのって、A・シュタルケ騎手のロワアブソリューぐらいです。
人気になったディープインパクトなんて全部来てるし、なかなか隙がない。
明日、唯一この傾向が崩れるのであれば馬場。
過去5年は全て良馬場でのもの。
今日はずっとシトシトと雨が降り続けているし、重ぐらいでしょうか。
それと。
上記にもあったように、今年の傾向なら人気無くても頭が狙えるパターンもある。

一応着順での並び替えもみておくと。
t4
3番人気以降で圏内に来た馬達は全てハイブリッド指数では▲以上でした。
今年は・・・。
t5
HB印▲までが1~3番人気で埋まっております。
これは・・・ダメかもしれん。

続きを読む

↑このページのトップヘ