HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
馬番を選択で、ハイブリッド競馬新聞会員の方であれ成績画面が表示されます。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

t1

ハイブリッド競馬新聞の会員様であれば、馬番を選択で各馬の成績画面を開きます。

続きを読む

ダービー

は、明日の記事で。
Twitterではボチボチやっております。



予想自体はほぼ決まって、あとは印の順番をどうしようかな…という状況。
オッズも見たいですしね。
後は、8枠をどうしようかな?と。

t5
枠として良くは無いです。
無いですけれども、ここ2週のG1では圏内に来ているし、オークスを見る限り馬場傾向もそうですが無観客競馬の効果も結構大きそう。
スタンド前発走で観客がいないのは、馬にとっては、特に外枠の馬には大きなプラスなんじゃないかなと。

この枠なら皐月賞みたいな事は出来ないだろうと嫌われている18・ウインカーネリアン。
また、8枠のウインかよ!って結果もありそうです。
諸々恵まれたとは言え、自分の競馬をしての4着でした。
今回は「推定3ハロン」では「前半」1位。
田辺裕信騎手が横山典弘騎手と同じような事が出来るとは思わないけれども…なーーーんにも考えない分逆に良い結果引けたりして。

17・ヴァルコスは指数は足りております。
寧ろ、穴人気しそうな馬の方が指数的に厳しい。
今年は上位2頭が抜けている分、3番手の馬達が混戦模様。
中3週で再び輸送は確かにキツイのだけれども、何かしら1つアピールポイントがあれば3着以内は確保出来るメンバーです。
同馬で言えば2400mを2回使っており、どれくらいの脚が使えるか?は分かっているは有利な点。

16・マンオブスピリットは、レベル低そう…というか実際に弱メンバーの京都新聞杯2着。
皐月賞ボコ負けの勝ち馬のディープボンドと違って、連勝からの初重賞でのもの。
北村友一騎手が連続騎乗も騎手・厩舎の相性では結構な好相性。

そして、上記の3頭に共通するのは…途中でB級外国人騎手が乗っている事。
A・シュタルケ、F・ミナリク騎手ですね。
春のクラシックで、そういう馬達は本番で割と走ります。
どうせなら、その騎手で下手乗りしてくれてたらもっと良いのだけれども。

枠連くらいは押さえておく予定。

京都11R 葵S

葵ステークス 過去成績

勝ってに荒れてくれるレースですが、先に過去成績を見ておきます。
過去の出走馬一覧

1~3着馬を枠番で並び替えると
t3
圧倒的に内枠。
白・黒・赤の帽子ばかりで…目出度いのか不幸があったのか、どっちつかず。
「この度は喜ばしいご愁傷様です。」
そんな機械翻訳的なセリフが出ちゃうレベル。

外目の枠からだと、HB印で▲以上と指数の説得力がある馬を。
もうちょい詳しくみるならば、OP以上での勝ちがありつつも、最近崩れて人気を落としているタイプもアリ。

3枠位内に絞ってもう少し見てみます。

続きを読む

ダービーに関してはTwitterの方でぼちぼち。



きっと明日以降はずっとダービーの事を考えるのでしょう。
なので、今の内に敢えて他のレースを。

目黒記念

ダービー終わって、外れていたら頭のネジがぶっ飛んでて…ちゃんと考えている時間も無いはず。
と言う事は寧ろ、ある意味、ダービーよりも重要なのはコッチなのかも。
・・・って思うかもですが残念。半分正解、半分外れ。
本当の本当に大事なのは…もちろん、JRAが終わった後の高知です。
→ あたまファンタジック
なのでダービー外れても熱くならないで下さいね。
その日は高知12Rのポロンチャン+赤岡修次騎手まで、まだまだ時間はタップリある。

目黒記念 過去成績

↑の「過去の出走馬一覧」でビューワを開いて、人気順に並び替えるとこんな。
t1
荒れるレースではありますが、人気馬はそれなり。
1番人気なら勝て無いまでも2~3着は大丈夫。
ただし、関東馬はダメですね。
そこは嫌った方が良さそう。
HB・後半印で▲以上持ち、そして素直に人気馬から探すところから始めて下さいな。

次に3着以内馬を見てみましょ。
ちょっとビューワの操作が必要なので、その手順を。

続きを読む

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

推定3ハロン

t6

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

t2

簡易版HBリスト

続きを読む

京都 芝1200m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧
t9

推定3ハロン

t10

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t5

簡易版HBリスト

京都 芝1200m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧
t7

推定3ハロン

t8

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t4

簡易版HBリスト

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

t1

馬番を選択で、各馬の成績詳細画面を開きます。(ハイブリッド競馬新聞会員様専用)

続きを読む

優駿牝馬(オークス)

優駿牝馬(オークス) 過去成績
想定版を見ると

↑で見たように、このレースは。

・「推定」後半印付き
・ノーザンF生産馬

この2つの要素が本当に大きいレース。
これだけで過去数年は全部OKでした。
でも、今年の3歳路線はちょっと違いますよね。
前哨戦時点からずっと、2~3着には来るけれども勝て無い。
皐月賞もNHKマイルCも、本番G1で勝てず・・・。
その替わり、2着は外しませんけれども。
これが今年の1番大きな文脈なのかも知れませんね。

まずは後半印◎
過去の◎の馬達の成績は
t1
人気になるし、実際に結果も出している。
今年の後半印付きはこんな。
t2
4・デアリングタクトはHB印◎で後半印も◎の1倍台のオッズ。
ほぼ、アーモンドアイと一緒ですね。
ただし、この印で勝ったのもアーモンドアイのみ。
ノーザンF馬か非ノーザンF馬か、その差が着順に響いてくる可能性もアリです。
人気馬に逆らうようなレースでも無ので無理に嫌わなくても・・・ではありますが。
だって1番人気ってほぼ勝つんですもの。

相手も基本は後半印付きの馬からの選択。
例外としては前哨戦の勝ち馬。

・「推定」後半印順
t2
この5年で後半無印で来たのはカレンブーケドールのみ。
同馬は、それまでさっぱりだったスイトピーSの勝ち馬でした。
今年はデゼルがそれ。
印も揃っての2番人気ですね。
関西馬だと輸送2回になるので、そこは心配な点。

続きを読む

↑このページのトップヘ