登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

簡易版HBリスト

2019
3
横山典弘
14
武豊
1
岩田康誠
16
福永祐一
17
藤岡佑介
4
浜中俊
3.7
11
川田将雅
9
和田竜二
6
杉原誠人
7
松山弘平
2018
6
川田将雅
12
岩田康誠
15
池添謙一
17
ルメール
4
松田大作
7
荻野極
4.3
14
浜中俊
8
四位洋文
2
福永祐一
1
幸英明
2017
7
川田将雅
5
四位洋文
6
藤岡佑介
4
古川吉洋
2
幸英明
11
浜中俊
9.0
8
松若風馬
3
武豊
9
フォーリ
10
池添謙一
2016
13
松山弘平
9
岩田康誠
11
武豊
5
小牧太
8
丸山元気
10
ヴェロン
5.9
18
和田竜二
4
四位洋文
16
フォーリ
15
藤岡康太
2015
13
M.デム
3
福永祐一
15
戸崎圭太
9
武豊
7
太宰啓介
2
国分優作
6.3
5
浜中俊
6
池添謙一
4
秋山真一
1
四位洋文
2014
13
小牧太
10
石橋脩
14
秋山真一
11
松山弘平
6
吉田豊
1
浜中俊
5.3
7
川田将雅
9
バルジュ
12
和田竜二
5
丸田恭介


続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

続きを読む

フェブラリーS

フェブラリーステークス 過去成績
フェブラリーS 想定版をみると

クリソベリル、ゴールドドリームはサウジCへ。
今後も同レースが行われるようであれば、日本のトップ馬達はそちらへ向かう事になりそう。
と言う事で、チャンピオンズCの1・2着馬はおらず。
東京大賞典・帝王賞の勝ち馬、オメガパフュームもおらず。
ついでにチュウワウィザードもおらず。

です。
ので、単純にまともなG1で上位に来た馬を選ぶだけ・・・で済むような気もしますね。
いわゆる「格」というやつです。

その上で、それでも勝ちに行かなければいけない中途半端な人気上位の馬が返り討ちにあって、その隙を突けるような馬の2~3着期待なのかなと。

5・インティ

t1
昨年のフェブラリーS以降、勝ちに行って負けたのはチャンピオンズCのみ。
ガンガン勢いに乗っての締めとしてのフェブラリーSでした。
どんなレースでも出走馬すれば勝てる・・・というレベルの馬でもありません。
今それが出来るのはクリソベリルでしょうかね。
なので、勝つべき時にはしっかり勝つ。それでも力負けしたのがチャンピオンズC。
外枠引いたり距離が違う時点で、もう勝つ競馬をしていなかったのが近走のそれ以外。
今回は?
内枠引いて、HB印◎となるメンバーで、勝ちに行かない訳が無い。
状況は全部揃って、そんな時の武豊騎手です。
前走でもキレイに負けて、「詰脚」は「黄色・緑」にまとめてあります。
このレース、「黄色・緑」or「青・赤」が前走で好ましいパターン。
同馬以外に合っているパターンでフェブラリーSを迎えるのは、他に「青・赤」のモズアスコットぐらいしかおりません。

インティ以上に格上の馬もいないし、しっかりハナ切って普通に勝つでしょうね。

12・モズアスコット

続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

続きを読む

ぽつぽつと土曜日にも重賞が行われるようになりましたね。
明日も東西で2つあります。

HBリストは別の記事で上げてあります。
なので、せっかくなので
開催ビューワの明日分データ付きをどうぞ。

京都牝馬S

京都牝馬ステークス 過去成績

このレースのポイントとしては・・・。



既に日曜日の夜にアップ済み。

・外枠有利
・「詰脚」では「青・赤」パターンでとりあず「赤」偉い。
他だと。

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1
・生産者名
ノーザンF馬は普通に上位ではありますが、この距離ならば社台馬も結構頑張る。
ゴドルフィンにも向く距離。

上記の3点を頭に入れて考えていきましょ。


開催ビューワで今年の1・2回京都芝外1400mを見ると。
t1
これまでの所は、勝ち馬はで内枠の馬が目立ちますね。
2・3枠で白い帽子の1枠はおらず、ついでに4枠もおらず。
印では「HB+後半」この上位での組み合わせ。
コース自体「後半」系で、過去の同レースも「後半」。
「前半」系だと2~3着の人気薄で、印だけで見て拾っておこっかな・・・で丁度良い感じ。

例年の傾向を見たし、コースも軽く眺めた。準備としてはOKでしょう。
「今まで起きた事」に拘り過ぎず、でも、しっかり頭に残しつつ、各馬を見ていく。

とは言え、もう3頭については触れてたりしますけれども。



続きを読む

フェブラリーステークス 過去成績

フェブラリーSは・・・かなりパターン通りのレースです。
馬自体に注目し過ぎなければ、難しいレースでは無いかなと。
馬番確定と同時に、ほぼ予想も終わると思う。

レースのポイントは数点。

HB◎は崩れ無い

過去のHBリスト
t1
1番手、最も左の列に入ればまず大丈夫。
今年は・・・。
インティですか。
t3

近走を見ると確かに不安になる。
昨年は
t5
連勝でフェブラリーSと1年前とはカナリ勢いが違います。
3勝クラス→OP、しかも重賞を1発クリアは年に数頭しか出来ない芸当。
それを逃げての上がり2位で成し遂げたのですからね。
比較して近走は、まず上がり上位も出せず、逃げたのも内枠引いて本気で勝ちに行ったチャンピオンSのみ。
毎回強気に行って勝つレベルの馬では無くなった、と鞍上も感じているのかも。
今回外枠引くようだと、相当怪しい感。

前で競馬しそうな馬達はこんな。
t4
一応逃げるのは長岡騎手のケイティブレイブ。
G1で逃げて・・・滅茶苦茶な事になるか、日和って武豊騎手の後ろに付けるようだと、俄然インティには大有利。
行くだけ行ってバッタリ止まって、良い経験出来ましたーってオチが最もありそう。

こんな時に逃げる武豊騎手に絡むなんて、幸英明騎手ぐらいでしょうが、流石にヴェンジェンスでそんな事はしないですよね。

今回開催の武豊騎手のダートの成績は。
t6
勝つか人気だろうが何処にもおらずか。
なかなか極端な結果。

HB印◎以外は・・・。

結局はHB印入りだったり


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞にもビューワにも載っている「後3F差」。
これは、ゴール手前の残り3F地点(600m)での先頭との差。
先頭の馬に関しては2番手との差。

現状は馬柱に乗っているのみですが・・・これをレース成績で見ると。
t1
4角通過順とニアリーイコールではある。
似たような配置になるので、上記のパターンですと先頭の「13」が1頭抜けており通過順表でも2番手には「=」の記号(大きく離れて)が入っていますね。
その通過順表をもっと集約したのが、後3F差の色分けでの集計。

橙: 後3F地点で1番手の馬(複数の場合アリ)
黄: トップから、0.1~0.5秒差
青: トップから、0.6~0.9秒差
白: トップから1秒以上

このレースだと、オレンジに1頭、黄色・青は0頭なので1頭だけ後続を離しているが分かりますね。
通過順表、或いは後3F差の集計が無い状態で・・・。
t2
通常の結果表を見ても、13が後ろに結構な差を着けて直線向いたといのは分からないと思う。
ハイブリッド競馬新聞には、後3F差も「詰脚」もあるので、まだギリ分かる。
レースの結果一覧でこれですから、この後各馬がバラバラに他のレースに出走した時には、更に分断されてしまいます。
この中の1頭だけの馬柱の表示になってしまえば、もっとレースの情報減るのでますます分からないでしょうね。

ちなみに、実際の映像だとこんなでした。
t3
通常の馬柱にある通過順等だけでは、これはイメージ出来ないよなあ。
と言う事で、新聞にはいつかこの「後3F差集計」が入るかもです。
数年単位で小さくリニューアルしていくので、どこかしらの機会に・・・。

ビューワの過去馬柱の方には、割と早めに入る予定。

別のレースだと。
続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t8

簡易版HBリスト

2019
6
武豊
14
M.デム
11
藤田菜七
3
ルメール
5
松山弘平
2
福永祐一
5.6
7
戸崎圭太
10
田辺裕信
13
内田博幸
8
和田竜二
2018
14
ムーア
10
古川吉洋
12
内田博幸
16
戸崎圭太
2
福永祐一
9
藤岡佑介
4.9
5
ミナリク
6
三浦皇成
4
武豊
1
横山典弘
2017
10
津村明秀
5
和田竜二
1
柴田善臣
9
戸崎圭太
3
M.デム
6
ムーア
5.4
15
幸英明
11
ルメール
13
岩田康誠
12
横山典弘
2016
7
ルメール
5
戸崎圭太
14
M.デム
6
横山典弘
3
武豊
10
ヴェロン
4.2
11
和田竜二
4
太宰啓介
2
大野拓弥
16
内田博幸
2015
4
武豊
1
岩田康誠
10
戸崎圭太
9
C.デム
14
内田博幸
5
浜中俊
4.4
11
蛯名正義
13
ベリー
7
北村宏司
16
横山典弘
2014
11
C.デム
15
幸英明
4
武豊
7
酒井学
1
ベリー
8
リスポリ
6.5
2
浜中俊
6
戸崎圭太
9
四位洋文
12
福永祐一


続きを読む

↑このページのトップヘ