データと使い方は、以前の「騎手・厩舎ビューワ」と同じです。
騎手・厩舎ビューワ

概要と目的を先に示した方が、これは分かり良いですね。

手間を掛けずに、大体分かれば良い
これが最優先。
詳しい分析や細かい部分は完全に省略してあります。
扱える内容は、物足りないかも知れません。
もっと厳密に知りたい!そんな方は・・・ハイブリッド競馬新聞のデータパックを取り込んだ上でTargetを使った方が良いです。
データの管理も無し、ブラウザさえあればOK。PCだって無くてもイケる。
その替わりに「ざっくり」した項目しかありません。
そういうツール。
これだけでも、週末に競馬新聞等でしか競馬に触れない方には、僕は充分だと思ってます。
そこそこ有意な数のデータ知れるのと知れないのでは、やはりその差は大きい。

データ単位は「1競馬場1開催分」で分けられております。
1開催で約1,500件ほど。
1つの競馬場で中央開催だと4~5回あるので、1年で8,000件ぐらいでしょうか。
ここまでの量を取り込むと、古いPCや8G程度のメモリだとGoogleのChromeだとキツくなります。
最近のiPadやiPhoneであれば、ブラウザ性能は特化されているので、そちらの方が優秀なくらい。
その量を見るのであれば、1場1年分よりも、1場の同じ開催を数年分取り込んで使う、ってなるかなと。

何より手軽さを求めて作ったので・・・

電車やゴロゴロしている時にでも使ってみて下さいな。
ハイブリッド競馬新聞を上手く使う、という目的も同時に達せられるはず。
どの競馬場の、どのコースで「前半」有利か?みたいのも、分かるので。


と言う事を踏まえて、もう1つ。
過去のデータと当時分を組み合わせて見ると、もっと便利。というか・・・楽。
なので「当日データと同時に扱う」という機能も入れておきました。
過去分を集めて、並び替えたりフィルタリングしたりするだけでも楽しめる方は結構いるはず。
ですが、もっと目の前のレースで使える感、これも欲しい。
誰かに語るために競馬をする訳じゃ無いですものね。
自信を持って馬券を買いたいんや!の方が重要。
その自信を構築するための手間は・・・可能な限り省いてしまいましょ。


ここまで理解して頂ければ幸いです。
では、使い方を。

続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t7

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t3

簡易版HBリスト

2019
7
戸崎圭太
3
M.デム
6
松山弘平
4
川田将雅
2
藤岡佑介
1
岩田康誠
9.9
8
池添謙一
5
和田竜二
2018
10
松山弘平
9
松若風馬
4
藤岡佑介
8
M.デム
3
古川吉洋
5
岩田康誠
5.2
6
幸英明
1
中谷雄太
7
北村友一
2
川島信二
2017
1
川田将雅
7
松若風馬
3
岩田康誠
5
和田竜二
4
ルメール
6
四位洋文
14.2
8
福永祐一
2
フォーリ
2016
9
ルメール
3
武豊
4
M.デム
8
松若風馬
2
内田博幸
5
小崎綾也
16.5
6
ヴェロン
7
バルジュ
1
国分恭介
2015
5
武豊
4
池添謙一
3
戸崎圭太
8
シュタル
1
太宰啓介
6
四位洋文
13.2
2
浜中俊
7
幸英明
2014
5
和田竜二
1
武豊
7
岩田康誠
4
小牧太
2
岡部誠
8
国分恭介
14.0
3
秋山真一
9
池添謙一
6
藤田伸二


続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

簡易版HBリスト

2019
10
横山典弘
1
柴山雄一
5
ルメール
2
福永祐一
6
北村友一
7
大野拓弥
5.9
13
坂井瑠星
8
三浦皇成
4
杉原誠人
15
北村宏司
2018
1
藤岡康太
16
川田将雅
7
浜中俊
8
武豊
15
横山典弘
3
柴山雄一
4.8
10
田辺裕信
13
福永祐一
2
蛯名正義
4
北村宏司
2017
10
戸崎圭太
7
武豊
2
M.デム
6
内田博幸
3
柴田大知
5
田辺裕信
6.1
8
吉田隼人
9
横山典弘
1
北村宏司
4
江田照男
2016
6
吉田隼人
2
蛯名正義
12
ベリー
11
浜中俊
14
戸崎圭太
9
勝浦正樹
3.1
1
池添謙一
10
柴田大知
3
岩田康誠
13
柴山雄一
2015
12
C.デム
16
菱田裕二
10
岩田康誠
4
後藤浩輝
3
ベリー
5
柴田大知
4.1
6
福永祐一
14
北村宏司
13
柴山雄一
8
大野拓弥
2014
10
浜中俊
2
北村宏司
11
C.デム
13
リスポリ
12
川田将雅
15
内田博幸
7.9
8
ブノワ
16
三浦皇成
7
蛯名正義
14
戸崎圭太


続きを読む

結果を入れて更新しております。
HBリスト 2/2

忘れてたので・・・先にこれを。

東京11R 根岸S

このレースは、毎年同じです。

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1
「推定」3ハロンの後半印付きだけ買っていればOK。
更に、HB印上位なら文句無し。
HB無印であれば、高齢馬で近走ダラダラとG1を走っていたような馬がたまに。
内目の枠の変な馬は拾っておいても良いかも。

過去のHBリストをみても
t8

1ブロック目での決着が殆どで、勝ち馬は2列目以内から。
今年は
t9
HB指数上位馬は「後半」入りですね。
馬だけ見れば・・・全然問題無し。
ですが、そこに騎手を入れて考えると、一気に難しくなります。

O・マーフィー騎手の5・コパノキッキングは早めに抜け出しての勝利。
インタビューで「1600mフェブラリーSでも楽しみですね」って聞かれて「NONO・・・ナガイ」までがテンプレ。
問題は・・・M・デムーロ騎手のミッキーワイルドですよ。
現在、鞍上は終わっている。
M・デムーロ騎手自体、東京のダートでの好走は先行馬でのもの。
差しに回るとイマイチだし、根岸Sは黙って外に出せば良いだけ、なのに内に突っ込む予感。

4・ワーンダーリーデルは、今の馬場だと後ろ過ぎて届かない可能性。
ただでさえ1400mだと短い馬ですし。

15・ダノンフェイスも鞍上の田辺裕信騎手、東京ダートだと下級条件専用騎手なんですよね。

11・モズアスコットは初ダートで3番人気と割りに合わないオッズ。
6・ワイドファラオはHB・後半無印で「前半」▲と印が足りず、今の鞍上も足りず。

ので、消去法で7・スマートアヴァロンになりますね。
梅田厩舎の2頭出し、1・テーオージーニアスもHB印はギリ入っております。

◎5・コパノキッキング
〇7・スマートアヴァロン
注4・ワンダーリーデル
△1・テーオージーニアス
△10・ノボバカラ

他の「後半」印付きは3列目にズラッと並べておけば良いかな。



HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくべき。
続きを読む

平場は・・・殆ど土曜日と同じやり方で良いです。
でも、せっかくなので覚えていた方が良いポイントいくつか。

HBリスト 2/2

東京 石橋脩騎手

石橋脩騎手、ハイブリッドデータで言えば「後半」系の騎手。
そして芝方面。
ダートでも下級条件なら、芝と同じように拾えます。
明日は・・・。
HBリスト
t1
1Rと9Rが対象。
HB印と「後半」印が揃えばOKです。
HBリストだと1ブロック位内で、「後半」順位入りですね。
どちらのレースも1ブロック目で決まりそう。
特に9RはHB指数上位3頭の騎手も大丈夫な方々です。

石橋脩騎手の芝は更に発動条件が決められてまして・・・。
t2
東京の芝だと1~3勝クラスの特別レース。
というやつです。9Rのセントポーリア賞はピッタリですね。
堀厩舎の馬だし、これが本当に走るようだと乗り替わりコースなのが・・・。
でもO・マーフィー騎手は来週以降いません、外国人騎手も当分来ません。
その間に結果を積み重ねて欲しいところです。
ちょっと前は良い馬結構回ってきたのに、現在はそれも分散してしまい、勢いは下がり気味。
これで戸崎圭太騎手が戻って来たら益々厳しいなあ。
順調であれば北村友一騎手レベルになれた可能性もあったのに。


京都 S・フォーリー騎手

HBリスト
t3
対象レースはダートの2・8Rと、新馬戦の6R。
外国人騎手ですが・・・芝ダメ絶対、ただし新馬戦は除く。
とだけ覚えておけば大丈夫。
特にダートの先行馬はカナリの安定感です。

おまけで大野拓弥騎手も。

t4
HB・前半・後半、3つ印が揃っていればそこそこ。
ダートで「前半」系の騎手ですが、今の騎乗を見て居ると、そして今後O・マーフィー騎手がいなくなる事を考えると・・・使い勝手の良い騎手でいて欲しいです。
明日は10・11Rですね。
t5
1・2ブロック目の指数差がほぼ無いので、混戦ではあります。
10Rは頭数も少ないので「後半」入りくらいを2ブロック目からは拾っておくだけで間に合いそう。
13の岩田康誠、6の幸英明騎手の後半上位が相手本線で。

小倉 いつもの3人

これはずっと一緒。
西村淳也、横山武史騎手と、芝での丹内祐次騎手。
土曜の4Rではこの2人でのワンツー決着で35倍。
人気でも、人気薄でも、とにかく便利な騎手。
印的には、人気薄の「推定3ハロン」で前後半▲以上は押さえて下さい。
枠的に、芝は両端はイマイチで、真ん中目。
ダートは逆に内・外の端の方を。

HBリストは、ハイブリッド指数順に並んでいるし、推定3ハロンの前後半印、騎手名があるので、正直それだけで馬券が買えてしまうです。

京都11R シルクロードステークス

シルクロードステークス 過去成績

荒れる印象があるレースで、実際に荒れてはいるものの変な馬が来るパターンは決まっているし、勝ち馬も選びやすいです。

過去の1~3着馬を着順と印で見ると。
t1

続きを読む

随時、結果を入れて更新中
HBリスト 2/1
明日の競馬 2/1

これからは特別レースタイム。

京都9R

昨年の2回京都の芝外2400mが
t1
2レースあってディープインパクト産駒は全部来た。
これ1回京都の睦月賞の勝ち馬ヴィッセンも一緒です。
日経新春杯の勝ち馬モズベッロは、惜しい、ディープブリランテ。
2着のレッドレオンがディープインパクトではありました。

そこまで血統には拘らないものの、このコースはカナリ相性が良いですね。
1回京都は推定3ハロンでは「前半」上位の人気薄も来たけれども、2回になると断然「後半」系。
HBリストでみると
t2
赤枠がディープインパクト産駒。
「後半」上位には順位の下に下線を引いておきました。

今日は上位には来るものの勝ち切れていない川田将雅騎手。
単勝オッズは1倍台。
京都の芝で1倍台なら勝率は50%チョイで、連対率は80%超え。落ちても2着まで。
3着が無いので、ダメならぶっ飛びです。

t3
あっさり川田将雅騎手が勝ってもおかしくは無いのだけれども、50%の確率で2着に落ちるなら、HBリストでも5番手と指数も低く過剰人気。
崩れて2着期待ですね。

小倉10R

HBリストでは基準越えが3頭。
中でも藤岡康太騎手、HB上位+中位人気がカナリ走ります。
4・ヒロイックテイルはピッタリですね。

t4
HBリスト上位へ。

t5


東京11R

昨年の1回東京の芝OP以上の1~3着馬。
t1
ノーザンF生産馬以外には非常に厳しい。
ダイヤモンドSのハンデ+特殊条件以外だと、指数上位でマトモな騎手が必要ですね。

現在2番人気にダイワギャグニー。
前有利な馬場で後ろは届かずと、脚質も指数も充分。
致命的にアウトなのが鞍上。内田博幸騎手は・・・人気でHB印上位なら確かに普通の結果は出してくれる。
それでも買えない、買いたくない鞍上ですね。
買うなら2~3着と意地でも勝たない系で。

t2
内田博幸騎手は来ても良いけど2着まで。
で、お願いいたします。
「前半」上位の〇▲2頭がウッカリ勝つところまで期待させて頂く。

東京12R

最終レースなので・・・O・マーフィー騎手を嫌います。
理由は全く分かりませんが、何故か最終レースはいつも凡走。
HBリストでみると、1ブロック目と2ブロック目の差が無い混戦模様。
t3
単純にO・マーフィー騎手から1つずらして、14・キタサンバルカン、7・ミトロジーからの選択で相手は広く。
t4

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくべき。
続きを読む

↑このページのトップヘ