新聞作成が早く終わりすぎて・・・昼以降は手持ち無沙汰。
ついつい船橋競馬場をやったりしてますが、今の内に明日の競馬を見ておきましょう。

明日のHBリストも更新してあります。
HBリスト



田辺裕信騎手

近年はこんなです。
t1

勝ち鞍は80台で安定。減らず増えず。
ノーザンF中心のJRAで外国人騎手がこれだけ来るようになって・・・しかも美浦所属。
であれば、今後も変わらなさそう。
O・マーフィー騎手がドバイ行くのを遅らせて日本に長く留まるのが恒例化すれば、勝ち鞍はもっと減るでしょうね。
成績はこの時点で、ほぼカンスト状態。
数字的には、関西なら最近の松山弘平騎手と同じようなものです。
松山弘平騎手はまだ上が望めるので、今年は100勝達成して欲しいなと。

今年の成績は
t2

人気の先行は全滅状態。
中位人気の差し馬がピッタリな傾向。
O・マーフィー騎手が人気で、そんな田辺裕信騎手いれば、この2人からの馬券という感。
もしO・マーフィー騎手がいないレースであれば、それはそれで、田辺裕信騎手単体にはプラスです。
どのみち、田辺裕信騎手はO・マーフィー騎手次第ではあるのですけれども・・・。

明日は


続きを読む

コチラにて想定版はアップ済みです。
現時点で結構データは埋まっているので、後は枠番くらい・・・ですかね。
確定版もお昼休みぐらいまでに出せるようにはなりそう。
更に、昼からは船橋競馬場も始まるし、競馬民忙しいな!
船橋競馬場 1/10

だからこそ。
逆に1日1レース、メインでもゆっくりと考えて後はのんびり過ごすというのもアリかも知れませんね。
重賞に関しては・・・

シンザン記念 過去成績
フェアリーステークス 過去成績

3日間開催の初日の土曜は重賞は無し。
京都の淀短距離Sがメインに組まれており、これは何だか当たりそう。
だって、過去成績がこんなです。

淀短距離ステークス

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
過去6年分の1~3着馬。

印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1
ハイブリッド指数、優秀!
M6列の赤文字がソレです。
HB指数上位2頭+何か、という組み合わせです。
2着は外さないので、2~3頭から1頭選んでの馬連は大丈夫。
3連系も推定前半・後半3ハロン印から内目の枠重視で拾って、後半系は間隔空けてきた馬辺りを。

想定版でのHB指数上位馬は

t2

全部追い込み馬ばかり。
横山典弘騎手、最近はちょくちょく関西に来ておりますが、何だろう・・・競馬というより別件でもあるのかな?
ちなみに、芝の短距離の成績は良くない騎手です。
それはイメージで分かるかと。

カラクレナイの大野拓弥騎手は変わらずですね。
松下厩舎、というよりも、この馬だけは同騎手が乗る方針のようです。
関東にいたらO・マーフィー騎手がいるので、まだ関西に来た方がマシかもですが。

アイラブテーラーは、もう岡田騎手には戻らない感。
人気・有力馬が後ろで固まっていても、アイラブテーラーはやはり上手く抜けて来そうだな。


そして、展開的に面白そうなのは「前半」系の馬達。
どれも人気は無いでしょうね。
武豊騎手、自分の馬だけ勝てれば他がどうなろうと知った事では無いので、最後にキッチリ交わすイメージだと・・・前は残れる可能性はアップです。
「推定」前半3ハロン上位は、このように(確定版では変更になるかも可能性があります)

t3
無難なところではボンセルヴィーソ、ニシノラッシュ。
でも、メイショウメイケイも良い枠引ければチャンスありそうなんですよね。
これは明日の朝までの楽しみにしておこう。

重賞2つは、もうほぼ決まってしまいました。
今から考える事もあまり無いなと。

新聞は今週分から。
HBビューワでは特別登録分には既に入っております。
データに関してはビューワの方で説明を。

t1
父名の前にアルファベットが2つあります。
それが今回の血統データの追加分。

簡単です。

・競馬場、芝ダ別、1600m以下・それより上の距離

この区分で分けてあります。
シンザン記念のケースだと、阪神、芝、短距離(1600m以下)、という集計で出されたもの。
コース別・・・のように細かくは集計しておりません。
血統は個体差に結構影響されるカテゴリーだと思います。
既にそのコースで実際に結果を出している馬であれば、ここでの評価が低かろうが関係無いですね。
初めて走るコースや芝・ダ変わり、あと1つプラスの評価があれば買い目に入れる・・・というような場面で使うもの。
そんな想定で作成しました。
血統的なものを深く語る為の物では全然ありません。大枠の数字だけでバッサリ系のデータです。


サンクテュエールの場合だと、父はディープインパクト。
「BB」というのがソレ。

1つ目は成績に関わるもの。
勝率・複勝率からの算出してあります。
2つ目は回収率データ。
単・複の回収率を基に作成。

評価は

A:非常によろしい
B:良いね
C:普通
D:アカン
-:データ不足

この順番。

阪神芝、1600m以下のディープインパクトは「BB」で、成績・回収率ともに「いいね」の評価。

ルーツドールのジャスタウェイは「DD」とどちらも「アカン」。
父だけで見ればダメです。
これも所詮は、過去の同父の仔が走らなかったという事しか示しておりません。
実際に調べて頂ければ分かると思いますが、この条件でのジャスタウェイは酷い数字です。
だけれども。
1番人気の時は優秀だし、結局は人気時にはそこそこ走ってたりします。

またビューワの方には今回より、「後3F差」と「詰脚」に応じて背景色が付きました。
前3Fタイムには「後差」、後3Fタイムには「詰脚」で色付けされてあります。


シンザン記念にはいなかったけれども、フェアリーS登録馬には「A」が入っているのもちらほら。
t2

とは言えですよ。
O・マーフィー騎手が乗って居る馬が正義!というオチなのかもですけれども。

↑このページのトップヘ