京都 芝1200m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧
t9

推定3ハロン

t10

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t5

簡易版HBリスト

京都 芝1200m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧
t7

推定3ハロン

t8

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t4

簡易版HBリスト

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

t1

馬番を選択で、各馬の成績詳細画面を開きます。(ハイブリッド競馬新聞会員様専用)

続きを読む

優駿牝馬(オークス)

優駿牝馬(オークス) 過去成績
想定版を見ると

↑で見たように、このレースは。

・「推定」後半印付き
・ノーザンF生産馬

この2つの要素が本当に大きいレース。
これだけで過去数年は全部OKでした。
でも、今年の3歳路線はちょっと違いますよね。
前哨戦時点からずっと、2~3着には来るけれども勝て無い。
皐月賞もNHKマイルCも、本番G1で勝てず・・・。
その替わり、2着は外しませんけれども。
これが今年の1番大きな文脈なのかも知れませんね。

まずは後半印◎
過去の◎の馬達の成績は
t1
人気になるし、実際に結果も出している。
今年の後半印付きはこんな。
t2
4・デアリングタクトはHB印◎で後半印も◎の1倍台のオッズ。
ほぼ、アーモンドアイと一緒ですね。
ただし、この印で勝ったのもアーモンドアイのみ。
ノーザンF馬か非ノーザンF馬か、その差が着順に響いてくる可能性もアリです。
人気馬に逆らうようなレースでも無ので無理に嫌わなくても・・・ではありますが。
だって1番人気ってほぼ勝つんですもの。

相手も基本は後半印付きの馬からの選択。
例外としては前哨戦の勝ち馬。

・「推定」後半印順
t2
この5年で後半無印で来たのはカレンブーケドールのみ。
同馬は、それまでさっぱりだったスイトピーSの勝ち馬でした。
今年はデゼルがそれ。
印も揃っての2番人気ですね。
関西馬だと輸送2回になるので、そこは心配な点。

続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
馬番を選択で、ハイブリッド競馬新聞会員の方であれ成績画面が表示されます。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

t1

ハイブリッド競馬新聞の会員様であれば、馬番を選択で各馬の成績画面を開きます。

続きを読む

これはこれでアリだな。
というコレがこれ。
スタッフ2人が遊んで…否、キッチリとこれはウチではお仕事ですね、馬券買ってました。




HBリスト使って、色々と試しているようです。
1つのレースをじっくりと予想するのも競馬の楽しみの1つではあります。
でも。
規則性を持ってパターンで選ぶのも面白いと思う。
僕も「これが競馬や!」なんて概念は一切無いです。
競馬は本当に間口が広いコンテンツ。
何をどう考えて、どう買おうが、どれも各々が正しいゲームです。
そんな裾野が広いものに対して、敢えて1つの要素に凝り固まる必要無いですものね。
データを提供させて頂いている側としては、もっと沢山の糸口を見つけていくべき。

よし、僕もやってみよ。


続きを読む

使ってみましょう。


明日分は
開催ビューワ 5/23

開催ビューワは元々は、過去の成績を見るためのもの。
インストール型のアプリ、例えばTargetのような深い分析は出来ないものの、ブラウザ上でお手軽に使えて、ちゃんとやれば結構イケルというツール。
そこに拡張機能として、今週分の「全出走馬」も同時に扱えるようにしました。

今週の出走馬から、何かしらの方針で気になる馬を選んだ時に、
過去では?これまでの今開催では?
をチェック出来ると言う物。
それは、馬だったり、騎手・厩舎、種牡馬や、枠番、各種印、馬主・生産者などをキーとして、過去を比較できます。

…というような説明だと、余計に分かりにくくなるかもですね。
実際に手順を追ってやるのが1番。

だけれども。
例えば世界史に授業を思い出して下さい。
4大文明からスタートして過去から未来へ授業を進めていったと思います。
それをたいした事前説明なしに進めて行ったのが僕らの学生時代。
今はどうか分かりませんが、現代の視点から振り返ってのサマリーくらい最初に提示してくれれば、もっと理解しやすかったはず。
何が人に集団を作らせて、何を争って戦って、そして延々と懲りることなく国が潰れて作られて…をずっと繰り返してきただけですからね。
中身は違えど大体は「よし殺そう」で1時代がターンエンド。
昔は生産するよりも奪った方がコストが掛からなかった分、しょっちゅう殺し合っておりました。
今は…人の命が高価になりすぎた。戦争が割りに合わない。
軍事費だってもっとバンバン上がれば良いです。ますます戦争できなるので。
それが平和というなら、平和な時代ですね。
…というところまでに、どうやって辿り着いたか?で道筋辿る方法。
そんな結果から逆算するのも1つの手です。

それが開催ビューワだと。
「吉田隼人騎手、新潟ダートで良いですよ」が、ゴール。
「何故ならこんなだから」が手順。

前置きが長くなり過ぎた…改めてこれを開いてみよう。
開催ビューワ 5/23

セル内の「吉田隼人」を選択して、明日の吉田隼人騎手の出走馬一覧にします。
次に、上部にある「開催追加」ボタンを選択。
t1


続きを読む

今週のG1はオークス。
優駿牝馬(オークス) 過去成績

あまり変な事が起きないレースで、皆納得…という結果に落ち着く事が多いです。
つまり。
殆ど書く事も無いんですよ。
ビューワで過去の同レースを確認しておくと。
過去の出走馬一覧

・人気順に並び変え
t5
普通にノーザンFばっかり。
2番人気以内で圏内を外したのはレッツゴードンキのみで、非ノーザンF馬。
ノーザンF&社台馬であれば人気しているだけで大丈夫というやつ。
もうそろそろ、これも崩れてきても良いかなとは思う。
3歳クラシック路線では実際に、前哨戦からずっとNF馬は勝てていませんしね。

それでも、1番人気は別格としても…その下辺りの人気馬であれば、やはりまだNFフィルタはありそうです。
また、「推定」後半印が無い馬もアウト。
D・レーン、C・ルメール騎手が乗ってもダメだったので、これは相当にキツイのでしょう。

なので、実質人気で馬券圏内を外したのはリスグラシューのみ。
出遅れて、直線も武豊騎手にしては珍しくドン詰まりでしたね。

・3着以内馬を枠番順に並び替え
t1
人気馬ならどこからでも。
次順の中位人気辺りで来るのは、内・外の端から。
頭数で見ても、1・7枠です。
先行馬なら明らかに内枠有利。

・「推定」後半印順
t2
3ハロンシートだと△、5番手までしか掲載されておりませぬ。
コンビニの3ハロンシートなら、印の欄があるので同じ▽まで載っています。
6番手の馬はデータシートや、ビューワで確認して下さい。

これ見れば断然ですね。
後半◎〇はどうしたって中心視。
勝ち馬が出るのもココです。
この5年で後半無印で来たのはカレンブーケドールのみ。
でもって、ノーザンF凄いな…。
他には社台Fが2頭。
それ以外だとモズカッチャンだけのたった1頭のみです。


続きを読む

↑このページのトップヘ