JRDV.sp

JRDBからJRDVがスピンオフして、しかもいいとこ取りのブログ。

「予想着順+ゴール前内外順」で明日のダート戦

週中に小倉のダートを復習しておきました。また、新潟のダートもずっとやっています。
それが活かせるかどうか?まぁ、明日のダート戦を見てみましょう。

コメントやメールで皆さんのやり方を読ませて頂きましたが、本当に良く研究されてますね。しっかり自分の方法を持っている方はやはり強いです。
もしその方法が間違っていれば修正すればいいだけですし、その過程で色々発見もあるかと思います。
データを作っている方からしたら、上手い事使って頂けるのが1番嬉しい事なんです。

小倉


小倉 8R ダート 1000m 3歳上500万下   8月6日
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズ馬番馬名(2番手)基人基オ
最内2マリヲ936.110ハッピースカッシュ1144.5
3ブルーデジャブ34.16イエスマイダーリン1043
9サマーソング12.94ミッドタウンレディ23
13キンショーオーロラ411


小倉 3R ダート 1700m 3歳未勝利      8月6日
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズ馬番馬名(2番手)基人基オ
最内1ラプリメーラ26.213ヴィデスープラ819.2
3エーシンイオマンテ11.99ウインマクレガー410.9
12クレバーステージ1039.24メイショウミルキー935.3
15タマモルーキー37.55ナリタハピネス16106.1
大外8シーズガレット715.6


小倉 10R ダート 1700m 指宿特別       8月6日
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズ馬番馬名(2番手)基人基オ
最内4ティアモブリーオ12.51ピノブラン1041.8
9エリモスフィーダ1255.62ライブリシーラ1573.8
5ウインベルカント59.13メイショウローツェ1679.3
13マカリオス23.27タガノイノセンス37.8
大外15アイノグロー940.614サンマルボス48.9

kokura10
「最内」ティアモブリーオvsピノブラン
ティアモブリーオ IDM注
ピノブラン 激走馬
人気ですが、ティアモブリーオ。

「内」エリモスフィーダvsライブリシーラ
どちらも印的には決めてはありません。
であれば、「位置取りトップ」のエリモスフィーダ。

「中」ウインベルカントvsメイショウローツェ
ウインベルカント IDM▲
ほぼ不戦勝でウインベルカント。

「外」マカリオスvsタガノイノセンス
マカリオス IDM◎
タガノイノセンス IDM○
これは同グループIDM◎○パターンで、どちらも降級馬。
どちらかを消せたらこのレースは買っても良さそうと思えるキモな部分です。いや、むしろ共倒れしてくれれば配当的にもありがたい。
でもこのような願望込みでの予想は、当日は兎も角、前日時点では控えるべきでしょう。
僕の答えとしては、マカリオス。
IDMが基準を上回る(JRDVで太字の表記)49で「位置取りトップ」。
タガノイノセンスはIDM○でも展開無印で、しかも同型馬の2番手というのが大きなマイナス材料。

「大外」アイノグローvsサンマルボス
IDM的には同程度で他の印も同じであれば、「位置取りトップ」の人気薄を選択するのがベターです。

各位置取り争いに勝ち残ってきた馬は
・ティアモブリーオ
・エリモスフィーダ
・ウインベルカント
・マカリオス
・アイノグロー
結局全て「位置取りトップ」の馬達なのですけれども・・・。
ティアモブリーオとマカリオス以外はあまり人気も無さそうですので、それらの馬を活かせる馬券を考えるべきレースです。
そして、タガノイノセンスとサンマルボスが来たらこの予想は負け。
漠然とで良いので、タガノイノセンスとサンマルボスが3着以内に来る率を考えてみて下さい。
3回に1回程度、大体30%ぐらいであれば、今回はこの2頭を外して買ってもいいでしょう。
それ以上と考えるのであれば、やめておいた方がよろしいかと。
この2頭を含めた買い目ですと、配当的に買う価値は無いと思います。

新潟

続きを読む

「予想着順+ゴール前内外順」の使い方

そもそも「予想着順+ゴール前内外順」は、最初は「トーナメント方式」という考えで使い始めたものです。
何のトーナメント?かと言いますと、
・各位置取り「最内」~「大外」のグループ内から1頭を選ぶ
・その選ばれた馬達だけを馬券の対象として、更に絞り込む。
それぞれの「位置取りグループ」には大体2~4頭ずつまとまっており、その中から1番可能性が高い馬を選んでいくのは、全馬を比較しながら選ぶよりも選びやすい。
これが出発点です。

そして、
「位置取りトップ」の馬が非常に有利で、結果も実際に2番手以降よりも成績が良い。
同じ位置取り同士での決着は少ない。(IDM◎○が同じ位置取り内だと、例外的に同じ位置取り同士で決まる事がある)
という発見がありました。

現在は、
・効率的に馬を選ぶ方法
誰がやっても同じ結果になる方法
これをテーマに進めている途中です。
 

普段僕がやっている方法は、「IDM」と「激走馬印」を使うやり方。
もしJRDBの「激走馬」好きの方であれば、効果的な激走馬の狙い方も身につきます。 
先週の小倉ダートを例に、いくつかやってみましょう。
 
続きを読む

WIN5買い目シート 8/7

win5title 今週分の「WIN5買い目記入シート」を作成しました。
ダウンロードは⇒コチラから。

過去の配当金のパターンからいくと、今週は荒れて高配当の番です。
JRAのWIN5過去の払い戻し一覧は⇒コチラ
1番人気が2レース出ても1千万円越えるので、2レース絞って残りは強引に人気薄を狙うのもいいかも知れませんね。

石橋守騎手さんはどうなんでしょ?

小倉記念の前日土曜日JRDB事務所内では、イタリアンレッド派、リクエストソング派、ヤマニンキングリー派、3つに意見が割れていました。
日曜日の朝、乗り替わりの発表を確認した瞬間、ヤマニンキングリー派はガックリ。他はガッツポーズ。
レースを見ていても昔は直線でバテていましたが、今では4角辺りでバテ気味のご様子。
馬券を持っている人も困ったかと思いますが、JRDBとしても指数を付ける時にちょっとやっかいな騎乗です。

昨年は4勝を挙げており今年はまだ1勝ですので、今後まだまだ勝つチャンスはあります。それが何処なのかを見つける材料として少し調べてみました。

前走が石橋守騎手で3着以内の時に、次走どうなるか?
比較は、今走も石橋守騎手、今走乗り替わりの2パターン。

今走も石橋守騎手の場合
前走着騎手名着順オッズ
3石橋守12.9
3石橋守21.8
2石橋守37
2石橋守38.4
1石橋守314.7
2石橋守412.2
2石橋守65
2石橋守65.3
1石橋守629.9
3石橋守633.9
3石橋守78.7
1石橋守7111.2
2石橋守94.9
1石橋守910.6
2石橋守1015
2石橋守1020.4
2石橋守1113.8
3石橋守125.1
3石橋守1453.9
3石橋守1460.1
乗り替わりの場合
前走着騎手名着順オッズ
3川須栄彦13.9
3藤田伸二26.6
2森一馬43.6
3太宰啓介812.7
3森一馬811.2
1高倉稜1038


まぁ、予想通りの結果かと。
3倍を切っていれば、連対は期待出来ます。
逆に2・3番人気のような微妙なオッズですと結果は厳しい。
次走で乗り替わって人気しているようなら普通に評価してOK。

でも、そもそも上位に来る事自体が少ないので、もっと別の方法が欲しいところです。
次に調べたので、前走の人気と乗り替わり時の人気。
前走石橋守騎手で1~5番人気
前走人気騎手名着順オッズ
2安藤勝己64.7
2森一馬67.8
2芹沢純一718.3
2小牧太106.3
3村田一誠751
3長谷川浩大1259.9
4高倉稜310.5
4中舘英二45.7
4森一馬811.2
4高倉稜1038
4藤岡佑介16104.9
5熊沢重文14
5宮崎北斗317.5
5秋山真一郎722.5
5鮫島良太910.1
5安藤光彰1225.1
前走石橋守騎手で6~8番人気
前走人気騎手名着順オッズ
6四位洋文12.9
6藤岡康太16.9
6芹沢純一25.7
6福永祐一332.1
6内田博幸47.3
6長谷川浩大528.6
6三浦皇成5101.1
6古川吉洋739.7
6太宰啓介812.7
6熊沢重文857.5
6長谷川浩大1057.3
6池添謙一1162.6
7藤田伸二26.6
7国分優作219.1
7山口勲343.6
7森一馬43.6
7安藤勝己44.1
7太宰啓介66.4
7北村友一730.7
7和田竜二1014.7
7渡辺薫彦10164.5
7国分恭介1233.5
7松山弘平1364.2
7吉田豊1519.7
8幸英明321.2
8森一馬319.6
8田中博康1012.4
8森一馬1084.3
8長谷川浩大1129.5
8柴田善臣1139.9
8安部幸夫1145.4
8幸英明1337.9


前走で鞍上込みで人気になり、次走乗り替わり今回こそイケルはず!的な馬は意外とダメですね。
それよりも、前走で不人気、次走乗り替わりで10倍を切るようなオッズになっていれば掲示板は外しません
次走以降で、乗り替わった時に該当しそうな馬は
ネバーミスザマーク
ジャマイカジョー
もし覚えていたら、そして乗り替わっていたら、気に掛けてあげて下さい。

小倉ダート 1000m・1700m

とりあえず、今日は先週の結果だけを。
関東圏の競馬と違って、ワンパターンで押すのは難しいですね。

本来の使い方で見直すと、まぁそこそこ形にはなると思います。その方法については、また次回よろしくお願いします。
それまで時間のある方は「この方法だったらイケルぜ」的な物を探しておいて頂けると幸いです。

各レース表の日付をクリックすると成績JRDVを開きます。

1000m

小倉 3R ダート 1000m 3歳未勝利     良 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内6フェアギャンブラー938.9138ホーマンベルウィン1060.35
11アスターポメリー513.1113アキノランラン11133.14
3アドマイヤクイーナ49.685ダノンスプリーム626.210
14タツフラッシュ23.9712リトルスターレット13318.614
大外1ジャベリン12.239アンティフォナ34.62


小倉 12R ダート 1000m 3歳上500万下  良 7月31日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内4テイエムアモーレ515.8119ケージーヨシツネ618.97
11タカノキング411.138パティオ13157.813
3ワンダービーナス12.3210ゴーオンホーマン1271.512
7タイセイマグナム823.1512エイシンマロニエ24.51
大外14グランスカイ354

1700m

続きを読む

「厩舎ランク」で重賞回顧 小倉記念・UHB杯

rankstitle JRDVにある「京介」タブ。
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。



小倉記念

続きを読む

JRAの事業報告書を読んでみる

title 月曜日は普段に比べてわりと好きに時間が使える日なんです。
データを調べたり1週分の予定を立てたりするのですが、たまには別の事でもやってみます。
と言う事で、馬券には全く関係の無い事ですが普段とは違う視点で見るJRAについて。

平成 22 事業年度の業務の実施状況を読んでみました。

発売金額: 2 兆 4,356 億 2,652 万 9,000 円
国庫納付金: 約2,447 億 5,000 万円
JRA売り上げ推移
売り上げの規模はピーク時の約半分。平成元年と同じくらいにまで下がってきています。

職員一人当りの効率: 売得金額/職員数 約13億円
非常に優良企業。
敢えてわざわざこんな項目を上に持ってきているので、相当アピールしたいポイントなのでしょう。

これより下の金額は分かり易いように、億単位以下は切り捨てています。



特別振興資金
その他競馬(馬術競技を含む。以下同じ。)の健全な発展を図るため必要な業務: 12億
平成19年は54億

畜産振興事業: 19億
平成19年は44億

払戻金への上乗せ : 43億

地方競馬全国協会が行う「競走馬生産振興業務」への交付金:
地方競馬全国協会が行う「認定競馬活性化計画補助業務」への交付金:
合計 15億
平成19年は23億、20年は20億、21年は31億
畜産振興事業よりも少ないですね。

そして注目すべきは、これらの助成金の減り具合。どれもガンガン減っています。

子会社
JRAシステムサービス㈱
一般的にはJRA-VANとして有名な所。
売り上げ: 28億
売上高中の競馬会との取引額: 23億
当然ですが、ほとんどがJRA絡み。
払戻金への上乗せの半額程度です。で思うのですが、JRA-VANの代金なんて無料で配布出来る規模なのでは?

ちなみに、グリーンチャンネルはどうかといいますと、事業内容のPDFを見てみます。
視聴料収入が約36億で諸々含めて37億の収入。でも支出が約34億。これってどうなの?という数字なっています。
有料視聴者数が28万人
この内ネット経由で見ている人がまだ1万5千人程度。残りが衛星放送とケーブルテレビ。
衛星放送が無くなれば、配信コストはかなり下がると思われます。ネットワークのトラフィック量が大幅に増えるとしても、それは基本的に一般企業が休みの土日限定。
また、グリーンチャンネルには競馬部門以外にも、加入者のほとんどの人が見ないであろう畜産系の番組も豊富です。これも別枠に移行すれば、制作費の削減になりますね。
加入促進広告の掲載として、
・JRA機関誌「優駿」年12回
・「AーPAT優駿」年24回
が報告されています。
詳細な広告費がありませんが、どこまで効果があるのかは微妙な気が・・・。大人の事情なんでしょうかね。
これだってちゃんと経営すれば充分コストを削減する事は可能なはずで、JRAが無料で配信できるレベルまで行けそうです。

とは言え、VANもグリーンチャンネルも、ユーザーのために無料になる事は無いでしょうけどね。


平成 22 年度の各種実績
さて、JRAの業務報告書にもどりますと、24Pからが競馬ファンにとって参考になる部分。

開催場における自場分 1,094 億
〃 他場分 632 億
競馬場の合計が1700億円。

パークウインズ 1,842 億
場外発売所 7,393 億
場外の合計が9000億円。

電 話 投 票  1 兆 3,394 億

競馬場の売り上げ少な!
前年比をみると、競馬場とPATの差は益々広がっていく気配です。
これは「競馬場入場者数」が減り続けているのに比例しています。
例えば今流行のWIN5にしてもPATのみでの発売。これだけ分母に差があると当然だと思います。
設備投資をして売り上げの少ない競馬場に新システムを導入するより、WIN5買いたいなら「競馬場でPATで買ってね」というメッセージなのかも知れませんね。

・ 発売金に占める重賞競走の割合は 30.8%(前年実績 31.3%)、GⅠ競走の割合は 15.0%(前年実績 15.3%)。
・ GⅠ競走の発売金は対前年比 91.7%となり、前年実績を上回った競走は、全 22 競走中 1 競走
・ 現金投票における一人当たり購買額は 15,014 円(対前年比 97.2%)、電話投票における一人当たり購買額は 14,047 円(対前年比 96.5%)。
・ 電話投票会員数(平成 22 年度末)は、3,125,190 名(対前年比 100.2%)
PAT会員って300万人もいるんですね。思っていた以上に多い。


馬券別の売り上げシェア(22年度)
単勝: 4.2%
複勝: 6.4%
枠連: 3.8%
馬連: 15.1%
ワイド: 4.8%
馬単: 9.8%
3連複: 18.7%
3連単: 37.3%
意外と複勝が売れています。ずっとシェアの伸ばし続けているので、更にアップするかも知れません。
でもワイドは5%未満。これは、馬単・3連複が発売された以降にガクッと落ちたため。
3連単は点数が増える分、自動的にシェアは高くなってしまいますね。

単勝と馬単の比率がこれだけ違うのにも、個人的には興味がある所。
まず、馬単1着固定総流し=単勝1点というのが理論的な意味ですよね。
そこから、不要な2着馬を絞って行くと、ただ単勝を買うよりも回収率が上がっていきます。(その分、外れるリスクも上がります)
似たような感じで、ワイド総流し=複勝1点というのも同じ意味。
でも馬単・単勝とワイド・複勝のシェアを見ると、全く逆の傾向になっています。
ワイドが売れていないというよりも、複勝が売れているのでしょう。


調教助手・厩務員数の推移
厩務員の数はずっと減り続けており、逆に調教助手の数が増えてきています。あと数年以内に逆転しそうな勢い。

助成金交付事業
助成金交付事業もなかなか面白いです。

競馬博物館運営事業の運営費が2億円。

海外への日本競馬情報発信事業は8千万円。内容が、 「中央競馬のGⅠ競走の映像を海外に配信するとともに、Web上において日本の競馬に関する情報を発信する。」
これに8千万かけますか・・・。
発注先にボラれているか、子会社へのズブズブ料金ですかね。


生乳生産合理化事業・高能力乳用牛選抜システム開発事業:(社)家畜改良事業
内容は、
「乳用牛の能力向上による生乳生産コストの低減を図るため、ゲノム上の一塩基多型(SNP)解析技術を活用した優良な国産乳用種雄牛の選抜のための新たな遺伝的能力評価手法を確立し、選抜された国産乳用種雄牛の利用を拡大する」
こんな事までやっているんですね。
交付決定額は、なんと4億5千万円。
牛ゲノムよりも豚ゲノムの方が安いようで、豚さんは1億7千万円。
これらを含む、畜産事業は(財)全国競馬・畜産振興会を通じて実施されています。そこに流れている金額は約20億程度。

この報告書を読んでいると、金銭感覚がおかしくなってきます。数億程度なら、「まぁ安いか!」と思えてくる。
馬券本に飽きた方には、たまにはこういった物を読むのも良いかと。

WIN5買い目記入シート+α 7/31

win5title 本日も「WIN5買い目記入シート+α」を作成しました。
ダウンロードは⇒コチラから。

対象レースの「予想着順+ゴール前内外順」1番手の馬番が入っております。

ついでに、土曜日のレースから今回と同じコースで行われた「予想着順+ゴール前内外順」の検証も合わせて載せておきますね。
「土曜日に起こった事は日曜日にも起こる」です。これが「傾向」と言われる考え方。



小倉

芝の2000mとダートの1700m

小倉 10R ダート 1700m 豊前特別      良 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内8モエレジュンキン24.229シゲルタダカツ1249.110
16アキノモーグル36.41513トーアシシイ720.911
11ペガサスフラッシュ612.7132ビットプレスト16250.98
6ボストンリョウマ48.9515ファイアアロー9326
大外3コウユーヒーロー12.9114ヤマニンフリスキー1145.54


小倉 12R ダート 1700m 3歳上500万下  良 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内7ナリタシルエット25.134プルプル11111.513
5パミーナ616.762メイショウボヌス415.75
15ビップピュアレディ829.298ティボリペガサス10101.77
16ダノンプリマドンナ11.826ペパーミントラヴ36.910
大外11サックアクロア15245.11510ピシーズクイーン9301


小倉 11R 芝 2000m 西部スポニチ賞   良 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内7ジャングルストーン410.298ウィッシングデュー512.34
2ハギノアスラン825.8810センノカゼ718.910
9ラッキーポケット12.55
6ハードダダンダン3525ワールドブルー931.53
大外3キクカラヴリイ614.164ミキノバンジョー23.91


どちらも「外」「大外」と、外目の好走が目立ちます。
シートには、各位置取りトップの馬番が載っていますが、小倉に関しては「外」「大外」の1・2番手の4頭に絞る方が良いのかも。

新潟

芝1600mとダート1200m

新潟 8R ダート 1200m 3歳上500万下  重 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内13ハッピーカオル23.335サトノロック37.95
1フラワーロック945.3812ガクニホシ513.210
10アートオブプライド15445.4127バトルデーオ12105.815
9スティールパス12.214キクノフェーデ49.34
大外14アプローチミー7267


新潟 11R 芝外1600m 新潟日報賞     稍重 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内12ミッキーチアフル49.943アキノパンチ11300.511
11ロードアリエス633.558トーホウカイザー733.79
5ピースピース09トゥニーポート28.81
6ランリョウオー11.321ミクロコスモス39.23
大外10ピエナポパイ10143.810


ピースピースは出走取消でしたので、実質トゥニーポートが「中」1番手でした。
新潟は素直に「位置取りトップの馬」で良さそうです。

函館

芝1200m

函館 12R 芝 1200m 七重浜特別     良 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内1ミオリチャン34.612オレンジティアラ24.26
4メイショウバーモス922.21214ウッドシップ1023.713
11ティムガッド411.775フレイムヘイロー1125.514
7キョウエイアシュラ13.289シセイハヤテ512.43
大外13アイアンデューク720.2912ウインバンディエラ615.25


未勝利戦も合わせると土曜日は芝1200mは3レースありました。
内目の方が有利でしたので、「最内」「内」「中」の中から勝ち馬が出るかと思います。

新潟ダート+「予想着順+ゴール前内外順」

土曜日の新潟は時間の経過と共に馬場状態が変わり、いつものパターンが使えない状況でした。

新潟ダート1200m
新潟 3R ダート 1200m 3歳未勝利     不良 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内5ヒマラヤ35.8102プリンセスモトヒメ13158.714
1キングジャズ46.2811ブラックアース57.45
9セイカフォルテ13110オレンジシューズ12150.411
7ラブギムレー1044.874ブロンクステイル244
大外8リバルドホープ6142

ヒマヤラがゲートで軽く立ち上がった直後にスタートが切られ、軽い出遅れ。でも芝を走っている時点でレースを止めてしまったように見えました。
これが馬のせいなのか、それとも最近この鞍上に良く見られる現象なのかは不明です。

新潟 8R ダート 1200m 3歳上500万下  重 7月30日
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズ着順馬番馬名(2番手)人気オッズ着順
最内13ハッピーカオル23.335サトノロック37.95
1フラワーロック945.3812ガクニホシ513.210
10アートオブプライド15445.4127バトルデーオ12105.815
9スティールパス12.214キクノフェーデ49.34
大外14アプローチミー7267

馬場はグングン乾いて、発表は「重」。 1~5着までが出走していた5頭の降級馬で占めていたように、傾向的要素ではなく能力(IDM)上位での結果でした。
勝ったスティールパスは、あんな後方から外回して差しきってしまうのですから、強い以上に普段とはカナリ違う馬場の影響だったかと。
ダートの馬場もそうですが、意外と最初の芝の部分の馬場状態も影響が大きいと思います。
ですので、馬場が変化している時の1200mは難しいんですね・・・。

明日は3レース組まれています。
普段であれば「外」2番手は非常に有利な場所なのですが(詳しくはコチラ)、土曜日は2レースとも4着という結果でした。
この傾向が復活するかどうかは6Rでチェックしておく必要があります。

新潟 1R ダート 1200m 2歳未勝利      7月31日
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズ馬番馬名(2番手)基人気基オッズ
最内14トキノワイルド23.45ジアッロ12.3
2ソルナシエンテ412.810マイネベルヴィ513.2
1コスモスイング718.315エクセレントアイ1049.9
7キタルファ819.98セイウンノカナタ932.3


新潟 6R ダート 1200m 3歳未勝利      7月31日
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズ馬番馬名(2番手)基人気基オッズ
最内15コスモロングロード818.410マイネクォーツ717.7
6サトノヴィクトリア24.511ネセサリー611.7
8ティルトウイング46.713メイクミーシャイン1258.9
14フローラルホール12.712エムオーテースト511.1
大外4タマモダリア36.19クリスタリン1027.4


新潟 11R ダート 1200m NST賞       7月31日
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズ馬番馬名(2番手)基人気基オッズ
最内14ドスライス69.11スペースフライト1474.6
8アースサウンド12.811スマートブレード927.3
4インオラリオ47.63ファイナルスコアー712.6
10グリフィンゲート35.26ケイアイダイオウ1029.3
大外7アートオブウォー1260.1

新潟1800m続きを読む

京介の「厩舎ランク」で重賞を 小倉記念・UHB杯

rankstitle JRDVにある「京介」タブ。
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。



さて、これを実際に使ってみましょう。明日の「小倉記念」とおまけで「UHB杯」、この2つのレースで、いざ実践!

続きを読む

小倉芝と新潟ダート

小倉芝
昨日見たように、開幕週の芝は1700m以外であれば「位置指数」1番手の馬が優秀でした。
土曜日は小頭数のレースが目立ち、配当的にはイマイチだろうとは思いますが、ここは割り切って「位置指数」トップの馬を全買いでもいいのかも。以下はそのリストです。

1R カシノラピス
r1

2歳未勝利で、しかも6頭立て。土曜の朝イチからこのレースを買う人はどれくらいいるのでしょうか・・・。
予想展開図を見ると、人気の内枠2頭しかいません。他馬は完全に千切られています。
「位置指数」も展開着順も、基準オッズ1番人気のメイショウヒデタダでは無く、2番人気のカシノラピス。
馬単1点で買えるオッズになるのかどうか。

2R プレシャスライン
r2

5戦目にして初芝。ダートの方が実績がある矢作厩舎
これは指数の罠パターンなのかもしれませんが、基準11番人気であれば狙い目です。「情報印」にポツンと△がそそります。
芝をこなせたら勝つでしょう。また、ダメであれば何処にもいないでしょう。単勝でしょう。

4R フクラムサイフ
r4

名前だけで分かる小田切氏の馬です。
もう1頭所有馬が出走してます。キジトサルヲツレテ。犬は芝刈りですね。分かります。
アドマイヤネアルコが断然の1番人気になりそうですから、やっぱりここも単勝で。

9R ゴールドサクセス
r9

ちょっと正直これは厳しそう。オッズも3番人気だったら買いたく無いです。
メイショウナルトは鞍上を幸英明騎手に戻し、デキさえまともなら力が違う感があります。
と、言いますか、メイショウナルトは「調教印◎」+「調教変化↑」の黄金パターン。
これは無理。ゴールドサクセスには悪いけど、このレースはパスです。

11R シャングルストーン
r11

IDMのような能力指数だと、まぁラッキーポケットなんでしょう。前走を見ると同馬以外は全て「馬ランクC」。
ジャングルストーンが「位置指数」1番手の力を借りて逆転出来るかどうか?
これを判断するのは指数や展開でも無く、オッズです。買う価値があるオッズかどうかで判断。


新潟ダート
続きを読む

高ランク馬と、実は「位置指数」

競馬場馬番馬名走前Rレベル当時の着順人気今回着順
函館95アイムヒアー1A153
函館1116マイネルスターリー1A118
新潟914ミトラ1A186
新潟118コスモラピュタ1S112
新潟1113レッドスパークル1A138
新潟93マイネルゴラッソ1S152
新潟114グリッターウイング1A113
京都84ナムラオウドウ1A143
京都914レックスパレード1A111
京都911アーセナルゴール1A141
JRDVの「3走」タブには「成績IDMランク」「レースレベル」というデータがあります。

データの意味は、
・「成績IDMランク(馬ランク)」 各馬のIDMを基準に算出
・「レースレベル」 勝ち馬のIDMを基準に算出
・S・A・B・Cの4段階

リストには、前走を馬ランク「S」「A」で勝った馬を挙げております。
どれも全て勝ち馬ですので、基本的には次走は昇級戦です。「A」以上出していれば、昇級しても即通用するレベルと考えて頂ければOK!

でもそういえば、先週の「馬レベル」のリスト忘れていました。
軽く結果だけでも振り返っておきましょうか。

気になる馬でけチョイチョイと。
マイネルスターリー
前走の巴賞を「A」で1着。今回はハンデ重賞で58kgの斤量。条件としては非常に辛い状況でした。
成績JRDVによると、レースコメントは

・レースコメント

  内有利持久戦。コース替わり初週で内が有利。外枠だった3着馬も直線は内から伸びており、コースロスの無い馬が上位に台頭する結果に。

同馬に対するコメントは、
「中団外からジワリ動いてるが前に追い縋れず 胴短で水平尻。スッキリ仕上がるも張り一息 内有利持久戦。外々回って脚が使えず。」 
1番人気のトップハンデ馬ですので、馬券的にも手を出しづらかったと思います。

ミトラ
mitora
前走は未勝利戦を「A」で1着。今回は500万への昇級初戦でしたので、普通であれば狙えるパターンに該当します。

・レースコメント

  道中緩んで上がり勝負。上がり使える降級馬同士での決着。外回った馬は辛い。

・LapTime

  125-108-129-140-133-127-126-118-122 1000m通過:635前半3F:362後半3F:366


同馬に対するコメントは、 「番手追走するが直線は甘く粘れない。  細身で脚長・腰高。腰○。硬いデキ。踏込浅 超スローで上がり勝負に対応できない。」
降級馬に1つ上のレースをされてしまった感があります。この辺りは、事前に察知してどうこうするよりも、個人的には馬ランク「A」「S」を自動で買い続ける方がブレ無いとは思います。
1つ前のマイネルスターリーのように、あからさまに狙えないような馬は当然除外しますけれども。


レッドスパークル
前走は1000万下を「A」で1着。昇級初戦の今回は、正直色々相手が悪かったという結果。
nigata11_2

前走「S」で1着だったコスモラピュタ。
前走レースレベル「A」で2着だったエーブチェアマン
高ランクの相手が揃っておりました。
しかもそれ以上に、この日の芝内回りは別のファクターが強すぎました。

昨日「小倉芝の開幕週」でみた「位置指数」です。
新潟11R 芝2200m 日本海ステークス
nigata11
JRDV→「展開」タブでご覧になれます。

新潟8R 芝2400m 500万下
nigata8

このように、より大きな傾向があるような時には、馬単体の能力を比較してもなかなか正解にはたどり着けません。
そしてそれが顕著に表れるのが、下級条件やハンデ戦で各馬の能力にあまり差が無い時。
1000万以上で単勝1倍台になるような馬がいれば、傾向的にはズレていてもそれなりにやってきます。
そんな時でも、他馬で傾向があっているような馬の単勝を買っておくのが、長い目で見てプラスになる方法なんですけどね。

他の新潟芝内回りで「どうだったのか?」を調べて見たい方は、右サイドバーにある「開催分析」からどうぞ。
開催を選択すると、各レース毎のBOXがありますので「レース名」をクリックすれば、JRDV成績ページが開きます。
単行本
外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
Target用厩舎ランクCSVファイル
(JRDB会員専用)
Target用ファイル
ビューワ 9/23・24
土曜日
日曜日
PV: 位置取りビューワ
DV: DV3
mini: JRDV-mini

過去分
2017年 2016年 2015年
記事検索
中の人
当ブログでの「僕」または、一人称は全て飯村公一@JRDBシステム班です。
JRDVを含めWEBアプリ系の開発担当者。
僕直通のメアドです。
iimura.sp半角アットマークgmail.com
半角アットマークを「@」に変えて入力して下さい。

Twitter:@jrdvsp
FaceBook:飯村 公一

こちらでもコンタクトできます。
Live レース結果
最新コメント
サイトへのリンク
【JRDV.SP】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
コメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。


http://blog.jrdvsp.com/



競馬リンク
必要な物はここで全部揃います


JRDBブログの1st


僕の席のとなりにいる人


新感覚


1回にご馳走になる食事
≒僕の1ヶ月分の食費


競馬情報ポータルサイト。


SMARTKEIBA


ストライド競馬新聞


パドチョク


競馬ビッグデータ


競馬サミット


相互リンク

逆転競馬

大阪梅田競馬BAR
『そのままっ!!』



チョットだけ競馬を。

The Lion Sleeps Tonight

没関係啊(*`ω´)



大きい馬券好きの競馬予想



おいなりさん

「競馬」と「料理」と「愛犬」と

  • ライブドアブログ