JRDV.sp

JRDBからJRDVがスピンオフして、しかもいいとこ取りのブログ。

不負的昇級馬 11/13

前走「S」「A」レベルで勝った馬のリストです。
競馬場馬番馬名走前Rレベル当時の着順基準人気基準オッズ
新潟1214ウインロザリー1S11040.6
東京117タイセイレジェンド1A1616.3
東京1110オオトリオウジャ1A11236.5
京都107サトノシュレン1A147.8
京都118レーヴディソール1S1614.4

昇級初戦を勝つ馬は、「S」「A」以上を出して昇級した馬がほとんど。
高ランク馬の使い方は色々あるのですが、1番分かり易い形として昇級馬を狙う方法押しでいきます。

上記のリストから昇級馬を選び、
・休み明けを除く
・厩舎ランク白(標準)以上
・5歳以下
・ちゃんとした騎手
という条件を満たせば、それが「不負けの昇級馬」となるわけです。


・新潟12R 14・ウインロザリー
休み明け。あと、やっぱり騎手大事ですね。騎手。

・東京11R 7・タイセイレジェンド 10・オオトリオオジャ
ダノンカモンに勝てるかどうか?って言ったら無理でしょ。


・京都11R 8・レーヴディソール
レーヴ兄弟姉妹達は、多くがその秋で力尽きてしまいます。その呪いを越えられるかどうか?ですね。
調教が軽い、ローテが悪い、血統的に不安、そういったマイナス要素は全てオッズに吸収されています。
同馬が10回に1回でも勝つと思えるならば、単勝を買う価値があると思います。
多分スローで流れるので、馬群が詰まってヨーイドンの競馬になれば、意外とこなせてしまうかも知れません。
僕は、無敗の馬は負けるまで買っておいた方が無難、がモットーです。
無難大好き。

不負的昇級馬

続きを読む

京介の「厩舎ランク」で重賞予想 エリザベス女王杯・武蔵野S

rankstitle JRDVにある「京介」タブ
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。




lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。

JRDBのメンバーサイトでは、メイン以外にも毎週コラムを掲載しております。
 ⇒新聞だけで予想をしよう

エリザベス女王杯

続きを読む

本日の「位置取り傾向」 11/12

位置取りシート

当日のレース結果を見ながら、今現在どういった傾向なのか?を探って行きたいと思います。
随時更新していきますので、気が向いた時にでも更新して下さい。

馬名をクリックでJRDV馬詳細データ、日付クリックでレース成績がそれぞれ開きます
スマートフォンの場合は「PC版」でご覧下さい。スマフォ用の表示ですとテーブルが正確にレイアウトされません。
ガラケーの方は多分、まともに見られないと思います。

更新完了!

現場からの馬場情報

東京

夜半に雨が降って、明け方には上がりましたが、場内は湿って滑りそうなほど残っています。
日は差しますが、結構気温が低いため、乾燥するというほどではありません。

芝:
馬場を気にする分もあり、前半からゆったり入って直線は上がりの競馬に。
新馬戦のように極端にペースが遅いとさすがに内でも残せますが、ある程度頭数の多い番組で、平均的なペースなら、間違いなく坂上で外に勢いがつきます。

ダート:
午前中の2Rは、ともに1-3番手の馬が止まらない前残り決着。
しかし、逃げ候補が微妙な中、前走追い込んだ馬が今回は前に行って残したもの。
前回の脚質はあまり気にせず、足抜きの良い馬場適性が高い馬に注意するべきでしょう。あとは前に行く意欲の高い騎手に注意すること。

新潟

雨はすっかり止んでます。今日はこのまま保ちそう。

芝:
先週の転圧も虚しく、もう内で残すのは厳しそう。差し馬に焦点をシフトしておいた方が良いでしょう。外枠にも注意しておきたいところ。ダート寄りの馬体でもいいのかも。

ダート:
脚抜きの良い高速馬場。速い時計が出ています。脚長は絶対。先行力あれば尚良し。持ち時計は調べておいた方が良いでしょう。

東京

続きを読む

「位置取りシート」 11/12

位置取りシート

11月12日(土)分の位置取りシートを作成しました。

左のリンクから「無料版」・「JRDB会員版」それぞれご覧になれます。
PDF版は少しアップデートしました。1~3枠、4~6枠、7~8枠、別に表示が変わりました。
また、HTML版にも「後3F地点」図を追加しました。


sousou、体の方もようやく復活しててきまして、ちゃんと座ってキーボードが打てるようになってきました。
皆様には有り難いアドバイスを多数頂き、本当に感謝しています。
ありがとうございます(*`ω´)

東京芝と位置取りシート的傾向

続きを読む

不負的昇級馬 11/12

前走「S」「A」レベルで勝った馬のリストです。
競馬場馬番馬名走前Rレベル当時の着順基準人気基準オッズ
新潟1215サンレガーロ1S1922
東京74ワンダースピンドル1A148.4
東京1112ダイワインスパイア1A137.1
京都73デザートオアシス1S113.2

昇級初戦を勝つ馬は、「S」「A」以上を出して昇級した馬がほとんど。
高ランク馬の使い方は色々あるのですが、1番分かり易い形として昇級馬を狙う方法押しでいきます。

上記のリストから昇級馬を選び、
・休み明けを除く
・厩舎ランク白(標準)以上
・5歳以下
・ちゃんとした騎手
という条件を満たせば、それが「不負けの昇級馬」となるわけです。


・東京7R 4・ワンダースピンドル
休み明け

・東京11R 12・ダイワインスパイア
前走の新馬戦は逃げて完勝。IDMは47と新馬では非常に高い「S」ランク。
鞍上は後藤浩輝騎手で万全、厩舎ランクが「白」と標準なのでギリ許容範囲なのですが、やはり重賞だと低い部類。
ダイワインスパイアが新馬で勝った週がコレ↓
t1
4角先頭で唯一勝った馬です。
ただし、日曜日でしたので丁度前残りのタイミングが被った可能性もあります。
詳しくは東京の馬場傾向を追うの、京介メルマガより抜粋した箇所をご覧下さい。
まぁ指数と時計は信用出来そうです。
それでもやはり、今の馬場で逃げ馬は厳しい・・・。
もし厩舎ランクが「ピンク」であれば狙っても良いかと思うのですが、「白」だと微妙です。
また、位置取りシート的にも「後3F地点」では「内」1番手と勝てないポジション。
そして過去の京王杯の勝ち馬の傾向からも外れています。(詳しくはコレまた京介メルマガにて)
ですので、同馬は勝たない。良くて3着かなと。

・京都7R 3・デザートオアシス
休み明け
崩れる事は無さそうですので、軸には良いかと思います。

不負的昇級馬

続きを読む

東京の芝傾向を振り返ってみる

lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。


ここでは毎週、京介さんが馬場の傾向を検証しています。
今回はサイドバー右にある「開催分析」の「馬場傾向」データと共に整理してみましょう。

東京の芝 過去3週の傾向を追ってみる

まずは表の見方を先にチラッと。
seitidori 横のライン「前・中・後」は4コーナーでの通過順を表しています。
左に行くほど、4角では先団にいる事になります。
大体の目安として、「前」に位置しているは逃げ・先行+そのちょっと後のグループ。
「中」が差し馬の集団で、「後」が差し集団の後方+追い込み馬。
府中ですと、この後に少し馬群が詰まって直線でバラけ始める手前というタイミングでしょうか。

縦のライン「内・中・外」が直線のコース取りになります。
上に行くほどイン寄り、下に行くほど外を回っている意味になります。

大きい数字はその箇所を通った馬の「複勝率」で、その下の小さい数字は「実際にそのポジションを通った馬の数」です。

実データで見た方が分かり易いと思いますので、見ていきましょう。


3週前

t1 3週前のAコース最後の日の傾向です。
土曜日には富士ステークスがあり、JRDBのレースコメントには
「午前中に大雨が降り不良馬場。内が悪くなって伸びない状況。上位3頭が高い道悪適性を示した。着差は内外の差。」

「前」「外」を見ると複勝率は33%。下の数字によると、このポジションを取った馬は実際24頭おりました。
富士ステークスでも先行したいた馬達でさえ直線は外を通り、掲示板に載った馬達は全て外という結果。

でも「前」「内」を見ると、上と余り変わらない複勝率37%となっています。そこを通った馬は8頭。
この「内」を通って好走した馬達は何処から来たのかと言うと・・・。

京介先生お願いします。

以下は京介メルマガより抜粋

先週の土曜日は、またしても滝のような大雨からスタート。ダートはすぐに水が浮き、先行馬が止まらない馬場に。
芝は追走するだけでも消耗が激しく、道中でバテる馬が続出。内ラチ沿いもすぐに悪化し、7R辺りからコーナーで内ラチ沿いを回る馬が全くいなくなりました。
前脚の膝をしっかり折り畳み、掻き込んで走るタイプでないと、余力を持って直線を迎える事が出来ません。このような馬場で、ジャングルポケット産駒が2勝2着が2回と大暴れしていました。

日曜日は、晴れ間が出て日差しも強かったので、馬場は早い時間から乾き始めました。ダートは水が引き、脚抜きの良い締まった馬場になって、差し馬が優勢に。
芝は表面が乾いたことで道中のグリップ力が戻り、前に行く馬が消耗することがなくなりました。結果、スローペースの前残り展開が増え、馬場の外を回る馬が差し届かなくなり、今度は極端な内枠優勢の馬場へと変わりました。
雨が「降る」「乾く」。たったそれだけで、大きく馬場の傾向が切り替わりますから、前日の予想は非常に困難だったと言えます。
また、ペースを読めずに先行するのを躊躇するタイプの騎手は、この土日は全く流れに乗れてませんでした。
今週も週末に雨が降るようです。芝の内側の荒れた部分は、Bコースへの仮柵移動でそっくり隠れますが、展開は当日の雨の強さ次第です。先週、芝で全く結果を出せなかった騎手は、今週も怪しいと見てチェックしておく必要があります


2週前

続きを読む

WIN5買い目記入シート 11/6 ついでに単勝1倍台の馬の使い方

win5title 今週分の「WIN5買い目記入シート」を作成しました。

11/13日分のダウンロードは ⇒ コチラから。

最新版は常に右サイドバーにあります。

これまでのWIN5の結果一覧は ⇒ JRAHPの片隅に



10・11Rの1倍台の人気馬ってどうなん?2

続きを読む

京介先生、質問してあげてもいいですよ?

kyosukemunch質問という外部刺激を受ける度に京介先生は成長していくのです。
何かを聞かれる事は彼の大好物。

不定期ながらも今後も続けていく予定です。
もし何か疑問があるのであれば、コメント欄やメールにてよろしくお願いします。
「京介先生、質問してあげてもいいですよ」という気持ちでどうぞ。



lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。

厩舎ランク予想の捉え方

Q: 疑問 さんよりの質問

以前の回答を受けての質問です。
>>業界内や厩舎に入りこんで実際の付き合いや関係を精査できない以上、人間関係をファクターにした予想は、基本的には「根拠や発想が他人の意見のまた聞き」にしかならず、検証も「統計の後追い」にしかならないというのに気付いて欲しいんですよ。
厩舎や馬主を因子や要素としてみなし、組み合わせで好走確率を高める分析しようという考え方そのものが、そもそも主体である競馬を無視してますし、同時に出走している相手よりも優位に立つ根拠を失っています。

この部分、京介さんが推してる厩舎ランク予想にそのまま当てはまるように思えますが。
捉え方が違うのでしょうか。

続きを読む

エリザベス女王杯 過去の位置取りシート

しっかり、内回りらしい傾向が出ていますね。(コメント欄参照)

「中」より外目は1番手の馬しか好走出来ません。2番手から馬券になっているのは全て「最内」「内」のみ。
基本的に内回りですので「中」から内目が有利なのではありますが、まずは、1番手の「外」「大外」について見てみましょう。
過去成績でやった、3歳vs古馬の対立軸で考えてみます。

1番手「外」「大外」
位置取り的にはどう考えても不利なポジションです。実際過去を見ても、リトルアマポーラしか勝っていません。あのブエナにしても、まぁ色々事情はあったにせよ、3着に破れています。
3歳 展開マーク「@」(上がり3Fが最も速いと推定される馬)は必須。(ブエナビスタ・リトルアマポーラ)
古馬 IDM印は「注」以上で。また、牡馬混合の重賞勝ちがあるという能力の保証も重要。「格」が要る訳です。そして、人気馬のみ。ここから人気薄馬が来て穴馬好走!みたいな事は起こりません。
   ベッラレイアは格の点では足り無かったけど2番人気でした。なので、3着はあったと。

「中」
死に目ですね・・・。エアメサイア、カワカミプリンセス、1番人気でもどうにもなりません。

「最内」「内」
ここが1・2番手ともに有利なポジションになります。
せめてこの位置取りで1番人気であれば、3着は外しません。昨年のアパパネもこの位置取りだからこそ、完全テキ落ちの状態でもギリギリ3着に残れました。
3歳・古馬 G1で連対出来るような馬であれば普通に走ります。
でも意外と3歳馬が2頭とも走る事は少なく、圏内にいるのは1頭のみという事の方が多いです。
近年で1・2着したのはアドマイヤグルーヴ・スティルインラブまで遡らないとありません。昨年はスノフェアリー・アパパネで1・3着がありましたが、片や外国馬ですし例外と言えるでしょう。
実際に予想する際には、3歳からは1頭選択という方法の方が効率は良さそうですね。


人気薄を狙うなら
「後3F地点」で「内」「中」1列目の馬は、なかなか狙い目です。
クィーンスプマンテ11番人気・テイエムプリキュア12番人気・オースミハルカ5番人気、押さえておいて損は無いかと。

位置取りシート過去分

続きを読む

競馬新聞の作り方と進捗報告

今回もハイブリッド新聞の進捗報告です。
馬柱部分のパーツがぼちぼち出来てきました。
oldsample1
変化が大きすぎかどうかが心配な点ではありますが・・・。
休み明けの時には、馬箱1つ使って、休み明けの初戦・2戦目・厩舎の各成績と、前回の休み明けの時の成績を出そうかなと予定しています。
まだこれは決定では無いのですが、通過順入れた方が良いのかなとも思っています。

腰の問題で長時間座っていられませんので、逆に考える時間が増えた分、もっと中身を詰める作業に時間が取れたのはラッキーだったのかも。
通常の馬箱の中身はこんな感じ。

新規馬柱の中身

続きを読む

京介の「厩舎ランク」で重賞回顧 アルゼンチン共和国杯・みやこS

rankstitle JRDVにある「京介」タブ
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。




lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。

JRDBのメンバーサイトでは、メイン以外にも毎週コラムを掲載しております。
 ⇒新聞だけで予想をしよう

アルゼンチン共和国杯

続きを読む

エリザベス女王杯 過去成績

ブエナの年が異常だっただけで、牝馬の重賞にしてはそれほど荒れないですね。
人気上位の馬は無難に走っています。

集計期間内で1番人気で3着を外したのは、
06年のカワカミプリンセス 1着降着。秋華賞・オークスS1着からの参戦。
05年のエアメサイア 秋華賞・ローズS1着からの参戦。ラインクラフト・シーザリオ以外は世代として弱かったと思います。
04年のスイープトウショウ 秋華賞1着・ローズS3着からの参戦。33.2と1位の上がりを使うも、後過ぎて届かず。
01年のテイエムオーシャン 秋華賞1着・ローズS3着からの参戦。ラスト3F12.3-12.0-12.0で唯一粘るも5着。

そうなんです。これ全部3歳なんですね。
そもそも1番人気になるのは、ほとんど3歳馬なので、上のような結果になるわけです。
トップクラスの牝馬であれば、牡馬混合で闘いに行くので必然的にB級レベルしか古馬牝馬はここに来ません。
仕組みとして、毎年同じグループでの争いになってしまいます。3歳A級vs古馬B級。
このように、モロに世代間競争になるので、なかなか面白いレースだと思います。
ちなみに、1番人気で凡走してしまう3歳馬は差し・追い込み馬。先行して競馬が出来ればちゃんと勝てます。
古馬の目安としては、牡馬混合のG1で掲示板に乗れるレベル、ぐらいでしょうか。

3歳 秋華賞1~3着
4歳 府中牝馬S
5歳以上 古馬混合のG2以上

馬齢で区切ると前走は↑のような分類になります。

エリザベス女王杯 過去成績

続きを読む
地方競馬サイト
単行本
「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!


外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
Target用厩舎ランクCSVファイル
(JRDB会員専用)
Target用ファイル
ビューワ 9/22・23
土曜日
日曜日
PV: 位置取りビューワ
DV: DV3
mini: JRDV-mini

過去分
2017年 2016年 2015年
記事検索
中の人
当ブログでの「僕」または、一人称は全て飯村公一@JRDBシステム班です。
JRDVを含めWEBアプリ系の開発担当者。
僕直通のメアドです。
iimura.sp半角アットマークgmail.com
半角アットマークを「@」に変えて入力して下さい。

Twitter:@jrdvsp
FaceBook:飯村 公一

こちらでもコンタクトできます。
Live レース結果
最新コメント
サイトへのリンク
【JRDV.SP】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
コメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。


http://blog.jrdvsp.com/



競馬リンク
必要な物はここで全部揃います


JRDBブログの1st


僕の席のとなりにいる人


新感覚


1回にご馳走になる食事
≒僕の1ヶ月分の食費


競馬情報ポータルサイト。


SMARTKEIBA


ストライド競馬新聞




競馬ビッグデータ




相互リンク

逆転競馬

大阪梅田競馬BAR
『そのままっ!!』



チョットだけ競馬を。

The Lion Sleeps Tonight

没関係啊(*`ω´)



大きい馬券好きの競馬予想



おいなりさん

「競馬」と「料理」と「愛犬」と

  • ライブドアブログ