2020年02月

ハイブリッド競馬新聞にもビューワにも載っている「後3F差」。
これは、ゴール手前の残り3F地点(600m)での先頭との差。
先頭の馬に関しては2番手との差。

現状は馬柱に乗っているのみですが・・・これをレース成績で見ると。
t1
4角通過順とニアリーイコールではある。
似たような配置になるので、上記のパターンですと先頭の「13」が1頭抜けており通過順表でも2番手には「=」の記号(大きく離れて)が入っていますね。
その通過順表をもっと集約したのが、後3F差の色分けでの集計。

橙: 後3F地点で1番手の馬(複数の場合アリ)
黄: トップから、0.1~0.5秒差
青: トップから、0.6~0.9秒差
白: トップから1秒以上

このレースだと、オレンジに1頭、黄色・青は0頭なので1頭だけ後続を離しているが分かりますね。
通過順表、或いは後3F差の集計が無い状態で・・・。
t2
通常の結果表を見ても、13が後ろに結構な差を着けて直線向いたといのは分からないと思う。
ハイブリッド競馬新聞には、後3F差も「詰脚」もあるので、まだギリ分かる。
レースの結果一覧でこれですから、この後各馬がバラバラに他のレースに出走した時には、更に分断されてしまいます。
この中の1頭だけの馬柱の表示になってしまえば、もっとレースの情報減るのでますます分からないでしょうね。

ちなみに、実際の映像だとこんなでした。
t3
通常の馬柱にある通過順等だけでは、これはイメージ出来ないよなあ。
と言う事で、新聞にはいつかこの「後3F差集計」が入るかもです。
数年単位で小さくリニューアルしていくので、どこかしらの機会に・・・。

ビューワの過去馬柱の方には、割と早めに入る予定。

別のレースだと。
続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t8

簡易版HBリスト

2019
6
武豊
14
M.デム
11
藤田菜七
3
ルメール
5
松山弘平
2
福永祐一
5.6
7
戸崎圭太
10
田辺裕信
13
内田博幸
8
和田竜二
2018
14
ムーア
10
古川吉洋
12
内田博幸
16
戸崎圭太
2
福永祐一
9
藤岡佑介
4.9
5
ミナリク
6
三浦皇成
4
武豊
1
横山典弘
2017
10
津村明秀
5
和田竜二
1
柴田善臣
9
戸崎圭太
3
M.デム
6
ムーア
5.4
15
幸英明
11
ルメール
13
岩田康誠
12
横山典弘
2016
7
ルメール
5
戸崎圭太
14
M.デム
6
横山典弘
3
武豊
10
ヴェロン
4.2
11
和田竜二
4
太宰啓介
2
大野拓弥
16
内田博幸
2015
4
武豊
1
岩田康誠
10
戸崎圭太
9
C.デム
14
内田博幸
5
浜中俊
4.4
11
蛯名正義
13
ベリー
7
北村宏司
16
横山典弘
2014
11
C.デム
15
幸英明
4
武豊
7
酒井学
1
ベリー
8
リスポリ
6.5
2
浜中俊
6
戸崎圭太
9
四位洋文
12
福永祐一


続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

簡易版HBリスト

2019
8
田中勝春
3
川田将雅
2
吉田隼人
4
浜中俊
7
三浦皇成
11
古川吉洋
2.9
10
秋山真一
14
幸英明
12
丸山元気
5
松若風馬
2018
6
浜中俊
13
川田将雅
2
北村友一
1
吉田隼人
4
柴山雄一
15
藤懸貴志
2.6
8
和田竜二
9
鮫島克駿
5
川須栄彦
3
松若風馬
2017
14
高倉稜
9
松山弘平
10
鮫島克駿
7
武士沢友
13
吉田隼人
8
フォーリ
1.3
6
柴田大知
4
丹内祐次
16
太宰啓介
2
北村友一
2016
4
蛯名正義
15
丹内祐次
14
藤岡康太
1
小牧太
2
川田将雅
6
吉田隼人
3.2
11
岩田康誠
16
フォーリ
5
川須栄彦
10
バルジュ
2015
6
秋山真一
2
丹内祐次
16
柴田善臣
10
バルジュ
9
古川吉洋
4
和田竜二
2.2
11
四位洋文
1
藤岡佑介
14
田辺裕信
3
藤岡康太
2014
4
川田将雅
8
北村友一
7
吉田隼人
9
国分恭介
6
丸田恭介
2
藤岡佑介
2.4
11
松山弘平
1
藤岡康太
14
蛯名正義
5
藤田伸二


続きを読む

京都 芝外1400m

登録馬の近走HB指数上位

t2

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

簡易版HBリスト

2019
14
横山典弘
4
北村友一
11
M.デム
12
ルメール
1
福永祐一
9
和田竜二
4.6
15
武豊
2
川田将雅
17
松山弘平
18
四位洋文
2018
3
M.デム
10
池添謙一
2
石橋脩
12
武豊
8
横山典弘
11
岩田康誠
5.1
7
浜中俊
9
古川吉洋
1
四位洋文
4
川田将雅
2017
10
岩田康誠
4
ルメール
2
M.デム
13
横山典弘
14
和田竜二
15
石橋脩
6.2
11
太宰啓介
17
武幸四郎
3
川島信二
6
浜中俊
2016
11
川田将雅
17
ルメール
6
四位洋文
14
M.デム
8
戸崎圭太
2
岩田康誠
4.7
10
柴山雄一
13
福永祐一
7
武豊
16
菱田裕二
2015
14
福永祐一
8
バルジュ
16
松山弘平
7
川島信二
4
C.デム
2
大野拓弥
6.7
18
岩田康誠
3
四位洋文
13
内田博幸
10
浜中俊
2014
3
福永祐一
2
四位洋文
6
北村友一
12
武豊
13
横山典弘
10
ルメール
4.6
11
丹内祐次
1
幸英明
14
浜中俊
9
酒井学


続きを読む

東京 芝3400m

登録馬の近走HB指数上位

t2

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

簡易版HBリスト

2019
10
岩田康誠
9
浜中俊
6
戸崎圭太
5
石橋脩
2
蛯名正義
3
大野拓弥
8.9
1
柴山雄一
7
田辺裕信
4
松岡正海
8
江田照男
2018
14
ルメール
1
蛯名正義
3
戸崎圭太
6
福永祐一
12
三浦皇成
5
松岡正海
5.5
8
田辺裕信
2
津村明秀
7
内田博幸
9
北村宏司
2017
1
蛯名正義
12
ムーア
11
戸崎圭太
7
北村宏司
8
川田将雅
14
杉原誠人
7.4
2
中谷雄太
9
田中勝春
4
酒井学
6
四位洋文
2016
7
蛯名正義
16
三浦皇成
2
田辺裕信
14
ヴェロン
3
内田博幸
5
大野拓弥
3.1
10
勝浦正樹
15
横山典弘
13
秋山真一
11
池添謙一
2015
15
戸崎圭太
16
北村宏司
13
藤岡佑介
9
シュタル
4
三浦皇成
8
田辺裕信
4.3
2
蛯名正義
3
横山典弘
7
柴田善臣
11
酒井学
2014
1
北村宏司
4
リスポリ
10
岩田康誠
3
横山典弘
6
内田博幸
8
田辺裕信
6.1
7
酒井学
2
横山和生
5
嶋田純次
11
石神深一


続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト

土曜日の結果入りは → コチラ

これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

続きを読む

京都記念

京都記念 過去成績

今年も例年通りの小頭数。
うん、例年通り・・・なんですね。
と言う事は、人気馬は勝たないし、結局上位に来るのは、京都大好き&適当に前に居る馬。
そんな結果も踏襲するでしょう。

人気では
t1
過去のオッズ順で並び替えて、上から見ていくと・・・ようやく17年のサトノクラウン、3番人気4.4倍で勝ち馬が出現。
人気のビッグネームがバンバン負ける。負けるどころかぶっ飛ぶ。あって3着。

着順別だと
t2
頭が荒れるレースですね。
そして、2着にも微妙な人気馬を連れてくる。
派手な印は無いものの「前半」上位が連対馬で目立つ部分。
2~3着には「HB・後半」上位。

過去のHBリストでも
t3

1・2列目のHB指数◎〇はずらっと2~3着。
3連単の2列目、3列目コースです。
勝ち馬が出るのは3番手以降だし、こんな小頭数でも2ブロック目か過去3回も勝ち馬が出る。
2ブロック目からであれば「前半」入りなのですが・・・今年はおらず。
2017・2014年のような決着を期待する年ですね。

今年の1ブロック目はこのように。
t4
前半1位は流石に印が偏りすぎなのか、2200mの外回りコースだけあって不振。
それよも下、出来れば「前半・後半」どちらも入っている手頃な所に期待です。
今年だと、5・ステイフーリッシュ、9・ノーブルマーズ。
あまり馬自体を比べる事はこのレースには求められていないので、騎手で見ると。

続きを読む

HTML版の簡易版です。
当日は随時更新していくので傾向のチェックにも使えますね。
スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

PDF版は

HBリスト


これをメインに予想する・しないに関わらず、プリントアウトして持っておくと何かと便利。
HTML版は当日に、結果を入れて随時更新していきます。

続きを読む

↑このページのトップヘ