rankstitle JRDVにある「京介」タブ。
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。



さて、これを実際に使ってみましょう。基本的には重賞向きの方法との事ですので、明日の「函館スプリントS]「ラジオNIKKEI賞」、この2つのレースで、いざ実践!
函館スプリントS
h11

◎カレンチャン(安田隆行厩舎)
3走前には最高ランクを維持しまま、オープン、重賞で底を見せていない勢いに注目。
また、極々普通の要素として、
・ダッシャーゴーゴー(現短距離重賞3勝馬)と同厩舎で、高レベルの短距離馬のノウハウあり
・今回有力馬のアンシェルブルーに対して一度完勝、余裕を持ったローテーションで戦える強み
・古馬の重賞勝ち馬が他にいない中、54 ㎏で出走できるのは有利

○パドトロワ(鮫島一歩厩舎)
2走前、前走と厩舎ランクが低いにも関わらず連続して好走。そして、今回は厩舎ランクがアップ。
△ヘニーハウンド
△クリアンサス
△アンシェルブルー

ラジオNIKKEI賞
n11

◎カフナ(池江泰寿厩舎)
2走前は一旦G1で壁に当たるも、前走のプリンシパルSでは不慣れな不慣れな左回り&乗り替わりでも好走できた事は評価。そして、今回は前走よりも厩舎ランクがアップし、トップランクの「ピンク」というタイミングも良い。
小倉のあすなろ賞・阪神の若葉Sで好時計で走り、皐月賞でも穴人気になった。
ダービー出走権こそ得られなかったが、6月に無理使いしなかったことが今回プラスに働くはず。

○フレールジャック(友道康雄厩舎)
デビュー戦から連勝。その間に厩舎ランクが上昇し、今回は高ランクのオレンジにアップしている。
▲フルアクセル
△マイネルラクリマ
△プランスデトワール

この見解は木曜日時点でのものです。前日予想はJRDBの会員コラムでご確認ください。