deeptitile 京都のダートでは今年はディープインパクト産駒は未勝利、芝では18勝。昨年にまで遡っても、芝では13勝ですがダートではボレアスが1800mで1勝を挙げたのみです。
 とは言え、全くダメな訳では無く勝てないだけで惜しいレースを繰り返しています。1-5-1-3と、10戦して馬券に圏外に飛んだのは3頭のみ。

ですので、京都ダートのディープ産駒の使い方としては、
・1番人気時 ⇒ 他馬の単勝
・5番人気以内 ⇒ 2・3着としての相手
・それ以外 ⇒ 消し
しばらくは無条件でこのルールを適用しておきましょう。



右サイドバーにある「開催分析」をクリックすると、トップ画面が開きます。
競馬場名をクリックで、その年1年分の全データを表示。開催をクリックで、その開催のみのデータ。
kaisai

 BOX内の父名をクリックで、同種牡馬の勝ち馬のみの表示になります。
また、レース名クリックで「JRDV成績データ」、日付クリックで「レースコメント」をそれぞれ表示します。詳しくはHELPをご覧下さい。

kaisai2


日曜日の京都1Rで、ちょうど良いサンプルがありました。
k1

「予想着順+ゴール前内外順」を使うと、「中」番手の7番パームアイランドが1着で単勝1,330円。
松田博資厩舎は厩舎ランク「ピンク」。高ランクの厩舎は、芝→ダートのような条件変わりで、上手く結果を出す事が多いというのも特徴です。頭の隅にでも入れておいて下さい。
1番人気のディープ産駒サルヴァトーレピサは5着でした。ちなみに、なんで同馬がここまで人気になるのかと言うと、コレ単純にヴィクトワールピサ効果です。JRDBの基準オッズを作成する際には、このバイアスも考慮しています。その変数値は同馬にはかなり高めに設定しているのですが、まぁまぁ合っていたかと思われます。

そして、今日は1Rと同じ条件でもう1つあります。
京都6R ダート1800m 3歳未勝利。
k6

ディープ産駒のアズマインパクトが出走しております。現時点での単勝オッズは11倍程度。もう少し人気になるようであれば、上記のルール通り無条件で拾っておきましょう。