rankstitle JRDVにある「京介」タブ。
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。


今週は早くも京介から回顧が届きましたので、早速見ていきましょう。
h11

1着 ◎2.カレンチャン
2着  3.テイエムオオタカ
3着 △1.アンシェルブルー

6着 ○11.パドトロワ
7着 △7.クリアンサス
11着 △9.ヘニーハウンド

baken

単勝 270円×5000円 13,500円

馬の地力勝負というよりは、1分8秒フラットのレコード決着となり、上位は内枠の馬が独占。
しかしその中でも、若干コースロスがあったカレンチャンが、展開絶好で完全に押し切る形に思えたテイエムオオタカを差し切ってくれました。

厩舎ランクは1着率も含めての計算をしているので、ほぼ勝ちきれないランクの石栗厩舎:テイエムオオタカに対して、勝率期待値最高ランクの安田厩舎:カレンチャンが勝ってくれたことは大きな事実です。
枠順確定前の予想でしたが、最高ランクの厩舎の実力を見せつけた結果になったと思います。

 

○印以下の馬に関しては、上位ランクの馬が数少なく、チョイスが難しい形でした。
また、当日の枠順・56kgが不利な条件などさまざまな敗因もあるだけに、今回は省略します。

テイエムオオタカの評価を下げた理由は、厩舎が最低ランクだったこと。
前回のレコードタイム押し切りは評価すべき内容ではあったものの、ランクの低い厩舎の馬は、相手が強化されたり、前回より厳しい展開になっても踏ん張れる中身が出来ていないという解釈をしているので、「格上げ戦に対して気後れする=重賞への格上挑戦は消しパターン」としています。
今回はメンバーがフルゲートになりませんでしたし、絶好の枠を引いて、同型逃げ馬が外に追いやられる形に。その中で、もう一度自分の力を最大限発揮できたということです。
しかし、これでも勝ちきれないのがランク下位の厩舎の宿命かと。


ラジオNIKKEI賞
n11
1着 ○10.フレールジャック
2着 △7.マイネルラクリマ
3着 ◎2.カフナ

8着 ▲4.フルアクセル
中止 △8.プランスデトワール

枠順確定前に◎○とした2頭が直前は1・2番人気に。
週中の情報だと△がポツポツつく程度でしかなかったフレールジャックが、当日ここまで人気するとは思っていませんでした。
しかし結果的には、世間が「この馬は好走する条件が揃っている」と人気を集めた対象が、素直に力を発揮しました。
レース内容そのものは、非常に大きなアクシデントがあり、それによって影響を受けた馬もいたので、一概に上位の実力をそのまま測って良いのかどうか悩ましい所ですが。

個人的には、当日は最高ランク厩舎所属のカフナ&フルアクセルが勝ちきる展開に期待したんですが、柴田善臣騎手は痛恨の出遅れ。中山の内回り1800mで、1コーナーを回る時には11番手でした。レース上がり1位を記録しつつの3着は非常に残念です。
柴田善臣騎手は、この中山開催3週間で36戦してたった1勝。乗り替わりで凡走・出遅れ率も高いようで、今週もその悪い流れが変わりませんでした。
木曜日の時点では、前2週のみでデータ量が少なかったですし、また今週は3勝するぐらいのチャンスがあると思っていたので、調子も持ち直すだろうと考えて信用したのですが…。
しかし、後手を踏んだにせよ馬券圏内にまで押し上げたのは馬の実力ありき。ある程度悪くない印だったのでは、と思っています。

フレールジャックは、レースを経るごとに友道厩舎のムードが高まってきているという背景持ち。
自分は、厩舎が特に手を掛けずとも、馬単体の実力だけで重賞を勝ちきるような図抜けた才能というのは、あり得ないと思っています。
その馬に素質があることはもちろんですが、厩舎の下級条件の馬も勝ち負けできる下支えがあった上で、またさらに高いレベルの馬に見合う質の高い調教を積んでこそ、上のクラスで通用する馬が厩舎から輩出されると言う流れがあると言うのが持論。下のクラスで通用しない調教は、上のクラスでも通用しません。
また、短期間で急激に勝ち星数が上昇して、高ランクに仲間入りしたと言う厩舎のムードは、何か新しい手法をここ最近取り入れたか方針を転換し、今まで勝ち切れなかった馬がことごとく勝ち負けできるようになるほどの大きな影響があったということ。
友道厩舎には、重賞の壁を越えてもおかしくないほどの、データ的に証明可能な勢いがあったというわけです。

今週はプロキオンSと七夕賞があります。厩舎ランク的には昨年はどうだったかといいますと、
プロキオンS
procyon

七夕賞
tanabata

どちらも勝ち馬は「ピンク」と厩舎ランクトップで決まっています。