土曜日の「高ランク」馬リスト
競馬場馬番馬名走前Rレベル当時の着順人気
函館116エドノヤマト1A112.5
函館116エドノヤマト2A112.5
函館1210オースミレジスタ1A147.1
中山1010ウィルパワー3A124.5
京都99オーシャンブルー1A158.5
京都102オペラモーヴ2S136.8
京都1117ピースピース1A1831.9

先週同様に、近走で1着した「S」「A」ランク馬のリストです。
大体の使い方はここでとりあげました。ついでに軽く回顧もやりました。

オペラモーヴは前走勝ち上がり、ウィルパワーもその後勝ち上がって今回休み明け。
なので実際馬券的に買えそうなのは、京都9Rのオーシャンブルーくらいしかいなさそうです。
けれども、ピースピースが出てくるとなれば、前回の雪辱を果たしたいところ。


7月2日 丹後半島特別
k10
指数も高く、単勝オッズ1倍台のマジンプロスパーがとんでもうたレースです。
予想展開図を改めて見ると、ちょっとオッズの割にはぶち抜け方が足り無かったかとおもわれます。

今回の京都11RジュライS も、上記のような構成になっております。
まずは「展開図」。
tenkai
ほぼ2頭。良い感じのスカスカ具合。これだけ離していれば、さすがに大丈夫でしょう。 

・ピースピース
 peace
前走を勝って、自力で「A」を叩き出しました。

しかしながら残念な事に、人気の無い方のエイシン(と言っても2番人気)エイシンリターンズが実は
eisin
 前走2着ながらも「A」なんです。しかも勝ち馬のエアラフォンよりも、IDMでは1高い65をマーク。

「展開」タブも確認しておきます。
 k11
ホワイティ・リターンズ・ピースピース。この3頭はしっかりと「各位置取りトップ」をキープしていますね。カイシュウボナンザ、チャームポットの2頭も、一応チェックしておきます。

マジンプロスパーは掛かって凡走してしまいましたが、ホワイティだったら大丈夫。しかも展開図でも、3着以下はぶっちぎり。
で、これは普通に買うと確実に配当不足です。
リターンズとピースピース、この2頭の「A」馬はオッズほど差があるのかどうか考えて見ましょう。5倍程度違うのであれば、5回に4回はリターンズが先着しなければなりません。
エイシンリターンズは、
・「追い切り指数」が昨年のローズS以来の50台。年明け以来初めて「仕上がり指数」が70を下回りました。
・1400mは未勝利戦で1回2着しただけ。後は全てマイル以上
・6枠以降で連対した事なし。良績は内枠に。
・ユートピアSを勝った時には、「厩舎ランク」1番手のピンク。今回は下位ランクまで下がっている。
・蹄タイプが「小標起」と、起き気味で今の馬場にマッチしていない可能性がある。
よし、5こ挙げた。1個でもハマッたらピースピースに負ける確率は20%回ずつ上がるかも。
そして、このブログが始まってから僕の方針は一貫しておりまして、オッズほどの差が無いと思うのであれば、人気の無い方を選択します。

できました。
◎エーシンホワイティ
○ピースピース
・カイシュウボナンザ
・チャームポット
・エイシンリターンズ

3連単であれば、買えるオッズだと思います。