rankstitle JRDVにある「京介」タブ
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。


特に重賞などの高条件でのレースで威力を発揮します。
ここでは毎週メインレースを対象に紹介していく予定。

クイーンS

queen

ブロードストリート藤原英昭
・前回も厩舎ランクが上昇+追い切り内容強化で好走、と言うパターンを踏んだが、今回も同様に厩舎ランクが上昇し、直前の函館でもビッシリ追い切っている。
・初の札幌コースも準備は万端で馬の調子も上がっている。
・内枠を引くとほぼ掲示板を外した事がなく、馬込みで苦労しない根性キャラ。
・元々藤田騎手のお手馬で手替わりは問題ない。

カウアイレーン和田正道
・厩舎ランクで今回のメンバーと比較するとまだ下の方の和田厩舎だが、厩舎ランクが急上昇。
 →新潟開催の序盤で勝ち星を重ね、短期間で灰色→紫色→青色→白へと3段階も一気にランクアップ。
・早くから札幌入りして滞在調整だが、直前の追い切り内容が抜群。
・この馬の最高実績:昨年同レースで3着。厩舎のムードも高まってる上に、このベスト条件へ向けて万全の調整で今回臨んできたと見える。


北九州記念

kitakyusyu

スズカコーズウェイ橋田満
・半年の休養の間に厩舎ランクが急上昇しており、今回は橋田厩舎のランクがメンバー中1位。
・今回はやたらと逃げ&先行脚質の馬が揃っていて、追い込み馬に流れが向きそう。
・この馬とのコンビで合計5勝を挙げ、一番この馬のことを分かっている武豊騎手が久々にスイッチ。
・中間の乗り込み量も豊富で、時計を出した本数も多い。いきなりからでも動ける仕上げ。

タマモナイスプレイ南井克巳
・前走は厩舎ランクの上昇とともに追い切り内容を強化しての勝利。今回も同水準の調教内容。
・渡辺騎手がこの馬に乗った近6走、全て0.4秒差&5着以内。非常にこの馬との相性が良い。今の厩舎の勢いを背景とするなら、今回の57㎏もあまり苦労しないのでは。
・2走前のCBC賞は、当時まだ南井厩舎のランクも低く、休み明けでの挑戦。
 その不利なローテながらも、あのレベル高いレースで0.2秒差に食らい付けた。
 今シーズンがかなり絶好調だと見ても良さそうだ。


この見解は木曜日時点でのものです。前日予想はJRDBの会員コラムでご確認ください。