京都金杯 過去成績

既にハイブリッド競馬新聞の想定版はアップされております。
データもほぼ入っているので大体の予想は出来ると思う。
この時点で、ここまで揃っているのって・・・やっぱり便利ですね。

ゴドルフィン!

枠次第なレースではあるけれども、今年期待のゴドルフィン、ドーヴァーはまずまずの感。
確定版では変わるかもですが、 t5
推定後半3ハロン3位と、このレースで好走するのための条件は1つクリア。
前走は休み明けでの勝利で、反動が・・・?の心配も大丈夫そうです。
今回は中5週。
中間の追い切り本数は3本。
つまり、間に「外厩」に出しておりますね。
先週は南Wで46の追い切り指数を出して、当週は27とやや軽目。
これは前回と同じパターン。

Target用データパック

他の馬を考える前に、いつものこれを。
ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んでいると、過去の重賞の傾向も印で把握しやすいですね。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

中山金杯もそうですが、ここでもステイゴールド優秀。
特に、牝馬で来ているので同産駒しかおりません。
印ではやはり「(推定3ハロン)後半」上位が中心。
無印では「前半」▲以上が基準となるライン。
人気馬にはなりますが、HB・前半・後半の3つ入りも連対は外しておらず。


池江厩舎+川田将雅騎手

以前Twitterで紹介した組み合わせ。
池江泰寿厩舎は2頭出しで、ソーグリッタリングに川田将雅騎手。
t6
ハイブリッドのビューワで見ると。
t3
今週は重賞2頭、OP特別に1頭しか出さないとは・・・高額条件馬ばっかりの厩舎も、それはそれで大変ですねぇ。
今週データの中で赤枠の部分、騎手名の川田将雅騎手をクリックすると、下段には同騎手の成績のみでフィルタリングされます。
期間は約1年。

・・・恐ろしい安定感。
1番下には着同数と勝率・連対率・複勝率、単勝・複勝回収もフィルタに合わせて変化します。
これで見ると連対率は50%超えで、それでいて、回収率も悪く無い。
ド人気馬ばっかりじゃ無いのにね。

ソーグリッタリングはステイゴールド産駒で、前半・後半5位以内のW。
後は・・・HB印さえ入れば、というところ。
このレースでは人気馬で安定パターンに該当です。
この2走はドーヴァー、テリトーリアルと連続してゴドルフィンに負けているのも個人的には有り難い。

推定前半3ハロン上位からは

t4
昇級初戦の2頭。
前走の「詰脚」は「黄色(オレンジ)+赤」の1クラス上の勝ち方でのもの。
実際どちらも「レースレベル」は「A」です。
レッドヴェイロンが勝った紅葉S自体も結構レベルは高かったはず。

モズダディーはC・ルメール騎手からの乗り替わりで・・・え?ホント大丈夫??????
と心配するかもですが、酒井学騎手は地味に京都の芝では複勝率は20%近くあって、まあ普通のレベルは保っております。
そして藤岡厩舎では17回騎乗して複勝率は41%アリ。
鞍上の比較ではモズダディーの方が上ですね。
後は、やはり・・・枠次第になってしまうのだけれども。

中山金杯の方は・・・任せた!
→ 【想定版HB新聞】中山金杯