明日の競馬 1/5

明日の分の新聞作成も終了。
これくらいの時間に終わると、午後は競馬が出来ますね。
今日は高知も無いし、というか、地方競馬は年末・年始頑張ったのでどこもお休みです。

3ハロンシートは午前中の分の結果を入れて更新してあります。
t1
そして今中山5Rが終了。本日初の芝です。
HBリストで見ると。
t2

外国人騎手のワンツー。
O・マーフィー騎手、ダートよりも芝ですねぇ。連勝だけれども。
勝ち馬はレースで唯一のHB指数基準越え。「推定」後半3ハロン1位。
2着にもHB指数上位で1ブロック目にいた5・アンサンブルでS・フォーリー騎手。
3着には「推定」前半3ハロン1位、同じくHBリストでは1ブロック目の3番手8・マイネルデステリョ。
7Rも同じように狙ってみましょうか。

京都の方は先ほどにアップした通り。


こちらもHBリスト上位の決着ですね。
留意しておくべきは推定前半3ハロン上位。
これは指数的に足り無くても2位辺りまでは拾っておく。

5Rの芝のレースが終了。
前がバタバタ止まって、後ろからの馬とガラッと入れ替わり。
3歳未勝利なのでメンバーが弱いだけ・・・とい可能性もありますが、結構時計は掛かっております。
次が新馬、そして恒例のThe小頭数・福寿草特別なので、本日は金杯以外は芝はやらない方が良さそうです。
ちなみに、この新馬もそうですが、京都は騎手・厩舎成績が新聞で赤文字が人気薄でもよく来ておりますね。
t3

京都の7Rは・・・地方帰りばっかり。
でも、園田からの馬ならば1400mで1:30秒は切っていないとキツイです。
印が揃っている6・ルクスムンディーは騎手・厩舎成績でも赤文字。
7・8の外枠には推定前半・後半1位を含めて買えそうな馬は揃っておりますね。
t4
枠連でも良いかな。 t5


中山10Rは指数の下位まで差がありません。
今日の傾向は。
t7
「詰脚」的には「黄色・赤」、これが勝ち馬。
後3F地点で前にいて最後も脚を使える馬です。
1レースにつき1頭しかおらず・・・。
前で粘り込み、というのは厳しくて、それよりかは控えてチョイ脚を使う方が上。

10Rだとここらが対象馬。

t6

印が揃っているのが、大外枠は嫌ですが、隣に息子がいるなら頑張るパパ横山典弘騎手。
8・ビリーバー期待でこんな。
t8
横山典弘騎手・・・直線は息子が安全圏になるまで待ってた疑惑。
それでも芝はHBリストで上位の馬中心でOKですね。
なのでメインの金杯は。