ようやく3日目、最終日です。
流石に・・・ダレてきましたよね。明日はちょっと楽をしましょう。
そんな時に便利なのが「HBリスト」。
日曜日の結果だとこんなです。
t1
ハイブリッド指数順に左から並べただけの非常にシンプルな物。
ではあるけれど、それだけで充分使える便利なシートです。
載っているデータも、

・馬番
・騎手名 1番人気想定は背景色黒、2~3番人気時は四角囲み
・「推定」前後半3ハロン順 6番手まで丸囲みの数字で表記。左が前半、右が後半の順位

これだけです。
6頭ずつの区分けで、左から1ブロック目、2ブロック目・・・と区切ってあり、その間の数字はトップとのハイブリッド指数の差。
この値が小さいほど下位まで指数接戦という目安。

上記の成績入りは、1着が赤、2着が青、3着が緑で塗ってあります。
やはり1ブロック目に着順上位が集中しておりますね。
2ブロック目以降だと、前後半の順が上位の馬や2つ入りが殆ど。

明日、月曜の分は以下のリンクにてPDFファイルで公開してます。

HBリスト


京都は久保君がコラムで数レース取り上げているので、ここでは中山を見てみましょうか。
t2

1番左の馬がHB印◎となります。
日曜日の結果を見ても分かるように、なかなか崩れず馬券圏内。
「あまり考えず」つまり「予想に手間を掛けず」に軸馬を選択するのであれば、半分自動でも良いレベル。
1~3頭目、というか1・2頭の2択からのスタートでも良いでしょう。

午前中のダート未勝利はHB◎は強いすごく強い

ので、そこから買っていれば大体OK。
たまに嫌うべき騎手もいますけれども・・・。
馬券は3連複で良いですね。2列目を拾う作業に集中してください。

中山1R 3・スズカキングボス

HB◎の力がどんなものか?というと、あの内田博幸騎手でさえこんな成績です。


内田博幸騎手+HB◎+中山ダート未勝利
t3
5-5-3-1 (35.7-71.4-92.9) [80/116]
1着数-2着数-3着数-着外数 (勝率-連対率-複勝率) [単回収/複勝回収]

最近はホント・・・一体何してるの?何がしたいの?の騎乗ばかりで成績もガタガタな同騎手ですが、この条件の馬に乗れば1年分を見ても複勝率は90%あります。
明日、これを飛ばすようだと・・・もう引退の文字が見えてきてもおかしくないなと。

中山2R 6・アイアムイチリュウ

1番手は16・バーナードループのC・ルメール騎手ですが、前回挙げたように年始はスロースターター。
でも重賞は勝つ。
な騎手です。
ここは配当の期待も込みで2番手の横山典弘騎手から。
なにせ、最近の横山典弘騎手はチャンスある馬は普通に乗ってくれます。
むしろダートはやる気がありすぎて逆に怖い、引くレベル。
例えば、

横山典弘騎手+中山ダート+HB印▲以上
t4
6-7-7-9(20.7-44.8-69.0) [122/131]
1着数-2着数-3着数-着外数 (勝率-連対率-複勝率) [単回収/複勝回収]

数字自体も悪くないけれども、昨年の秋からのふざけた事して無いです。
ポツンやってもちゃんと持ってきたりです。
たまーに、何もしない事もあるけれども、それもこの舞台では暫く見ませんね。


中山3R 5・ミスターサンド

田辺裕信騎手をちょと前に見ましたが、今年の初勝利はここだと思っておりました。
なにせ、3種の神器が揃っているので。
いまさら説明は不要でしょうけれども・・・。

田辺裕信騎手+栗田徹厩舎+山口功一郎氏
t5
9-1-3-3(56.3-62.5-81.3) [236/144]
1着数-2着数-3着数-着外数 (勝率-連対率-複勝率) [単回収/複勝回収]

こんな成績に加えて、未勝利ダートのHB◎です。


中山5R 2・レッドルレーヴ

これは定番のやつですね。

C・ルメール騎手+藤沢和雄厩舎+ノーザンF
t6
16-11-5-14 (34.8-58.7-69.6) [102/98]
1着数-2着数-3着数-着外数 (勝率-連対率-複勝率) [単回収/複勝回収]

特に新馬・未勝利だと昨年の4/20の東京時のみしか馬券圏内を外しておりません。
約1年分見ての結果なので、信頼度は高いかと。
ただし。
「レッド」馬って意外と地雷の時は多めな感。
会員の方には申し訳ないのですけれども・・・。


お昼くらいまでだと上記のようになります。
1頭決まるだけで、それが人気だろうが結構馬券は楽になると思うので、午後になって目が覚めるまでは楽してみてくださいな。