kyosukemunch質問という外部刺激を受ける度に京介先生は成長していくのです。
何かを聞かれる事は彼の大好物。

不定期ながらも今後も続けていく予定です。
もし何か疑問があるのであれば、コメント欄やメールにてよろしくお願いします。
「京介先生、質問してあげてもいいですよ」という気持ちでどうぞ。



lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。

騎手・厩舎・馬主などの人間関係と勝負パターン

Q: ユキのパパ  さんよりの質問

予想する際、騎手・厩舎・馬主などの人間関係も大事なファクターとなると思いますが、その辺りはどうお考えですか?
リーディング上位の厩舎ほど確実性が高い「勝負パターン」を持っているような気がします。
その「勝負パターン」は、
①ローテ(休み明け○戦目)
②乗り替り(もしくは連続騎乗)
③調教
④適正(以前勝ったコースを使う)
の4つのファクターがあると思うのですが、如何でしょうか?
もし、他に何かありましたらご教授ください。

A:

まず、業界内や厩舎に入りこんで実際の付き合いや関係を精査できない以上、人間関係をファクターにした予想は、基本的には「根拠や発想が他人の意見のまた聞き」にしかならず、検証も「統計の後追い」にしかならないというのに気付いて欲しいんですよ。
厩舎や馬主を因子や要素としてみなし、組み合わせで好走確率を高める分析しようという考え方そのものが、そもそも主体である競馬を無視してますし、同時に出走している相手よりも優位に立つ根拠を失っています。
実際はそういう調べ方が、好走確率を「高める」根拠を探せないからですよ。
また、目の前のレースで馬券を当てるためにそのファクターを利用しようとしても、(当日勝負気配だぞとそのタイミングだけ知った)関係者票のオッズパワーに負けちゃって、期待値がすり減ってしまうのもかなり問題です。

それよりは、馬が対応力の幅を広げていたり、端的に昔より強くなったということを知る方が、目の前のレースを勝つ確率も高まりますし、同時に世間の裏を取れるチャンスを常に狙う行動にもなると思うんですよ。

厩舎にその馬主ルートを通じて、今後いい馬が入るかどうかの推測をする上で、人間関係の好走機会を中期的に調べるのは有効だとは思いますよ?
しかし、それらが大事な要素だと気付いたうえで、「馬券で有効に扱う手段となりうるか」を考えると、自分の立ち位置で上手く使える道具だとは思えません。
誰がどういう強い情報を持っていて、どういった対象に大きくお金を賭けるのか、自分はどうやったらそれの裏を取れるのか。それをもっと意識しないといけませんよね。

さらに、リーディング上位厩舎は、勝負パターンでビシッと決める確率が高いわけではなく、「馬を強化させてるので、次走どの場面/番組に使っても勝てる確率が高い」「馬の弱点を克服させて使う判断が的確」「鍛錬が凄いので多少無理した競馬をしてもあと一押しが効く」って言う要素が大きいと思うんです。
ローテーションというよりは、前回掲示板内に好走している頻度が高いので、馬本位でローテを決められる優位があって計画通りの仕上げが効く。
乗り替わりや連続騎乗というよりは、騎手の都合に合わせて番組を選択しても、B級メンバーを相手にするぐらいなら楽に勝てる馬を作っている
そういった考えの方が自分はスッと入ります。
調教の勝負パターンは、次の出走レースが確定していて、さらにそこに確実に出られる前提があってこそ
その前提をちゃんと用意できている状況ってどんなもの?と考えると、結局はクラス能力上位の馬を抱えている上位厩舎の方が多いわけですよ。
一応他の人が厩舎の勝負パターン調教をまとめた本など出していますから、それを参照すればいいと思います。
適性はまあ言うまでもないですね。

挙げてもらった要素以外で、関係者の「ここ勝負」と思ってる気配を見るポイントとしては、「明らかに弱い相手を狙った番組選び」を挙げておきましょう。
条件戦は、全国どこのレースを勝ったとしても賞金は一律です。しかし、出走頭数や出走している馬のレベルは、全国のレースで一律では決してありません。
10頭立て以下の少頭数の番組ばかりで、滞在で出来のいい馬皆無だった、2回札幌に敢えて遠征しに行く。
あるいは、超高速スピード馬場で全く付いて行けなかった馬を、時計の掛かる馬場で行われる条件に向かわせる。
レースの結果をその場の運に任せっぱなしにせず、関係者が目的を持ってそのレースに出したという裏がハッキリわかるパターンに注目して見て下さい。