kyosukemunch質問という外部刺激を受ける度に京介先生は成長していくのです。
何かを聞かれる事は彼の大好物。

不定期ながらも今後も続けていく予定です。
もし何か疑問があるのであれば、コメント欄やメールにてよろしくお願いします。
「京介先生、質問してあげてもいいですよ」という気持ちでどうぞ。



lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。

厩舎ランク予想の捉え方

Q: 疑問 さんよりの質問

以前の回答を受けての質問です。
>>業界内や厩舎に入りこんで実際の付き合いや関係を精査できない以上、人間関係をファクターにした予想は、基本的には「根拠や発想が他人の意見のまた聞き」にしかならず、検証も「統計の後追い」にしかならないというのに気付いて欲しいんですよ。
厩舎や馬主を因子や要素としてみなし、組み合わせで好走確率を高める分析しようという考え方そのものが、そもそも主体である競馬を無視してますし、同時に出走している相手よりも優位に立つ根拠を失っています。

この部分、京介さんが推してる厩舎ランク予想にそのまま当てはまるように思えますが。
捉え方が違うのでしょうか。

A:

疑問さんの、引用の前半部分から。
そういえば、いつも予想を載せている記事のテンプレにある、厩舎ランクの概要ページでは説明してませんでしたね。
厩舎ランクがデータとして優秀なのは、そのデータに「回帰性」があるからです。
厩舎がレースで勝ち負けしたことがその場面でだけで終わらず、今後のレースにも「勝ち負けしたスキル」が生きるというということが、そのレースの賞金によって担保されると言う背景があるんですね。
世代によって流行がある好走血統データや、その開催のトラックバイアスにやたらと左右されるローテ+距離経験データは、次回の同馬の好走担保してはくれません。
そう言うタイプのデータと違って、厩舎ランクのデータは、勝ちスキルのある厩舎にグングン勢いがつき、勝ち負けのシーンを落としてばかりで失速傾向のある厩舎はどんどん馬に衰えが出るというのがちゃんと出てくれるんですよ。
過去の勝ち負けデータを追って行って、今までやったことがない・あるいはその馬が勝てたことがない、重賞やG1での好走を保証できるような性質は、統計の後追いとは言わないと思います

しかし、馬主と馬・騎手の組み合わせは、どちらかというとその馬主が常に良い馬を選べているのか、あるいはこれからやるレースに、騎手のコース実績があるかどうかに大いに結果が左右されると思うんです。
この馬主とこの騎手の組み合わせなら連対100%なんて言うデータも、大抵は5回どころではない機会3回以下で効力を失いますし、10回~20回と機会が増えるとほとんど連対率3割以下に均されます。
試行回数が増えて、相手が強化された場面でのレースや、1000~1200m短距離or2200m以上の長距離、または重賞以上という条件が取り込まれると、とたんに安定感をなくすのがこう言うデータの質だと思います。

疑問さんは「厩舎や馬主を因子や要素としてみなし」の部分にちょっと引っ張られたのかもしれませんが、「組み合わせで好走確率を高める分析」の方が、自分が否定したかった部分です。


初心者でもパドックでチェックできるようなファクターは?

Q: まちゃあき さんよりの質問

パドックでさまざまな視点からファクターのチェックをされてると思いますが、歩様やイレ込み、蹄鉄、馬体重など最も重視されてるファクターはなんでしょうか? 
私みたいな凡人にでもパドックでチェックできるようなファクターはあるのでしょうか?

A:

自分が最も重視しているのは体型と歩様ですね。いろんな意味も含めて一言にまとめれば。
しかし、それも毎日毎週長年パドックの最前列で見ていたから深く知れて、勝ち負けに繋がるポイントをわかる部分も多いわけで、これからパドック見てみようと言う人に要点を、と言われると、正直悩みますね。
とりあえずパドックの様子を、テレビではなくご自分の目で、全馬1周分見てもらうだけでも全然違うんですよ。
そして、ポイントとなるモノを教えようと思っても、「平凡なものと特別なものはこのように違う」というベースを、まずいろいろ覚えてもらわないといけません。

そしてその手前の話になるんですが、オープン馬と未勝利馬の馬体の違いを意識することも重要ですが、馬を見比べてその差を記録して残すための準備をいろいろしてみてください。
馬を見て全体像を捉えられる、あるいは前後2頭の馬を見比べて比較をするのに十分な、自分が得意な立ち位置の距離感を掴んでおく。
馬のちょっとした変化や気になる部分をメモに実際に残してみたり、あるいはそういったメモ材として何が適切なのか用意して使ってみる。
馬のことを云々論ずる前に、初めてパドックで馬を見て、気になった事をスラスラその場で残せる人自体がそもそもいないんです。
その場で閃いた直感を、単に馬番に○付けるだけで終わらすのではなく、過去数百頭(その週の全レースの出走馬でもいいです)と比べて明確に違うこの馬のポイントがここだと記録する、そういう準備を作っておいてください。

ちょっと質問の意図とは違う答になりましたが、パドックを見るだけでなく何かを残す。その意識になるだけでも実際に違いますからね。