関東は東京開催がスタート。
O・マーフィー騎手は今週が最後ですね。
同騎手がいなくなったら・・・酷い事になりそう。
明日はC・ルメール騎手は東京で、武豊騎手も同じく。
3人ちゃんと騎手がいれば、常識的な範囲には収まりそう。

京都は2回京都となって、芝はA→Bコースへと変わります。
前開催時は芝だと2・3枠の成績が相当良かったので、また内目の枠有利はありそう。
狙い方は変わらなそうです。
人気の川田将雅はいるし、チョイ人気薄の松山弘平騎手もいる。
福永祐一騎手はイマイチなまま。
その下の方だと、松田大作、和田竜二騎手が内枠で、ってところですね。
2つくらいずつ馬券圏内の想定。
A・シュタルケ騎手は、1~3勝クラスで長めの距離とNF絡みの馬なら。
未勝利やOPだと・・・何しているんだか分かりません。

小倉には幸英明騎手が登場。
今の勢いなら期待は出来そう。
それでもベースは、横山武史、西村淳也騎手で、芝の丹内祐次騎手と覚えておきましょう。


開催ビューワ

さて、せっかくテスト中なのでそれを使いながら・・・。
前回説明した、騎手・厩舎のビューワ。
騎手・厩舎ビューワ

の、別バージョン。

1開催の成績を丸ごと分析する用のやつ。
開催ビューワ、とでも呼んでおきます。
成績をアレコレ見るくらいには使えるようにしておきました。
昨年の1回東京だと。
→ コチラ

とりあえずの1開催分です。
ハードのスペックが許す限り、いくらでもデータは増やす事は出来る。
し、
コレ今回の出走分と合わせて見られるように(多分する)なれば、もっと使い勝手はよくなりますね。
僕が以前某所で作っていたビューワより楽しみ。
今後1年くらいかけて、ここらは色々やっています。

もっと詳しく分析をしたい方であれば、Target用のデータパックをお使いくださいませ。
ハイブリッド競馬新聞データパック

HBリストと合わせて使ってみましょうか。
「推定」3ハロンに関しては久保君のツイートの通り。



そしてHBリストと言えば、まずはHB印(ハイブリッド指数印)1位の◎ですよね。

t2

HB印◎でフィルタリングして、ダートを選択。
ヘッダ部分の「4」で4角の通過順に並び替えて、4番手以降を「選択行以下を削除」で消す。
東京と言えば差し・追い込み、ではありますがHB印◎と、能力がある馬ならばしっかり前で競馬をする馬の方が優秀です。
安定してますよね。
これで着度数は
9-3-3-5 (45.0-60.0-75.0) [163/113]

上の画像は更にそこから「番」(馬番)を選択で馬番順に並び替え。
枠も重要ですが、奇数・偶数ゲートで見るのも大事です。
このフィルタだと、偶数馬番の方が成績が良いのが分かるかと。

芝も似たような傾向です。
HBリストとこれだけで、まずは1頭決める事が出来ますね。
HBリスト 2/1

実際にやってみましょ。


東京1R

東京1Rはダート1300m。
HBリストでは
t5

この下級条件でしか行われない距離で、更に未勝利戦だと・・・明確に来る来ないの基準があります。
t6

せめて4角で前に取り付いていないとアカン。
5番手以内が目安で、後差では「黄色」。
そこから勝つためには「詰脚」で「緑」以上の脚が必要となる。
4角でここよりも後ろからだと、未勝利戦ではカナリ無理。
アノ武士沢友治騎手でさえ先行しちゃうコースなんです。

青線の3頭は「HB」無印で来た馬達。
どれも偶数馬番ですよね。
東京は1600mまでだとワンターンになるので、理由は不明も、奇数・偶数ゲートで差が出る感。

リストの1番左、HB印◎は14・コーラルティアラ。
デビューして2戦連続出遅れ。
(通過順の最初のマスが白黒反転表記)

t2
前走も後方からで、何とか「詰脚」で「赤」を出し間に合わせました。
予想1番人気にしては、ちょっと危なっかしいですね。
おっと、大事な事を言い忘れておりましが・・・鞍上は横山典弘騎手。
中山では凄く真面目に騎乗していた同騎手ですが、東京に変わってポッツーンやからす疑惑はまだある。

次順は2・クリアミッション。
前半2位で、内枠、2番ゲートで前には行けそう。
前走の「詰脚」パターンも「黄色・緑」と優等生のソレです。

t3
他にこの形を出せた馬もおらず。
おっと、大事な事を言い忘れておりましが・・・鞍上は大庭和弥騎手。
大庭和弥騎手です。間違いなく。
もしかすると、平地でここまで人気するのは明日が最初で最後かも知らん。
この1年ほどでMAXの人気が9番人気ですからね。
同騎手から平地の馬券を買うラストチャンスの可能性。(まだ2月1日だけれども)

後は前行きそうな馬と偶数ゲート他諸々で・・・。
▲10・ユタカサン
▲12・ローズオブロンシャン
〇2・クリアミッション
注5・バーンパッション
△4・コルリニア
△14・コーラルティアラ
△3・ストームファルコン
△1・エストラード

もし大庭和弥騎手が来た時に相手抜けは嫌なので広めに。
5・バーンパッションは、鞍上の大野拓弥騎手が・・・名前が似ているのもあるけれど、この開催はダートでHB印入りなら全押さえの方針なので。
時間が余裕があってパドックまで見られるのであれば、初ダートの2頭、9・11は見ておいた方が良いと思います。


東京4R

1勝クラスの1600mは、まあまあ荒れるところ。
人気馬は3着辺りに沈んで、中位人気がよく勝ち切ります。
人気で勝つなら・・・単勝1倍台の馬で。

HBリスト
t2
HB印◎は8・ケンシンコウで丸山元気騎手。
前後半1位と強烈なオプションもある。
ある・・・けれども…丸山元気騎手は東京ダート勝てません!
昨年はたったの2勝のみでその2頭はNF+シルク・キャロット馬。
今回のケンシンコウとは違いますよね。

HB指数〇は7・ニシノレオニダスで松岡正海騎手。
鞍上だけで人気にならないけど、指数上位の時は人気なんて関係無いです。異常にきますね。
t3

HB▲は9・ロンゴノットでゴドルフィン+武豊騎手。
関西のダートでは安心安定の武豊騎手ですが、東京だともっと極端です。
HB印入りの馬の成績は
t4
画像が大きくなってしまうけど、分かり易いように全部載せてみた。
人気でバッサリ行ける。
東京ダートの武豊騎手に限っては、このオッズなら美味しい!とかありません。
そんな馬は来ない。

他で人気しそうなのは1・サンライズラボール。
C・ルメール騎手ですね。
昨年のこの開催、ダートの1枠はホントにキツかったです。
1勝クラス以上で見ると、上位に来られたのはC・ルメール騎手くらい。
今回と一緒ですね。
ただし、2番ゲートからのものでした。
そして差し馬系。
サンライズラボールとは違うタイプの馬。
しかしながら・・・このレースには「詰脚」パターンで1クラス上を出した馬が2頭。
t1

「詰脚」で「黄色・赤」での勝利。
これ力が抜けていないとなかなか出せないやつです。
その内の1頭が1・サンライズラボール。
もう1頭の11・エウロパは残念ながら鞍上が木幡巧也騎手。
前走は菅原明騎手へ乗り替わって勝った馬ですね。
今回は再び、東京のダートは100回以上走って未勝利の木幡巧也騎手へ戻ります。

馬券的には7・9の2頭軸の3連複全で1頭変なの来い!でも良いかとは思う。

▲6・ジャッジ
▲4・フリーフロー
〇9・ロンゴノット
〇7・ニシノレオニダス
△1・サンライズラボール
△8・ケンシンコウ

単系を買うなら▲の2頭の1着固定が、ありそうな所ですかね。
当日のオッズみて工夫の余地は相当ありそう。


この2以外のレースは、少なくとも特別レースまではずっとO・マーフィー騎手のターン。
そして10R以降の3つは全て芝です。
5・6Rの結果を見てからで良いかなと。

ちなみに、O・マーフィー騎手は昨年も1週だけ東京で乗って…。
t1
芝では複勝率100%を達成して帰っていきました。
僕がもうO・マーフィー騎手で良いやって思考停止になるのも納得頂けるかと。