kyosukemunch質問という外部刺激を受ける度に京介先生は成長していくのです。
何かを聞かれる事は彼の大好物。

不定期ながらも今後も続けていく予定です。
もし何か疑問があるのであれば、コメント欄やメールにてよろしくお願いします。
「京介先生、質問してあげてもいいですよ」という気持ちでどうぞ。



lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。

ハンデはどう考えていますか?

Q:K-dash さんよりの質問

京介さん初めまして。
さっそく質問ですが、斤量について教えてほしいです。
パドックで自分なりに馬体構造やテンションなどに気を付けて観ています。(今のとこ結果は・・・ですが笑)
そこで気になるんですが斤量が堪えにくい馬、ハンデ戦が得意な馬(?)や狙い目っていうのはどういう馬でしょうか?
強い馬でも斤量に弱い馬もいれば、弱くても斤量が関係ない馬もいるかと思います。
馬体重があれば斤量は堪えにくいのかなぁ、59キロ以上(特にダート)は人気でもほぼ来ないだろ、なんて勝手に思っていますがどうなんでしょう・・・
京介さんはハンデはどう考えていますか?
どちらかというとハンデ戦は広く流すことでなんとなく当たることが多いですがもうちょっと絞れればかなり有利になると思いますので…

ハンデ戦快勝→次走快勝は良いです、開花したのかも
重ハンデ惨敗→次走快勝もよくあります、前は重かったんだよね
重ハンデ勝利→ダントツ人気で定量2~3着ならどうした?
軽ハンデ惨敗→人気薄定量2~3着はも~どうしようもない笑

是非教えてください。

A:

まず、ハンデ戦がその場で行われているからハンデ戦を考えようという姿勢を改めて、ハンデ戦が行われている前提を、ちょっと調べてみるのもいいと思います。
重賞のハンデ戦(全ての距離)が行われる時期は、大体が開催後半に行われますよね。
2開催連続で行われる場合は、連続開催の後半。ローカルの単独開催の場合は、開幕週にそう言う重賞は避けて、3週目から最終週辺り。
ほとんどは、ハンデだけが荒れる要素になるのではなく、開催後半の荒れ馬場で紛れが起こる状況でしか、高額条件のハンデ戦はありません
キレイな馬場で、馬のスピード能力が全馬ストレートに出る条件では、ほとんどさせてもらえないのがハンデ戦というやつです。

また、ハンデキャッパーのハンデの決め方も、ちゃんとレースを見て「過去歴絶対」で決めていて精度も相当高くなっている分、これも逆に利用して裏を取りやすい要素でもあります。
近走で大敗を繰り返していたり、昇級初戦でレース振りに全く見せ場がなかったりした場合。また逆に、前回着差を付けて圧勝したような勝ちっぷりだった場合。
最近のハンデキャッパーは、こう言う履歴を素直に斤量に反映させる方だと思います。このレース分析の判断自体は、もうむしろ否定せずに受け入れるぐらいで良し
それに対して一線を引いて考えたいのは、その前走が終わってから近走までのこと。
この間に起こった、その馬の成長ぶりや絶好の調教などは、全く加味されてないわけじゃないですか。
一旦斤量が設定された時点で、ハンデ的に横一線と見なし、この中間に起こったポジティブな要素は、そのまま丸々上積み要素と考られませんか?

また、斤量が堪えにくい馬、ハンデ戦が得意な馬というのは、大抵ワンシーズンしか通用しないものなんですね。
最初に軽い斤量で出走してハンデ戦で好走した馬は、その次のハンデ戦で斤量が1kg2kgと大幅に増えてしまい、能力差を詰められた時にはもう体調ピークも過ぎている。
ほとんどの馬はそう言うパターンを歩みます。

強くても斤量に弱い馬、弱くても斤量が関係ない馬…。あんまりイメージできませんねえ…。強い弱いの言葉の使い方がレトリックになってるみたいで。
それよりは、57kg以上を背負ってもまだハンデG3で好走できる、ハンデキャッパーが斤量で押さえつけた能力線引きを超えて強い馬は、ハンデ戦ではもうずっと強いポジションです。そこからガツンと59kgにさせることはなかなかありませんからね。
51kg~56kgの、ハンデを軽くしてもらってる馬に関しては、一律して「斤量を譲ってもらっている」と考えた方が楽。
この水準の馬は、ハンデ戦に強いと言う考えで臨んだり、「こう言うタイプはハンデ戦で好走するキャラ」と決めつけて拾うよりも、場面とタイミングの良さで強調するモノだと思います。
アテにならない馬場設定が前提で、能力は全て斤量で拮抗の状態にされているので、今日こそ良い条件だからというのを強調すべき

ダートの場合は、上のクラスの条件に行けば行くほど、変な距離の特殊コースでしかハンデ戦はやらないので、真っ当に隊列3番手以内を計算出来る先行馬を狙い続ける。これがもう鉄板の方針です。

大体は、上のクラスのハンデ戦は、番組ローテとして移動させようがなく、毎年似たパターンで行われ、傾向が固定している場面が多いです。
ハンデ戦用の馬体の手本を持ってきて、全てのレースパターンに当て嵌めて上手く行くということは、現場の実感からもあり得ません。
当日の上積み重視の考え方と、過去歴が通用するレースにおいてはちゃんと過去の好走パターンを調べる。このことを重視しましょう。

パドック的には、相手関係を見てハンデ戦に出走してきたタイプをバッサリ軽視し、パドックから見てコース適性の合う方に可能性を見ましょう
この馬体は斤量○kgは我慢するか…みたいな考え方は、ちょっとアクロバティックで方法論として固定させるのが難しいので避けてください。