HBリスト 2/8
明日の競馬 2/8

予想通り…O・マーフィー騎手がいなくなって東京は一気に難しくなっております。
流石にこれは大丈夫だろ、という内田博幸騎手がまあ、見事に負けた。
そして、こんな1番人気のM・デムーロ騎手なんて、どうせ途中で諦めて追うのを止めるだろ、がうっかり勝利。
嫌だなあもう。
というところでのC・ルメール騎手が6R。
明日の競馬 2/8の続ですね。
現在10・リアムは1番人気。
C・ルメール騎手+ノーザンF系の条件は満たしております。
前走を見る限り、R・ムーア騎手にピッタリな馬な感。
3角前からゴリゴリ追ってようやく走ってくれるかな。

2番人気は7・ハーツシンフォニーで柴田善臣が騎乗。
これも不器用な競馬で最後に脚を見せて、距離延びれば…を買われておりますね。
気になる点はデビューから柴田善臣騎手な点。
DMM馬ですがセレクトセールで無駄に高額出して落とさないと、騎手も「外厩」もこんな扱いか。
馬を見たり、レースを見たりする方には大人気。
C・ルメール騎手からHBリストで相手は広めにしておきましょ。

t1
t2


7・8R、ここが本来M・デムーロ騎手のターン。
さっき勝ってしまったので、もう終わりの可能性もある。
ただし、1番人気が大井で圧勝繰り返してきた5・スパーダ。
そんな状況であればHB印上位の単勝でも良いかも。

t2
t1

小倉10R
東京はもう飽きた。
というか、騎手不足でイマイチですね。
どうせ同じくらい滅茶苦茶なら、小倉の方が楽しめるかも。

HBリスト
t1

本日の小倉の芝の傾向は。
t2
内枠有利で、外差しから再び、前で競馬して最後もちょっと脚を使う競馬に戻りました。
「前半」上位をプラスにとりましょ。

t3
3・5の2頭からの選択。
丹内祐次騎手は…今日はあと1つは来そう、というところで上位に。

京都11R
ダートの1900mを、今年分だけでみると。
t1

HB指数◎〇は非常に堅実で、3着を外したのは2頭のみ。
それも掲示板以内だし着差も惜しいところでのもの。
6・ロードレガリス、5・スワーヴアラミスで決まるようだと、先ほどの10Rと同じ騎手での決着。
人気の無いも1頭を期待するなら「前半」系。
そして、内目の枠の印付き。

1・カフェリュウジン、2・ローズプリンスダムは、どちらの要件も満たしておりますね。
また、何故かA・シュタルケ、S・フォーリー騎手といったB級外国人騎手も来たりします。

t3