前走「S」「A」レベルで勝った馬のリストです。
競馬場馬番馬名走前Rレベル当時の着順基準人気基準オッズ
中山61ロードナイト1S1810.9
中山1013ニシオドリーム1S156.8
中山112ローレルブレット1S1714
中山113アルフレード1S124.1
中山119ニンジャ1A115102.6
中山1112トウケイヘイロー1S1814
中山1114ヒシワイルド1A11019.5
中山128アドマイヤセプター1A113
阪神86ウィンチェスター1S158.4
阪神811インディーグラブ1A148.2
阪神813アドマイヤエレノア1S137.5
阪神101ビッグスマイル1A122.9
阪神125イッツアチャンス1A1823.8
阪神1214スズカイルマン1A112.7
小倉103ローレルクラシック1S112.9
小倉118アスカトップレディ1A126.1

意外と見ている方が多いようですので、先にリストだけ挙げておきます。
コレ、当初は3ヶ月くらいやって終わろうと思っていたのですが、もう少し続けていこうかなと。


昇級初戦を勝つ馬は、「S」「A」以上を出して昇級した馬がほとんど。
高ランク馬の使い方は色々あるのですが、1番分かり易い形として昇級馬を狙う方法押しでいきます。

上記のリストから昇級馬を選び、
・休み明けを除く
・厩舎ランク白(標準)以上
・5歳以下
・ちゃんとした騎手
という条件を満たせば、それが「不負けの昇級馬」となるわけです。

明日は頭数多いですね・・・。
ちょっと美味しい、まぁ勝つと思う、この2つを選んでみました。
・中山6R 1・ロードナイト
n6

ロードナイトは前走の初ダートを「S」で1着。

未勝利→500万で高ランク馬が一発通過をするのは、意外と厳しいので普通に勝てるとは言いづらいのですが、いくら何でもこの基準オッズは無いでしょう。
この未勝利脱出の時点でIDMは44
そして、このレースには「500万条件」で前走負けつつも高ランクになった馬が2頭います。
ハタノアブソルートとタニセンジャッキーは前走同レースに出走して2・3着。特にハタノアブソルートは500万でも「S」になる47を2着ながらもマークしております。
で、ロードナイト。 これ、未勝利で44です。どれくらい凄いかと言うと、凄く凄い。
特徴的なのは、ラスト4Fのラップ。確かに道中のペースが違うとはいえ、ロードナイトはラスト1Fが125、ハタノのレースは134。
ロードナイトは直線完全にぶっちぎった状態でのラップです。もしかすると、そこまで本気で追っていない可能性は高いはず。
ですので今回、更に指数を上げて来る事が期待出来ます。


・阪神12R 14・スズカイルマン
h12

イッツアチャンスも前走は「A」で勝ち上がりですが、厩舎ランクが「グレー」と最下位。
スズカイルマンは、厩舎ランク「オレンジ」、ローテOK、騎手OK⇒該当馬。
北海道中距離デビューで1番人気2着と、かなり期待されていた馬です。
でも未勝利を勝ったあとはパッとしないまま骨折で長期休養。その後はダートを使われたり、去勢されたりと、波乱に富んだ歩みを見せております。
そして、前走の芝→ダート替わりでは約2年ぶりの1番人気。そして、結果も1着。
前走よりもあとIDMで4程プラス出来れば、後は鞍上の腕で勝てますね。