kyosukemunch質問という外部刺激を受ける度に京介先生は成長していくのです。
何かを聞かれる事は彼の大好物。

不定期ながらも今後も続けていく予定です。
もし何か疑問があるのであれば、コメント欄やメールにてよろしくお願いします。
「京介先生、質問してあげてもいいですよ」という気持ちでどうぞ。



lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


book

競馬最強の法則4月号

今回紹介するのは、パドック相馬のプロが開発した「パドックで馬を見なくても効率のいい狙い目が導き出せる馬券術」である。提供者は、競馬予想頭脳派集団“JRDB”に所属する金子京介氏。馬券術の核となる切り口は厩舎。全開催日、全レース、パドックに立ち続ける生粋の現場派が、なぜ実際の馬を見ずに“厩舎”を軸に馬券予想するロジックを編み出したのか?ひとたびページをめくれば、その理由と、馬券術の実態が明らかになる……。

競馬最強の法則 2012年 04月号 [雑誌]
クチコミを見る

最新の厩舎ランク一覧表は → コチラ

Q:さくら さんよりの質問

まだ聞くのは随分早いのは承知ですが、中京新コースの感想を聞いてみたいですね。GIも間近ですし、よろしくお願いしますm(__)m

京介メルマガにて、同じような質問が来ており、内容が被ってしまいました。
申し訳ございませんが、前半部分のみ掲載という事でお願いします。
A:

個人的には、展開がやたら荒れていて、針が大きく振れやすいコースだなと感じました。

まだ、騎手がこのコースのツボを捉え切れていないためか、芝なのに13秒台が連続するような超スローが起きたり、ダートも12秒台が続くハイラップになったりと、レース展開にまとまった傾向がありません。

騎手の思惑一つで簡単にペースアップが起きるので、ハイペース/スローペースになりやすいとは言えないでしょう。

同時に、逃げられなかった場合は、コーナーで内側を回った方が有利というのは知られているよう。しかしそのために、コーナーで内側に殺到しようと、どのレースでも最初のコーナー手前で急に渋滞になるシーンが目立ちます。

騎手の側でも、中京の絶好ポジションがどういうものなのかいろいろ模索しているようで、ずっと後方に回るタイプと常に押して先行させるタイプとでそれぞれ主張があるようです。

ただ、間違いなく言えることは、
「コーナーで息が入りやすいので、全員が見逃しているとアッサリ逃げ切りが決まってしまうコース」だということと、
「折り合いつつ高い位置取りをキープする技術がある騎手は圧倒的に有利」ということです。