ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル 過去成績
想定版をみると

枠も決まって、オッズも出ました。
正直・・・馬券的には人気馬が来てもどれも配当は悪くないので、どう予想してどう買っても大丈夫じゃないかな。
来そう、と言われている馬達で適当に3連複買ってもプラスでしょう。
上手いこと順番通りに来て3連単当たれば尚良し。
人気薄期待で広げても、これなら耐えられる。
そんなオッズです。
ので、今年は予想自体には・・・あまり拘りは無いのだけれども。

過去5年の勝ち馬はこんな。
t1

おっしゃる通りです。
断然に内枠からで、外枠から勝ったのはストレイトガールのみ。
荒れるレースと言われているように、人気も中位人気以降からばかり。

人気上位の成績は、酷い有様です。
t2

JC勝って、大阪杯(当時はG2)で年明け初戦を3着して出てきても勝て無いレース。
ショウナンパンドラですね。
その時の2着がミッキークイーン。
勝ち馬は前年2着のストレイトガール。

カオスなレース。
今年もそれくらいのメンバー感だとは思う。

対処法としては?
・・・こんなの2パターン予想して買えば良いんじゃないの。と。
最初に書いたとおり、オッズは余裕です。
プランBまで買っても充分間に合うはず。

ハイブリッド競馬新聞は新聞以外にも、諸々ツールを用意しております。
せっかくなので、そこらを使って・・・上記のレースの文脈と共にほぼ馬を見ずにやってみましょ。
例えば昨日みたコレとか。



厩舎だけで見てもそこそこいける。


今回の人気上位は、新聞の騎手・厩舎相性でもどれも赤文字の好相性コンビ。
そしてノーザンF馬ばかりです。
陣営が今回どんな騎手を乗せてきたのか?だけでも分かる事は多いです。
単純に、どの馬に外国人をあてがったを見るだけ。
勝たせたい馬順に騎手も割り振るしね。
それは結局人気3頭なのだけれども。
秋になるともっと沢山いるので判断に迷う事もありますが、春はたったの3人です。簡単ですよね。

次に厩舎。
これはG1の成績見ればOK。全部人気順に並び替えてあります。

1・ラヴズオンリーユー 矢作芳人厩舎
t3
人気で崩れ無い。というか、ほぼ勝つ。
高松宮記念ではC・ルメール騎手は騎乗が無かったのですが、あったらどれに乗っていたのかは気になるところ。
そんなC・ルメール騎手が不在時でもM・デムーロ騎手を用意しておりました。
勝つには外国人騎手だよね、がよおおく分かっていらしゃる。
コントレイルだってR・ムーア騎手いたらそっちでしょうし。


5・プリモシーン 木村哲也厩舎
t4
微妙にチョイ足り無い。
その分、今回のD・レーン騎手で埋めてはいます。
ちゃんとNF陣営から騎手派遣されたくらには、期待されてはいます。


12・アーモンドアイ 国枝栄厩舎
t5
この1年ほどを見ると、意外と勝って無い事に気が付くはず。
その替わりに複勝率は高いですね。


16・ノームコア 萩原清厩舎
t6
昨年はD・レーン騎手を取れたのですが・・・。
G1にまで出られる馬であれば、カナリしっかりと勝たせる競馬をしてくる厩舎。
横山典弘騎手、後方ポツンは流石にやらないとは思いますが、逃げるくらいはやるかもですね。


この中から順番つけて、後はコレ。
t7
自動的に買うです。
要る・要らないの判断は不要。
変な日本語・・・。

使うデータをこれでにすれば、順番もこうかなと。

◎1・ラヴズオンリーユー
〇5・プリモシーン
▲16・ノームコア
注12・アーモンドアイ
△7・9・10・13・17

アーモンドアイが化け物級に強い・・・なんてのは、これだけでは分からないでしょ。
それが良いのかどうかは、ここでは触れない方向で。
なので考慮しなければ、枠は悪いし、厩舎もちょっとアレだし・・・でこうなる。

2・ビーチサンバや、7・ダノンファンタジーのような、ヴィクトリアマイルにピッタリなオッズの馬達を買いたいんですど!
という方も多いと思います。
うん。
それは、プランBのやつでたっぷり買いましょう。
勝手に人気が飛ぶシステムが今年も有効であれば、それくらい馬も全然来ます。
単勝と3連複ですかね。