lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


本日21時の配信の内容は、

3.今週のメインレース展望

○小倉2歳S

毎年、小倉2歳Sが行われるタイミングは、夏の小倉の連続開催の最終週。
小倉開催のリーディング争いは、このレースの前後でほとんど勝負が決まっているという場面。
そして小倉2歳Sに登場する馬は、ほとんどの馬が小倉開催中に行われている新馬戦を勝っています。
小倉の短距離が得意な早熟2歳馬を抱えている陣営からすれば、この場面で勝負するのが道理なのです。
小倉2歳Sの勝ち馬を過去に遡って調べると・・・。

・・・・
条件戦の連勝が非常に難しい小倉開催においては・・・
・・・昨年、エピセアロームは新潟2歳Sにもダブル登録していたのですが、出走したのは小倉2歳S。
マイル路線から突如矛先を変えた石坂正厩舎の選択は、小倉開催の最終週に勝ちゴマがなくなっていたためもあったと思われます。

特に、・・・厩舎は、追い切り内容からただならぬ意欲を感じ取れます。


詳細は ⇒ コチラから。


サイドバー右の「厩舎ランクリスト」にて出している上位の厩舎ランク一覧を更新いたしました。
携帯でも見られる画像に変換して公開して下さっている方がおられます。
また、「位置取りシート」も画像で公開されていますので、興味のある方はぜひ。
Twitter上で見られますのでフォローしてみて下さい。
アカウントは → 鷲_Syuu


んー、それにしても携帯版って需要あるんですかね・・・。
確かにスマートフォンのシェアは約20%程度ですので、まだまだお使いの方はいらっしゃるのでしょう。
でも、それでWEB上の情報を見ようとすると相当キツイような気がするのだけれども。
まあただ単に、今さら携帯用のページの作成作業をやりたくないという僕の言い訳だけなのかもです。

Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。
チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。