今までの同レースはこのような結果でした。
札幌2歳ステークス 過去成績・過去の位置取りシート

ただし、多分今年は上のような傾向にはならないような気がします。
過去2年では同レースは10月に行われていました。
それが今年は1ヶ月早まって9月の頭に。

短縮開催・短縮開催を続けて、まあ良くここまで縮めたものです。全然北海道使ってないじゃないですか。
開催数が少ない競馬場にも関わらず、函館は大改装済み、そして札幌も・・・。
そんなんだったら、どっちか潰して1つにすれば無駄が無いのに。
なんて事を言うと、結構ヒンシュクかもですけれども。

まあ、それはともかく今年の札幌2歳S。
敢えてダラダラいきますよ。


札幌 11R 芝 1800m 札幌2歳S・G3  14頭 9月1日
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上
最内3コディーノ34.7
6トーセンパワフル12.9
13ジェネラルグラント515.4
9アポロカーネル1141.4
7マイネルホウオウ615.9
1グランデアモーレ1026.3
5エデンロック413.7
8コスモシルバード717.6
大外11ラウンドワールド23.2
後3F地点
27193
134106


人気とIDMが離れすぎて、あまりアテにならない雰囲気。
1番人気になりそうな6・トーセンパワフルはIDM無印。その影響で展開も無印。でも情報は◎。
2歳戦特有のアンバランスさ。
同じく人気になりそうな、3・コディーノも同様。
トーセンパワフルにつきましては、実際に馬を見た人によると、まあモノが違う感じで明らかに重賞レベル。だそうです。
レースコメントでも「着差以上に強い勝ち方」と、指数では掴みきれないようですね。

また、今の札幌芝1500m以上は「位置取りシート」的は内目が有利な傾向。
IDM無印の人気馬2頭が揃って「最内」。
ラウンドワールドは人気・IDMのバランスは良いのですが「大外」。

そのまま昨年の「位置取りシート」と同じような決着になりそうですが、そうなると、配当的には面白く無いし当て甲斐も無い。
ひとまず、コスモシルバード以外の四隅の馬の3連複を1点買って、残りで遊ぼう。
DV2でも見てみましょうか。

過去2年、10月開催の時は「IDM」順に並び替えて、40で足切り。
・2011年
s112011

・2010年
s112010

例年であれば、ほぼこれで充分なのですが、今年は上記にあるようにIDM的にどうなんだろ?という疑問のある年。
サンプルにするのであれば、同じく9月に行われた2009年の札幌2歳Sでしょう。

・2009年
s112009


札幌 9R 芝 1800m 札幌2歳S・G3  14頭 2009年9月5日 良 3F前後差: +0.8
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズIDM激上着順馬番馬名(2番手)人気オッズIDM激走着順
最内13ダノンパッション12.9
414ポップコーン1133.2
5
10サトノサンダー1026.9
82ネレイス1254.2
11
5ユメノキラメキ923.2
108ブルーソックス1365.1
14
6マイネアロマ515.5
1211モズ415.1
2
大外3サンディエゴシチー34.6
1
後3F地点
461132
10145


なんだコレ。散々遠回りしたけど、結局IDM+四隅かよ(*`ω´)
つけたしのたは「パドック点」。また、足切りはIDM40という固定値ではなく10位以内。
今年は該当馬がこれっぽっち。
s11dv2

10・ロードクラヴィウスはダート1戦のみなので迷う所ではありますが、3着くらいはあるかもです。

んー、結局はトーセンパワフルが消えただけですね。
血統・素質・世間の評価を取るかデータを取るか?どっちに決めるか、というレースなんです。
無駄にダラダラやってみたけど、超普通の結論。

という事で、

「3・6・11」・「3・5・11」、この3連複2点を買って観戦するのが正解。

自分的にはあり得ん答えが出ましたわ。
ちゃんと買いますけどね。


重賞ですので、おまけの「厩舎ランク」一覧もどうぞ。
s11