lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


厩舎ランクリストを更新しました。
右サイドバー「厩舎ランクリスト」よりご覧になれます。
また、携帯用の画像は
Twitterにて、鷲_Syuuさんがアップして下さりました。
ブラウザでご覧頂けない場合はそちらを試して見て下さい。


京介の「厩舎ランク」で重賞回顧 オールカマー・神戸新聞杯
にて質問を頂きました。
コメント欄だけで終わらすのはもったいないので、こちらの記事に埋め込んでおきますね。
ぞら さんより

いつも厩舎ランク一覧を参考にさせていただいております。

今回神戸新聞杯に関してはロードアクレイムがピンク色藤原厩舎でしたので本命にできました。
追いきり指数に関してなのですが、厩舎によって最終追い切りさっと馬なりでやっているほうが自信持って送り出している証になっているところもあるので何とも言えない気がします。

特に今回のロードアクレイムを管理する藤原厩舎は最終も中間も一杯に追ってる本数が多ければ多いほど信用し辛い厩舎です(単複の回収率がかなり下がってきます)。また調教場所もCWと坂を均等に混ぜてくるので、たまたま最終追いきりCW馬なりになると指数が出にくい厩舎になってくると思います。

角居厩舎・藤原厩舎のような最終追いきり馬なりの方が回収率良くなってる厩舎に関しては、追いきり指数が出てしまっているほうが逆に調教を管理している先生がぎりぎりまで自信がない状態である可能性が高いと言えないでしょうか?

厩舎ごとの「はまる」追いきりパターンをある程度把握することでより厩舎ランク予想も変わってくるのではないでしょうか。

京介


ぞら さん

ご質問ありがとうございます。
追い切り指数はその通り、細かく厩舎を見るならば、例外扱いできる厩舎もそこそこあるのです。
ただこれは、ある程度この厩舎ランクの予想の基本に慣れてから、
上位ランクの厩舎の信頼感・納得感がこれだけあると分かったあとの、
一歩踏み込んだ使い方になると思うんですよ。

まず、厩舎ランク予想の扱い方として分かりやすくするために、
現在のレース出走直前の厩舎ランク」「過去と比べての厩舎の上昇度」そして「追い切り指数の様子、変化度」を
3つの柱として紹介し、このワンパターンでどこまで行けるものか1年間近く(それ以上になりましたかね?)回しているものです。

特に厩舎ランク予想の売りとして出したいものが、
「この馬も昔はイマイチだったものの、厩舎のランクが上がったことで、どうやら今回は能力UPがあるようだ」というのを
上記にて示した3つで捉えられるという考えです。
厩舎ランクの低い←→高いの振れ幅を重視して、馬の好走タイミングを拾うというのを主体にしたいんですね。
これはやはり、追い切り強化と連動する例が非常に多いのです。

角居厩舎や藤原英昭厩舎は、ほんと厩舎ランク予想が始まってから、かなりの間オレンジ&ピンク色に滞在している厩舎です。
そこまで実績がある馬の場合は、直前追い切りが軽めでもまあまあ問題はなかったりする例が多いです。
しかしこれは、さらに細かく見ようと思うと、「調教予想」となってしまうんですね。

あくまで「厩舎ランク予想」の範疇でいろんなものをオールマイティに解決しようと思うなら、
こう言った例は「上位ランク厩舎だから」あるいは「1週前に動いたから」で簡単にまとめようと考えています。
予想のフレームを崩してまで、例外を多数作るというようなやり方は、
「このままではアカン」というぐらい練り直しが必要と思った時にこそ、大きく見直そうと思っています。

とりあえずまだ、形が固まったと言い切るには発展途上の点が多い予想だと受け取ってもらえれば幸いです。
今回のご指摘も、見直しする際に大いに参考にさせていただきます。



本日21時発行分は・・・

2.今週気になった競馬ニュース

フェノー次走は天皇賞、コース適性を優先

これは英断でしょう。
フェノーメノ自身、東京コースの適性が高いのは事実ですが、それよりも天皇賞(秋)に出走する古馬が問題です。
昨年の天皇賞(秋)の上位馬のうち・・・


詳細は ⇒ コチラから。


3.今週のメインレース展望

大雨が降って不良馬場になる年もあり、あるいは土日ともに快晴でパンパンの良馬場になる年もあり。
スプリンターズSは、季節の変わり目で天候不順の時期に行われるG1なのですが、一つだけ大きく強調できるポイントがあります。
それは、どんな馬場状態だとしても・・・

・・・
隊列がコーナーでギュッと凝縮され、玉突き事故もしょっちゅう起こるため、安全策を取ると外を回さざるを得ませんし・・・

外国馬の場合も、控えてチャンスを窺うとマークにあって壁に包まれるので・・・


詳細は ⇒ コチラから。


Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。
チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。