「厩舎ランク一覧」

PC版
モバイル版

データ説明

過去4走成績は、→にいくほど最新。
また、背景色は当時の厩舎ランクの色。

人気はレース確定前までは「基準オッズ」の人気。

title3

厩舎1番馬のabc印は現在はPC版のみでの表示になります。


京介メルマガでは、厩舎ランクを使った推奨馬を取りあげております。
ここから1頭を挙げておきますね。

4.厩舎ランクから見る注目馬

k11


日曜京都11R
★ミッキードリーム(音無秀孝厩舎)
○黄色→橙色 上昇度4位
・京都1800mは過去パーフェクト連対、好タイム走破の記録もある得意コース
・中間の追い切りも及第点、厩舎ランクも上昇しているとあれば
・今年の上半期は、条件の合わないマイル戦ばかり使われていたので、久々に巻き返しチャンス


厩舎1番馬

「厩舎1番馬」につきましては、以下のページに概要をまとめました。
「厩舎1番馬」とは?

先週の回顧は → 京介の「厩舎1番馬」 先週の回顧

「厩舎1番馬」リスト

Rレース名馬番馬名賞金トップ連対実績在厩上位厩舎人気着順
28新潟 11魚沼ステークス   3メイショウジンムab-牧浦充徳77
28新潟 11魚沼ステークス   6ゴールデングローブ--c藤岡健一13
28新潟 11魚沼ステークス   7ヤマニンエルブab-蛯名利弘410
28新潟 11魚沼ステークス   10デルフォイ--c長浜博之51
28東京 53歳上500万下  6クラリスピンク--c柴崎勇31
28東京 9河口湖特別     7リープオブフェイス--c新開幸一119
28東京 9河口湖特別     10トキノエクセレントab-矢野照正22
28東京 9河口湖特別     12タニセンジャッキー-b-堀井雅広75
28東京 10紅葉ステークス   9エーシンミズーリ--c坂口正則35
28東京 11天皇賞(秋)・G1 1ナカヤマナイト-b-二ノ宮敬宇69
28東京 11天皇賞(秋)・G1 2シルポートab-西園正都1212
28東京 11天皇賞(秋)・G1 3ネヴァブションa--伊藤正徳1714
28東京 11天皇賞(秋)・G1 6ルーラーシップab-角居勝彦23
28東京 11天皇賞(秋)・G1 7アーネストリーab-佐々木晶三1311
28東京 11天皇賞(秋)・G1 8ジャガーメイルa--堀宣行167
28東京 11天皇賞(秋)・G1 9ダイワファルコン-b-上原博之1510
28東京 11天皇賞(秋)・G1 10フェデラリストab-田中剛1415
28東京 11天皇賞(秋)・G1 12エイシンフラッシュab-藤原英昭51
28東京 11天皇賞(秋)・G1 14トランスワープ--c萩原清917
28東京 11天皇賞(秋)・G1 15トーセンジョーダン--c池江泰寿713
28東京 11天皇賞(秋)・G1 16カレンブラックヒルab-平田修35
28東京 12三峰山特別     15ロトスカイブルーa--成島英春1515
28京都 4障害オープン    3カネスラファール--c小野次郎17
28京都 83歳上500万下  9ジャマイカジョー-b-梅田康雄63
28京都 9北國新聞杯     6プルプル-b-成島英春166
28京都 11カシオペアS    2キョウエイストームa--中川公成1212
28京都 11カシオペアS    9ガンダーラa--岩元市三1014
28京都 11カシオペアS    11アンノルーチェa--田島良保1616
28京都 11カシオペアS    12トウショウウェイヴ--c今野貞一1817
28京都 11カシオペアS    13オートドラゴン--c沖芳夫138
28京都 11カシオペアS    14モンストールa--尾関知人76
28京都 11カシオペアS    17レインスティック-b-勢司和浩119
28京都 11カシオペアS    18トップカミングa--木村哲也1413
28京都 123歳上1000万下 14チャーミーハヅキ--c境直行1616

ゴールデングローブ(藤岡健一厩舎)/在厩一番馬

【A推奨】

日曜新潟11R 魚沼特別
★ゴールデングローブ(藤岡健一厩舎)/在厩一番馬
~藤岡厩舎は相変わらずオープン前後の馬の番組選びが上手い。
 今回は、連勝して重賞に挑戦させた馬を、G1開催の裏の新潟条件戦へ持ってきた、と言う流れ。
 特にこの新潟外回りは、未勝利の身で500万を制したことも含め、3戦3勝している大の得意コース。
 前回の三面川特別は、ラストの上がり32秒6で上がって見せて、切れ味勝負への適性を改めて確かめた。
 ここは強力メンバーが少ない辺鄙な番組。確実に勝ちに来た番組選びだろう。


クラリスピンク(柴崎勇厩舎)/在厩一番馬

【B推奨】

日曜東京5R
★クラリスピンク(柴崎勇厩舎)/在厩一番馬
~クラリスピンクは、一度このクラスは卒業している降級馬。若干スランプ続きの面はあったものの、得意条件に戻れば前走のように激走してくる。
 2勝と他の好走もほぼ全てが今回の東京ダート1600mなので、条件が減らないうちに、開催を跨がない内に決めておきたい場面。
 ちなみに柴崎厩舎は、一番手は毎日王冠3着のタッチミーノットや、重賞勝ち馬のトーセンベニザクラなどがいて、それらが全て休みを入れているため、この馬が一番馬になる。


リープオブフェイス(新開幸一厩舎)/在厩一番馬

【B推奨】

日曜東京10R
★リープオブフェイス(新開幸一厩舎)/在厩一番馬
~新開厩舎は、この夏~秋に好走した上位馬をほとんど放牧に出し、この秋にメンバーが一巡した。
 そして現在は、このリープオブフェイスが一番手となるよう。
 この馬は得意条件が東京ダート1400mとハッキリしていて、今回はハンデ戦で負担が減る立場、同時に岩田騎手に騎乗依頼。
 若干追ってから頭が浮くために、ガシガシ追える騎手でないといけないという面があり、今回は評価したい場面。


トキノエクセレント(矢野照正厩舎)/厩舎一番馬

【C推奨】

日曜東京9R
★トキノエクセレント(矢野照正厩舎)/厩舎一番馬
~このクラスだと力が違ってるため、東京で戦うのなら、他の路線から来たので非常に楽しめる。
 ここは素直に信用しても良いのでは。