さて。
明日の分はどうやって予想してみましょうかね。

んー、HBリストをベースにやってみましょか。
今回も札幌を。
土曜日の結果HTML版でみると。
t1

3パートに分けて考えると便利そう。
赤枠の「1」のパートは、2択で連対馬を出すところ。
次順が「2」のパートで、丸数字で入っている「推定」前後半順位とその他の要素を合わせて、数頭選びます。
最後に「3」のパート。
ハイブリッド指数順位では7位~で、HBリストでは「2ブロック目」と呼ばれるゾーンでもあります。
ここは基本配当妙味アリでの馬達が貯まっているところ。
こんな所にいる人気馬は…買いたく無いですよね。

明日は
t1
t2

なのですが…実際に作業をするならPDF版を印刷して、そこに書き込んでいくのが便利です。
タブレットでペン入れでも勿論OKです。
僕ならこんな。
t3

赤と青で囲っているのは…


青枠がコレ。
基本人気上位の馬なので。



赤枠が



と、新聞の種牡馬印で回収率が「A」の馬ですね。



明日の札幌だと。
「当日一覧ビューワ」にて、ヘッダ部分が「回」の列にある「A」のセルを選択で、該当馬のみの表示となります。

t4

開催ビューワにて、実際に調べる事も可能です。
新聞に掲載しているのは、芝・ダ別で距離区分で分けておりますが…ざっとみると。
期間は昨年~土曜日まで。

ステイゴールドの芝だと。
t5

ハーツクライのダートも良い。
短距離芝も良いですが。
t6
血統系は細かいし種類が多すぎて、ちゃんとやるには時間が掛かります。
でも、これであれば記号見るだけだし、馬券に使える程度には充分かなと。

他にも個人的に使っているデータがあれば、それも書き込んでみて下さい。
その後に改めてHBリストをみると…まだ頭使う前の段階なのに、結構予想作業が終わっているの事に気が付くかもです。

そしたら、1~3のパートの中で2~3択を順番に行っていくだけ。
最初の「1」の部分、この2択からスタートなので楽ですよね。
もっと楽をしたいのであれば、明日はほとんどが1番手が基準ハイブリッド指数越なので1番手から、つまりHB印◎を強制的に軸にしてしまっても良いかも知らん。


昨日はダートだったので明日は芝のレースを。

札幌 3R

HBリストにはこんな印を入れてみた。
t1
新聞でみてみましょ。
HB印◎○の2択だと…。
t3
指数は同じでも、C・ルメール騎手、社台F、そして前走で「詰脚」が「赤」の14・エルバルーチェを選ぶのが自然。
丹内祐次騎手、こんな人気だと不安しか無いです。
もう少し人気落としていれば逆に買いなのだけれども。

次のゾーンからは。
t4
3・ペプチドヒミコは武英智厩舎。
札幌成績が異常に良い厩舎で、新聞でも「45.5」と赤文字で入っているように、芝での複勝率も45%です。
実データはこれ。
t5
昨年から昨日の土曜日までの約1年分が…勝ち切る事多数です。
連対率で50%なので、相当良いのが分かるかと。

5・カシマホオズキは前走で「詰脚」が「赤」。

13・ココニアルは、HB印▲で「推定」3ハロンがどちらも5位以内+後半1位。

相手はこの3頭で足ります。
あとは丹内祐次騎手を、信じるのみ(ダメな方面で)。

と、同時に。
強引にでも2ブロック目からも拾う。
嫌でも選ぶ。
これは強制です。

2・ファインアイリスは後半2位。
10・ステラータは森厩舎の2000mというだけ絶望的ですが、過去最高HB印では▲持ちです。
んー、でもダメだ、森厩舎ダメだ。
代わりに7・ウォーターハミングを。
同馬も前走で「詰脚」が「赤」を出しており、菱田裕二騎手も二度目。


◎14・エルバルーチェ
〇13・ココニアル
▲5・カシマホオズキ
注3・ペプチドヒミコ
△2・ファインアイリス
△7・ウォーターハミング

敢えて下げた1・アイオープナーは2着にするか3着にするかはオッズ次第ですが、3連単なら押さえておいても良いくらいの配当かもです。

札幌 4R

HBリストはこんな。
t1
HB印入りはこのコースの未勝利ではほぼ上位を占めます。
特に◎の成績は優秀。
そして。
指数◎○の人気も無さそう。
◎○の2頭+残りのHB印付き。というフォーカスでも、これ配当悪く無いかもですね。
なので絞る事はせず、そのままでGOです。

一応確認しておきましょ。
t4
8・ジュンジュンがHB印◎になったカラクリは…。
前走が1勝クラスに出走したから。
未勝利でこれくらいの馬なら、1勝クラスで掲示板レベルにはあるという事ですね。
ちなみに、ジュンジュンの名前の通り、新馬からの11走は高田潤騎手が乗っていた馬です。
「オレノカッチー」もそうですが、こういうのって騎手的には嬉しいのでしょうか。
走らない馬だったら逆に不要なプレッシャーにしかならないような。

11・ポーカークイーンは指数〇で、吉岡厩舎。
上記の2頭ともに2走前では同じレースを走っており、結果も似たようなもの。
自力の指数という意味では11・ポーカークイーンの方が信頼度は上ですね。


もっと願うなら緑の枠の3頭で、もっと荒れてくれと。

t3
5・シエルヴァは前走で「詰脚」が「赤」。
12・ウンダモシタンは休み明け2走目&ダート戻り2走目。
芝でもダートでも同じ「詰脚」パターンで、最後にあともうチョイ脚使えれば…というところまでは来ております。
今回使えるかどうか?は、このオッズなら買って期待しても良いレベル。
13・エーティーロンドンは、先ほどの武英智厩舎。1000mダートでハナ切れたので、逃げたら凄い武豊騎手で何か起これば的な。

印は…ちょっと難しい。
札幌芝の土曜日は、こんな偏り具合でした。
t5
内枠の人気馬がが全然崩れない。
このレースだと1・タイセイレフィーノが該当ですね。
故に、こんな組み方をしてみました。
t6
的中は…そうとう狭い範囲。
でも、これはたまに高目引ければOKというやつです。

この時点で、現在の時刻は26時。
んー、続きはまた明日ですね。