今週は3日間開催ですね。
いっぱい競馬がある…。
だし。
明日の土曜日からは大井競馬場が始まって、高知競馬場は月・火となります。
買いすぎて、忙しすぎて…死んじゃいますね。
なので、少し楽をしましょ。

当日一覧ビューワを使うと
明日の競馬 9/13
明日の競馬 9/12

「当日一覧ビューワ」を使って予め、やるべきレースと買うべき馬を自動で半分は決めてしまう方法。
自分で1から予想するよりも、多分…優秀。
過去のレースからの担保もありますしね。

トップページの「HBビューワ」→「当日一覧」からどうぞ。
t1
先週の傾向を引き継ぐとして、1番簡単なフィルタだとコレですかね。
画面上部にあるショートカットボタン。
赤枠を順番に押していくだけ。
t2
過去最高HB印:◎
HB印:△以上
条件:1勝クラス以上
障害レースを除く為に「芝ダ」

馬齢で「3上」(3歳以上戦)のみにしたいので、それはテーブルのセル内にある「馬齢」の列で「3上」を選択してください。

残った馬から「追い切り指数」でダメそうなのを除くとこのように。
t6
土曜日はこの7頭中心に。

中山

中山7R

いきなり…対象外のレース。
フィルタのみであれば11・ノーブルプルートは入っていました。
ですが、中2週、前走で新潟で、追い切り指数もイマイチ。
という理由で、人間の判断で外した馬。
t4
今の中山ダートは間隔開けてきた方が有利なんのですよ。
菅原明良騎手と水野厩舎は複勝率で60%とカナリの好相性。
なのだけれども。
…そもそも、菅原明良騎手を人気で買うのはどうなのよ?と。
むしろ、同馬を嫌って他で配当狙う方が良いんじゃないかなと。

どおやって他を選ぶかな…って時に便利なのは、ごめんなさい。
HBリストになってしまいます。
t1
1ブロック目から良さげなのは8・デルマクリスタル。
t2
前走は東京からのローテ。
6戦して勝ち切れ無かった…畑端省吾騎手→戸崎圭太騎手で未勝利勝ち。
しかもそのレースの「以降成績」が優秀。
t3
既に上位から5頭が勝ち上がり。
当時2着だったパイプラインは1勝クラスも勝ってますね。
北海道の1000mが合っていたのもありますが。

他のHB指数上位だと、3・イヴは堀宣行厩舎。
1勝した以降のダート替わりは珍しいです。
が、完全に芝厩舎なので、人気の初ダートで買うところじゃないです。

4・ニシノミンクスは今回が初ブリンカーで、前走が菅原明良騎手からの乗り替わり。
14・ブライティアランドは横山武史騎手へ乗り替わり。

1番人気想定を嫌うので、2ブロック目以降からも拾っておきたいですね。
6・マハーラニーは、くそう、今回も武士沢友治騎手。
もっとマトモな騎手が乗ってくれるのであれば、全然買う。
そんな意気込みも、騎手名だけでぶち壊してくれやがりますね。
30走に1回、くらいの割合で馬券圏内には来るので、そろそろタイミングではある。
武士沢タイマー持ってます。
今週どこかで1回はチャンスありかもですね。
同馬だと良いですね。

t4
13・アルマセグレートは新馬が「詰脚」で「黄色・赤」パターン。
今回は間隔空いて、追い切り指数も「B」評価。
一応鞍上もNF馬で丸山元気騎手なので、ちゃんとやる気もありますね。

16・マリノリヴィエールは後半3位、過去最高HB印もギリ入っています。

◎8・デルマクリスタル
〇4・ニシノミンクス
注16・マリノリヴィエール
△11・ノーブルプルート
△14・ブライティアランド
△6・マハーラニー
△13・アルマセグレート
△10・ホウオウモントレー

広く取りました。
これで、ノーブルプルート、イヴでの決着だったらもう仕方無いですね。

中山8R


該当馬は9・グラスデスティーノ。
t1
未勝利圧勝の後に、前走でD・レーン騎手と最初から最後までやり合ってのゴールまで持たずでした。
D・レーン騎手が2100mであんな競馬をしたのが、その時の1回だけ。
丹内祐次騎手…舐められてたのかもですね。
間隔開けて、追い切り指数もしっかり出して、印揃っての今回。

新聞の上部には脚質系データが載っておりまして。
t2
逃げのゾーンには木幡巧也騎手と柴田大知騎手。
柴田大知…騎手。
中山ダートの近1年の成績を見てみましょうか。
知っている方は知っている、この成績。
t3
仮にも関東所属の騎手ですよ。
それが…たったの1勝って。
この1年、69回走って1勝です。
フォローになるかは微妙ですが、人気馬なら2~3着はまあ何とか。

1・ロワマージュ
t4
中山ダート用のフィルタでは、同馬も該当してたりします。
中13週、HB印▲なので。
後半1位でもありますね。
理屈はともかく、該当馬なので拾う。
当然。

他だとこんな。
t5
5・ナガレボシトリキシ。
ああ「トリキシ」って何だ?って思ったけど、キーボードで打って分かった。
流れ星と力士か。
種牡馬印は「BA」が入って、過去最高HB印もある。

6・マイネルアストリアは前後半どちらも5位内で、HB印△です。
丹内祐次騎手のこれくらいの印でダートだと、基本無理。
オッズ次第でおさえるかどうか?

13・ブライトオーシャンは未勝利を勝てずに、格上挑戦。
もう1頭7・スーリエドヴェールも岡田牧雄氏の馬で、同じく格上挑戦での出走。
菅原明良騎手、6・8・12Rの3つ内1つは来る想定。
最終っぽいけれども、拾っておきます。


◎9・グラスデスティーノ
〇1・ロワマージュ
注5・ナガレボシトリキシ
△13・ブライトオーシャン
△3・ボスアンルーリー
△10・マイネルイヴィンス
△6・マイネルアストリア
△11・マナローナ


中京

このペースでやっていると、どうせ途中で時間切れです。
ので、バランスよく中京も一緒にやっていきましょうか。

中京7R

該当馬は13・キャノンバローズ
t1
ずっと松山弘平騎手が乗って、先行しつつも結果が出ずの馬でした。
前走で浜中俊騎手に替わって出遅れ…からの、最後は結構良い脚。
最後まで追ってましたし、馬も止まってはいません。
今回は初ブリンカーなので、また行かせるのかな。
種牡馬印は「BD」と、人気ならちゃんと走るパターンだし、ここでは安心安定な馬。
あとは頭まであるかどうか?ってところ。

先週は前が有利だった中京ダート。
他の指数上位も、前半上位の逃げ馬達。
t2
4・ヒルノブルージュは昆貢厩舎+富田暁騎手のコンビ。
複勝率で50%越でHB◎の3歳馬。
前走はキャノンバローズと同じレースで、ゲート開いて躓きながらも(コーナー通過順の1角が背景色黒)ハナ切って粘りました。
上位は全部、前行った見習騎手という結果ではありましたが、今回も良い枠引いたので前走以上は走れそう。

7・ネルソンタッチは、ずっと関東の弱い馬相手に遠征。
今回は輸送がない分、追い切り指数は高めに出てますね。
色々と恵まれに恵まれまくって3着あれば。

11・キャッツアイは2走前と同じく武豊騎手。
同騎手が逃げたら残ります。
が、小崎厩舎が絶賛死亡中。
この1ヶ月の厩舎成績が0-1-0-18とボロボロですね。
夏競馬での好走も北海道に偏ってました。
中で上手く行って無い感があるので…来ない方に期待。

◎13・キャノンバローズ
〇4・ヒルノブルージュ

馬連かワイドで1点にしておいて、他の馬券買うならどちらかの単勝に振り分けてみようかな。

中京10R

該当馬は7・グランマリアージュ
t1
今回はダートですね。
芝だったりダートだったり、どちらも同じ位こなすので行ったり来たり。
手頃な枠を引いて、前で競馬して…はこれまで通りでしょう。
今回は「メイショウ」の1000m逃げ馬が2頭いるので、そこらがどうかなと。
もう1頭のメイショウは障害からで、これはまあ…どうでもいいか。
他にもポツポツとローカル1000m組がいるので、出遅れ癖がある同馬には良い事では無いのは確か。
頭では全く買う気がしませんね。

3連複の軸だとすると、2軸目はこの2頭。
t2
5・メイショウソウビ
13・ハナブショウ
中京ダートは2頭が先行馬+1頭後方から、の組み合わせがデフォです。
グランマリアージュがいて、もう1頭前目の馬なら…の2頭。

5・メイショウソウビは、過去最高HB印で「注」、2走前には「詰脚」パターンで「黄色・赤」。
13・ハナブショウは、前後半5位以内、斎藤新騎手と関東だけれども相沢厩舎の相性も良いです。
また、同じく2走前には「詰脚」パターンで「黄色・赤」を出しての勝利。

その後ろで競馬して前が止まれば…の2頭はこれを。
t3
1・コラードは後半4位、前走は父上が騎乗でしたが再び岩田望来騎手に戻ります。
中京ダートの息子のランクの方が、新潟ダートの父よりも上。
故に、騎手の右にあるランキングの背景色も黒となっております。

6・レッドランサーは、中内田充正厩舎が秋になってようやく上向き。
坂井瑠星騎手との相性も良いし、コラード同様に「詰脚」パターンは「青・緑」を出してます。


4・シゲルオトメザと10・メイショウヒバリは、単純に馬券を考えたら印回してもな…という部分でスルー。
馬券買わずに予想するだけであれば、充分候補にはなります。
でも。
そもそもグランマリアージュ自体が、来る来ないで半々レベル。
なので、全部上手く行った時に当たるぐらいの想定がここでは良いかと。
そういった意味でも、人気馬へ広げるつもりは無いんですよ。

〇7・グランマリアージュ
注13・ハナブショウ
注6・レッドランサー
△5・メイショウソウビ
△1・コラード
△11・カネコミアサヒ