開催変わりの初日で、東西は結構な雨。
ダートは前日時点で既に不良の発表で、芝も…このままだと重を超えて不良までいくかもですね。
その影響が無さそうなのが新潟。
ローカル開催で、若手の騎手達が頑張るゾーン。
春の福島以来ですね、こんな条件は。

でも。
今週はずっとビューワ関係のプログラムを弄っていたので、あまりJRAの競馬に触れて無いんですよ。
明日は分かり易いところだけで、後は…HBリストなりでちょっと手を出すくらい。
偏った傾向が出てくれれば、午後は何かしら狙えるレースも出てくるかもですね。

分かり易いやつなら

当日一覧ビューワで、ショートカットボタンはこのように。
t4
新潟ダートで、HB印◎○の人気馬はカナリの安定感です。
特に1・2番人気に限れば…。



微妙な内枠さえ嫌えば大丈夫。

当日一覧ビューワで、想定人気の時点ですが該当馬は。
t6
明日のオッズ次第で、変わる可能性もアリ。

横山武史騎手は新潟ダートで…超イマイチ。
1200mだと本当にダメ。
というのがこれまで。
札幌が終わっての2場開催中も、あまり良い所はありませんでした。
人気のノーザンF陣営での騎乗は増えたくらい。
午前中見て、問題無いようならそこまで嫌わなくても良いかもですが、2・3Rは眺めておくだけにしておきます。

一応、2Rは2・トーホウエンジェルからの馬連で適当に。
こんな…かな。
t7

午後は6Rと9Rがダート戦。
その2つをみていきましょ。

新潟6R

10・スワーヴシャルルはHB◎で、1番人気は確定でしょうね。
外目の枠を引いて、前にも行ける。
t1
門別競馬場で圧勝してJRAに戻ってきては芝を使っておりましたが、やっぱりダートやな。
が、前走の結果。
1番人気でしたしね。

14・タガノジェロディはHB▲で鮫島克駿騎手が騎乗。
t2
先ほどの記事で出すのを忘れておりました。
鮫島克駿騎手の新潟ダートでHB印入りの馬の成績は。
t3
HB「注」以上ならカナリ安定です。
春にも同馬で遠征して結果も残しております。
関西ではボコボコに負けてしまいますが、関東に来たときは大丈夫な馬なのでしょうね。

15・アシャカマキシンは、体質弱そうで休み明け初戦が1番の勝負。ではあります。
t5
毎回「追い切り指数」は休み明けでも出している方だったのですが、今回は2週間共に軽すぎ。
厩舎的にも、最近は「使ってから」しか結果を出せていないのもマイナス。

全馬を「当日一覧ビューワ」で前走含めて見ると。
(表示項目減らして画面内に収まると思う)
t6
正直、これは相手が弱すぎる。
前で競馬する馬は軒並みバタバタ最後は止まるし、地方行って連対出来ないレベルでは…。
一応、霧島賞組の上位2頭は神戸新聞杯と3勝クラスへその後出走しましたが、何処にもおらずでした。
この中で、せめて「詰脚」が赤文字以上にフィルタをかけると。
t7
この中で3歳の7・ソウルユニバンスと8・エスシーミホークは拾っておきましょう。
7・ソウルユニバンスはダートならまだ上がありそうですし。

◎10・スワーヴシャルル
〇14・タガノジェロディ
△7・ソウルユニバンス
△8・エスシーミホーク
 2・メイショウゼッケイ
 15・アシャカマキシン

10ー14の馬連1点で配当間に合うなら、それでも良いかな。


9Rも似たような感じです。
横山武史騎手VS藤田菜七子騎手。
騎手成績だけなら断然、藤田菜七子騎手の方が新潟ダートでは上。
8Rまでの横山武史騎手騎手見てから決めてみ良いかと。
…ん?
これって、いつも横山典弘騎手に悩まされるパターンと同じなのでは。
親子揃ってクセありますねぇ。