東京9R オキザリス賞

なかなか1つの方針で決められないレースです。
過去分のHBリストだと。
t1
連対馬は1ブロック目が基本で、2ブロック目も前半部分まで。
3着馬が2回HBリストに載っていない馬でしたが、どちらも内枠の人気薄。
前走が芝→ダートで勝ってのオキザリス賞だったので、指数がまだ間に合っていない馬達でした。

1頭決めれば何とかなりそうではありますね。
HB印◎は勝て無いまでも、前半・後半印、騎手も枠もバラバラにも関わらず2着には来ておりますし。
指数上位自体の信頼度は高めではあるかなと。

開催ビューワを使うと。
前走で逃げて勝った馬達の結果がこれ。
t2
この時期なら単純に、前で競馬して高い指数を出した馬は強いです。
ボンボンショコラは…岩部純二騎手というか牝馬に辛いレースの分着順落としたって事でしょうね。
それに、実際に逃げてしまうと、それはそれでキツイ。

明日分を「当日一覧ビューワ」でHB印順に並び替え。
t3
HB◎の10・プロバーティオ、〇の5・バクシンは共に前走逃げてのここ。
バクシンの前走はM・デムーロ騎手だったのですが、10・プロバーティオを選択ですか。
新聞だと。
t4
バクシンの斉藤誠厩舎との相性も良いのですが、同等以上に田中剛厩舎も良い。
複勝率で58%もあります。
東京ダートも複勝率は40%で、これはC・ルメール騎手に次ぐ値。

前走のハイブリッド指数は53なのですが、2歳で東京ダート1400mでそれ出せると…。
「コース勝ち馬一覧」
t5
例年のオキザリス賞の勝ち馬のレベル。
追ってからは結構甘そうなので将来的には??も面もありますが、今なら感は1番ある馬。

8・セルフメイド
t6
新馬→HB印付きでここで好走。
がオキザリス賞の基本なのですが、今年はそんな新馬からの馬がおらず。
その中で唯一40以上をだして、枠も内目を引けたのが8・セルフメイド。
HBリストでは1ブロック目に入れて、前半▲。

1・カレンロマンチェコ
t7
前走は外枠で外々回って、競馬出来ずでした。
2走前と同様に内枠を引いて、前でロスなく回ってくれば圏内のチャンスはありそう。

後はHB印入りの中から相手を…。

◎10・プロバーティオ
〇8・セルフメイド
注5・バクシン
△1・カレンロマンチェコ
△14・ニシノスミカゼ
△3・サヴァ
△12・クリノザウルス

福島の芝



開催ビューワで見ると、今開催の福島の芝のHB印◎の成績がこんな。
t1
騎手順に並び替えてあります。
ずっと菅原明良騎手が飛ばし続けていたのですが、先週はようやく勝つように。
そんなムラな面もありますが、現在のところはトータルで勝率は45%ほど。
秋の福島でこんな数字が出るとはな!

HBリストで先週分をみると。

・土曜日
t2
・日曜日
t3

これなら、ざっとHB◎だけ見て、イケそうであれば馬単か3連複を半分自動で買えそうですね。
明日だと。
t4
赤枠内の1番手のHB◎から、青枠の2~3番手への馬単。
或いは、青枠内の2頭を2列目にした3連複で、2ブロック目の前半4頭目までへズラッと。

やり方だけ固定して、買う・買わないはその◎だけで決めてしまうのも1つの方法。

東京11R 武蔵野S

重賞一覧ビューワを使って武蔵野S

と、過去の傾向は見たものの、今年はピッタリはまる馬がおりませぬ。
途中経過はTwitterにアップした通りです。


ここでは結論だけを簡潔に。
…無理!

というのもあれなので、結果的に武蔵野Sの荒れパターン。
前が残っての、何だこれ?の方に寄せました。

◎11・タイムフライヤー
〇4・ケンシンコウ
注9・メイショウワザシ
注13・デュードヴァン
△1・フィードバック
△16・オメガレインボー
△15・レピアーウィット
△12・ソリストダンサー

当日一覧ビューワだとこのように。
t1

大前提として、HB+後半上位の人気馬は…嫌っても来てしまいます。
その印のタイプの中で、馬齢や斤量を考えると1番マシなのは結局11・タイムフライヤー。
C・ルメール騎手が連続騎乗というのも大きいですね。
逆に2・モズアスコットはC・ルメール騎手が降りて斤量も59kg。
お歴々の59kg背負った馬達、というか58kg以上でも武蔵野Sは結構キツイ。
そういったところで、6歳で58kg背負って、今回に向けて何かプラスな材料も無い6・サンライズノヴァも下げ。

HB+前半上位であれば、指数厚目で前走もしっかり走った馬達が多め。
それらを今回は上位にとりつつ…あとは「先行」脚質をガサッと拾っておく。

という方針です。