ゆっくりレースを考える時間が無い…ので、土日で使えそうなものを。

今開催の中山の芝は有馬記念までAコースを使い続けます。
途中でコース替わり無し。
これまでの2週を「開催ビューワ」で見てみると。
1勝クラス以上の1~3着馬にフィルタリングしてあります。

・外回り(1200・1600m)

1200m

1200mを4角通過順に並び替え。
t1
多頭数ばかり、という事もありますが、どうですかね…短距離戦の割りに前が全然残れておりません。
「詰脚」パターンで見ても「赤」ばっかり。
同じく、枠番順に並び替え。
t2
そんな事情もあって、内目の枠がキツイです。
1~3枠は現在死亡中。

と言う事で、予想の手順としてはこんな。

HB+後半上位の外目の枠。
そこらに合う人気上位からの軸馬選択。

HBリストで、2ブロック目の半ばまでが相手の範囲。
無印でも予想脚質が「差し・追い込み」なら拾う。

4枠以下ならHB+前半上位を中位人気までなら。


1600m

明日、ひいらぎ賞とターコイズSが行われるコース。
そして多分、どちらも柴田大知騎手が逃げるやつ。

同じく、4角通過順に並び替え。
t3
小頭数のレースが多い影響はありますが、1200mと反対にこちらは前で競馬する馬が残れていますね。
全て3歳上の条件ですが、3歳馬が圧倒的。
しかしながら…印では「後半」です。
後半印で「注」が条件。
後半無印で来たのは1頭のみで、HB◎の1番人気、外枠。
小頭数ばかりで、ここまで外枠の馬が多いと、枠の影響はこの距離でもありそうです。

該当レースの全頭の中から、「後半」印で「注」以上の馬にフィルタリングして、「後半」順に並び替えてみると。
t4
中位人気までであれば、ほぼ圏内ですね。
こういうところでのノーザンF馬も…崩れないなあ。
更に枠番順に並び替えてみると。
t5
外枠に寄っていますね。
選ぶ範囲として、HB+後半印の外目の枠、は重視しておきましょ。

ちなみに、後半印で「注」未満の人気馬達は…。
t6
なかなか悲惨な事になっております。
馬も騎手も悪く無いのだけれども、今の条件だと走れない。

・内回り
t7
有馬記念の行われる2500m以外は、前にいないと勝負にならん。
上の外回りに比べると「前半」印上位が目立ちます。
HB印も優秀。
横山親子以外はHB印入りだし、HB印が△以下の薄目の馬も外枠だったり前後半で上位の印持ち。

明日は12Rに2000mの牝馬限定戦があります。

以上を踏まえて、9・10・12Rをやってみましょ。
家に帰ってからで…。

ひいらぎ賞はTwitterにて途中までみてあります。




C・ルメール騎手

ひいらぎ賞、ターコイズS、共に人気になりそうなC・ルメール騎手。
明日の朝日杯FS含めて、ちょっと見てみましょ。

ひいらぎ賞は、ノーザンF+サンデーR。
芝の特別レースでこのコンビは。
t1
他のキャロットFやシルクRと比べて、人気も「情報」印も縛りが厳しいです。
1番人気で「情報」印が◎
ほぼこれが条件。
長距離でトリッキーなコースになれば騎手の腕の分、こなせる事もありますが…サンデーRだと上位の通り。
その代わりに、条件揃えば凡走無しですね。

G1だと。
t2
菊花賞は、流石の乗り方で距離的にもレースの質的にも例外ですね。
この1年、G1だと芝ではラウダシオンを除きノーザンF馬にしか騎乗しておらず、ここもやはり1番人気ならではという結果。
1つ落ちての2番人気までが、買える範囲ですかね。

ひいらぎ賞

人気の2頭。
t1
どちらもHB上位+後半上位。
枠も真ん中辺りで、今の傾向にもあっておりますね。

5・アラビアンナイトは鞍上が戸崎圭太騎手。
中山だと1600mを超えた途端に勝て無くなります…。
コース勝率の箇所でも「5.2」と複勝率の44%越と比べて明らかに引くい値。
6・シュネルマイスターはローテが中14週と空いている事以外は文句無し。
父キングマンは阪神の5Rのエリザベスタワーが先ほど1600m芝で勝ちました。
ノーザン、社台系のキングマンは大丈夫っぽいです。

人気薄で好走するのがこのレースで、今回だとこの2頭。
t2
4・コスモアシュラは「前半1位」でHB印も「注」が入っております。
柴田大知騎手は、メインでも同じコースでスマイルカナに騎乗で、同じ4枠。
どちらかは馬券になりそうだし、であれば、人気の無いこっちに期待したいところ。

8・マルスは「前半2位」で父リオンディーズ。
中山1600mは人気薄で掲示板のタイプ。
種牡馬印「BC」なので、基本成績は良い、でも、圏内に来るのは人気馬で…というタイプ。
しかしながら、その圏内から漏れた馬が掲示板には収まってたりします。
2つくらい紛れがあればチャンスもありますね。

〇6・シュネルマイスター
注5・アラビアンナイト
△4・コスモアシュラ
△8・マルス
12・ウインミニヨン
3・アヴァノス

人気と印、自動で3・12は拾っておきます。
柴田大知騎手が派手に飛べば、そこらの中位人気が来るのがセオリー。


ターコイズS

ターコイズステークス 過去成績
t7
印的には滅茶苦茶ですね。
ひいらぎ賞は、後半印付きの馬での決着で、コスモアシュラ…最後にどさっと交わされてしまいました。
ここでも柴田大知騎手は同じ事はするだろうし、馬の性能も上。
3着くらいには残れそう。

同じくひいらぎ賞で完勝だったC・ルメール騎手。
単勝オッズ1.9倍で、ノーザンFのサンデーRなら普通の結果かなと。
ここでは現在4番人気。
4枠がやたらと強いレースなので、枠連では押さえておくものの軽視の方向で。

外目の枠のHB+後半上位の14・ランブリングアレー。
t1
3勝クラス勝利 → 重賞1番人気で6着 → OP特別勝利。
2走前は陣営が思ったほど走らなかった、ものの、強気に競馬しすぎた面もあしました。
前走でしっかり勝ったし、2着馬も次走で中日新聞杯勝ち。
友道厩舎でこれくらいの馬なら嫌う必要無いかなと。
同馬から広く。

相手の中心は3歳馬。
過去の傾向的には、HBリスト2ブロック目以降の前半・後半印入りは手頃。
t2
5・アンドラステは4歳ですが、後半2位、HBリストでは2ブロック目の1番手。
休み明けも合うし…も、これだけノーザンF馬がいて社台2頭で決まるとも思えず。

13・シーズンギフトは前半3位で、ずっと外枠を引き続け、結果を出してきた馬。
3着を外したのは前走のみです。
中山、外枠揃ってこの相手なら悪く無い。

2・シャインガーネット、4・ビッグインバイオは拾っておこう。

12・クリスティは先週やった杉山晴紀厩舎。
3歳のキズナというプレートを提げている時点で、消せないですね。


○14・ランブリングアレー
注5・アンドラステ
注13・シーズンギフト
△12・クリスティ
△4・ビッグインバイオ
△2・シャインガーネット
△6・インターミッション
4枠