「厩舎ランク一覧」

8/29
京介メルマガでの提供となります。

データ説明

disctnrank

厩舎ランク一覧

厩舎1番馬なら「ab」馬が1番使い易いです。
t1
ヘッダ部分の「abc」をクリックで「厩舎1番馬」順に並び替え。


厩舎一番馬

A:厩舎一番馬


 ~その通り、厩舎の賞金上位一番手となる馬。
  厩舎のその馬に対する解釈は、そのままローテーションや騎手起用に現れる。
  好調をキープしている時は、Bフラグ(後述)も同時に点灯。
  Aフラグのみ点灯時は、その馬にしばらく好走歴がないスランプの状態。

  昇級することなくスランプのままの馬に突然Aフラグが立つパターンは、

 ・本来の厩舎一番手が引退して、二番手の馬が一番手に繰り上がる
 ・スランプになってから転厩し、転厩先で賞金一番手となる場合

  などが考えられる。

  Aフラグのみが点灯してる馬がスランプ脱出のきっかけとなるのは、大幅な環境の変化があってこそ。
  この馬の推奨パターンは、

 ★休み明けや転厩初戦を含み、フラグが初めて立ってから1~3戦
 ★芝⇔ダート、400m以上の距離短縮&延長などの大幅な条件変更(思い切った路線転換)
 ★1年以上前に好走した条件に、久しぶりに戻ったパターン
 ★その他特殊ローテ(栗東滞在、地方遠征など)


B:実質厩舎一番馬


 ~実際の賞金一番手の馬がスランプか頭打ちとなり、1年以上連対から遠のいているため、
  この場合は賞金で次点の馬を実質的な厩舎の中心馬とする。
  Bフラグのみ点灯時は、同時にランクで上の馬がいるということ。

  Bフラグが立っている馬の厩舎は、本来はAフラグが立つ馬と同じレベルにまで押し上げられるポテンシャルがある。
  Aフラグが立つ馬に並ぶかそれを追い越すまで、Bフラグの馬は能力を伸ばす可能性がある。
  時に、そのクラスを勝たないままの格上げ挑戦を積極的に行う場合も多い。
  Bフラグのみの馬の推奨パターンは、

 ★格上挑戦1~3戦以内
 ★G1→各重賞、重賞→オープン、オープン→準オープンを含む、降級初戦
 ★Aと同じく、フラグが点灯して1~3戦目も狙い


C:在厩一番馬


 ~厩舎の看板となる馬が休養中で、現在厩舎にいる馬の中で賞金最上位となる馬。
  所属するクラスによっては、同時に複数フラグが点灯する可能性もある。

  優秀なスタッフの引き継ぎや分散していたリソースの集中など、厩舎のポジティブなムードに乗っかれると言うのが主な好材料。
  その当時の厩舎の勢いに左右される要件でもあるので、Cフラグ馬の推奨パターンは、

 ★直前にその厩舎のA/Bフラグ馬が好走していた履歴があり、その馬が退厩した直後のCフラグ点灯
  格上のクラスの馬がちゃんと勝負になるモードにあるまま引き継ぐことが重要
 ★休養明け1~3戦目に推奨し、その後の使い詰めは期待値が低下するので評価を下げる


============


○Aフラグ推奨馬

土曜新潟11R BSN賞

★トウショウフリーク(今野貞一厩舎):【過去に好走した条件戻り】+【G3→オープン下がり】

~今野厩舎は、いっときピンク色ランクにまで上がってきていたはずも、今シーズンは右肩下がりになっているようですね。
 2歳馬で挽回している様子もありませんし、実績馬の復調を待つしかないようです。
 ここで何とかしたいと思うのが、このトウショウフリーク。
 昨年の上半期までは、何とか好調が続いて重賞戦線でも戦えていた馬ですが、結局新潟のBSN賞を制してから勝ち星がありません。
 今年は太め残りもあり、ずっと本来の競馬が出来ずにいました。
 そして今回、久々に得意条件の新潟1800mに戻ってきたと。相手も大幅弱化になったと考えて良いと思います。
 WAJS絡みで新潟には上位騎手が居ませんし、その中で内田博幸騎手に依頼できたのも大きいでしょう。行ったっきりの競馬を希望します。


○A+Bフラグ推奨馬

土曜新潟11R BSN賞

★アジアエクスプレス(手塚貴久厩舎):【過去に好走した条件戻り】+【G3→オープン下がり】

~人気には当然なりますが、これは真っ当に評価すべきパターン。
 芝のG1勝ちがあり、皐月賞まで戦いに行ったダート馬で、ダートでも余裕で勝ち負けを演じられる実力があるのに、今回はオープンに登場してきました。
 陣営も、過去の比較を考えればハンデが軽すぎと思ったのでしょうか。
 レパードSで圧勝した舞台でもあり、ダート1800mはこれまで連を外していません。確かに58kgでない斤量で出られるのなら、確勝を期しての出走でしょう。
 しかし直前の追い切り映像を見ると、まだのようではないみたいですけどね。