lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


厩舎ランクリストを更新しました。
右サイドバー「厩舎ランクリスト」よりご覧になれます。

「厩舎ランク@京介」概要

京介メルマガ
厩舎ランクリスト
厩舎成績一覧

京介メルマガ 木曜日分は

1.レース回顧と先週の馬場傾向


先週の新潟開催ラスト週は、残念ながら開催一番の大雨に見舞われる締めとなりました。
まず先週末は、木曜どころか金曜日まで若干雨が残っていた様子なのですが、土曜日はスッカリ晴れました。おそらく日曜日も気持ち良い天候のまま続いてくれるだろうという気配だったのですが…。この日の夕方から様子が変わります。
新潟市内にも湿った空気が流れ、夜半には本格的な雨に。日曜日の開門時には一旦収まりかけたのですが、昼過ぎから雨足が強まり、特別レースの手前辺りから本格的な土砂降りになりました。おそらくは、この開催で一番の雨量だったのではないかと思われます。
新潟競馬場だからこそ、芝の馬場発表は稍重までで留まりましたが、他の競馬場なら確実に重・あるいは不良まで悪化してもおかしくないと感じるほどに、強い雨でした。
新潟記念の直後最終Rがもしダートであれば、重馬場を飛び越えて不良馬場発表になったかも知れません。ハロー掛けを終えた直後でも、僅かに水が浮いて残る様子が見て取れましたからね。

先週の土日は、それぞれ天候も違えば、馬場発表も異なるものではありました。が…、芝の傾向はおおよそ変わりませんでしたし、ダートも圧倒的先行有利のまま。
今週の回顧も、芝・ダートそれぞれまとめて回顧をします。

開催最後の週でも、今回の2回新潟は全てAコースのままです。
そして、おそらく日本一水捌けが良く、芝の根つきが良いシーズンということもあり、最後まで内ラチ沿いは破綻しませんでした。
馬場を内から見れば、さすがに内ラチ沿いだけでなく、馬場の真ん中や外ラチ沿いに至るまで、蹄跡は数多く残っています。同時に、ここ数週間は雨で馬場が緩んで路盤掘れるシーンもチラホラ見られました。
しかし、この夏の野芝は本当に強固でした。内ラチルートが土色に変わるほどに掘れていたり、ここを通って脚を取られる、滑る、ノメるといったシーンは最後まで皆無。
最終週になって雨の影響で緩んだ様子もあり、騎手が内ラチ側を避けて通るシーンも数多く見られたのですが、結局はその集団の内目を回った馬が上位に食い込む決着が続いていたように、「大外を回すべきだ」と感じる騎手の印象ほどには悪化していません。
内側と外側で、芝の色が明確に変わっているのであれば・・・

ダート

週中から適度に雨が続いたため、土曜日の朝一番から重馬場でスピード必須の状況でした。
例年、とにかく先行有利、とにかく外枠から、の傾向が続いている新潟ダートですが、今週も引き続きその王道パターンを踏まえた決着が続いていました。

◆脚質上り別集計
集計期間:2015. 9. 5 ~ 2015. 9. 6
-----------------------------------------------------
脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率 
-----------------------------------------------------
平地・逃げ   1-  2-  2-  4/  9   11.1%  33.3%  55.6% ←★
平地・先行   6-  2-  4- 20/ 32   18.8%  25.0%  37.5% ←★
平地・中団   2-  4-  1- 43/ 50    4.0%  12.0%  14.0% 
平地・後方   0-  1-  2- 38/ 41    0.0%   2.4%   7.3% 
-----------------------------------------------------
3F  1位     4-  2-  2-  2/ 10   40.0%  60.0%  80.0% ←★
3F  2位     0-  5-  0-  5/ 10    0.0%  50.0%  50.0% 
3F  3位     2-  0-  2-  6/ 10   20.0%  20.0%  40.0% 
3F ~5位    3-  2-  2-  8/ 15   20.0%  33.3%  46.7% 
3F 6位~    0-  0-  3- 85/ 88    0.0%   0.0%   3.4% 
-----------------------------------------------------

圧倒的先行有利が続いた、と言う成績です。この中団差しで勝利した2頭も、4角を5番手で通過した馬。
少なくても4角を2列目以内で回れないと勝負にならない馬場なのは変わらず。

そしていつも通り、外枠が優勢という傾向。
2枠から連対したのは、ダート1800mの未勝利戦で逃げた馬です。インベタを通って差す馬は連対皆無でした。
今週も、2列目以下で砂を被る位置で競馬をすると不利な状況。
日曜日の大雨が土曜日に来ていれば、おそらく傾向は変わっていたと思いますが、均されたフラットな馬場状態だと新潟は内が不利になります。
野中悠太騎手が2勝を挙げたり、石川裕紀人騎手が馬券圏内に4回入線したりと、煮詰まったメンバーで減量騎手が奮起した週でしたが、大まかには騎手の寡占傾向はありませんでした。
その他、馬体重別でも種牡馬別でも目立った偏りはありません。あくまで強烈なトラックバイアスの恩恵を受けられたかどうか、それのみで結果が変わった状況だったと思います。

○新潟記念

前予想でも的を絞りにくいレースでしたが、当日のパドックで見比べても勝ち負け可能な馬が両手にあまるほどのメンバーでした。
直前で大雨が降り、馬場が刻一刻と変化する過程で読みづらい状況。その上、休み明けで取捨すべき馬も数多く、上がり性能もストレートに発揮できるかどうか微妙。
そのシーンで信じられるのは、結局は当場で活躍していた騎手の分析力だった、と言う決着でしょう。

1着:Mデムーロ(新潟開催リーディング1位)
2着:柴田大知(3位)
3着:戸崎圭太(4位)
4着:吉田豊(8位)
5着:田辺裕信(2位)

この新潟開催の芝レースで、人気馬騎乗機会が多かったとは言え、勝率29.4%とその期待に大いに応えてきたミルコ・デムーロ騎手。
3コーナーでの不利の回避や、一旦は抜け出したマイネルミラノをゴール寸前で測ったように捉える絶妙な仕掛けなど、今の新潟の芝を理解しきってないと実現できない、数々のファインプレーがあったと思います。
先の福島開催では案外良い所がなかった柴田大知騎手も、この新潟開催に拘って騎乗を続け、蛯名正義・北村宏司・内田博幸騎手に対して馬質で劣っていながら(騎乗馬の平均人気で比較)も、これら3人に対し成績では上回りました。
マイネルミラノが・・・

詳細は ⇒ コチラから。

2.今週のメインレース展望


○京成杯AH

2012年に中京記念が夏の中京開催最終週に移動し、マイル戦となったのと同時にサマーマイルシリーズが履行。
そのサマーマイルシリーズの最終戦となる京成杯AHは、マイルシリーズ第1戦中京記念、第2戦関屋記念に出走した馬が勢ぞろいする形。
と同時に、3歳マイラーがやっと古馬と混じって戦うレースでもありますが、サマーマイルシリーズが発足してからは、基本的に仕上がりの差で3歳馬は不利。
歴戦のG1で戦ってきて重たい斤量を背負う古馬か、この暑い夏の新潟でひと叩きして来た馬が圧倒的に有利な傾向となっています。

2011年以前であれば、ここ京成杯AHに向かうローテーションは多岐に渡っていたのですが、サマーマイルシリーズが発足してからは様相が一変。
サマーマイルシリーズ制覇を目論む関屋記念組か、あるいはこの夏場に絶好調をアピールしている前走1着馬しか勝負になっていません。
また、57.5kg以上の重たいハンデを背負う馬でも、能力が確かに高くて重賞勝ち実績を複数ある馬ならば、休み明けの甘い仕上げの馬には上回れるのです。
サマー2000シリーズ最終戦となる新潟記念と同じく、休み明けからいきなり勝負になる馬は出現しにくいレースとなったのです。

○休み明けは全て軽視


注目すべきはこの3頭でしょう。


★ヤングマンパワー




○厩舎ランクデータ
前日の20時以降に更新予定となっております。
(木曜時点では出走馬確定版として暫定的にデータを公開)
と言う事で、もう今の時点で見られます。
9/12
9/13
詳細は ⇒ コチラから。

Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。

ファイルをTargetに読み込む方法は、
・上部のメニューバーにある「メインメニュー」 → 「調教師一覧」
・上部のメニューバーにある「ファイル」 → チェック状態CSVファイルの読み込み(インポート) にて行います。
詳しい方法は検索してみて下さい。

チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

一応の定型ですが、注意事項があります。
上記のファイルは僕個人の使用目的で作成された物であり、JRDBの運営とは無関係でございます。
また、当然ですが、Targetの作者様の認証を頂いた訳でもありません。ですので、そちらへのお問い合わせ等はご遠慮下さい。
予めご了承いただきますようお願いします。

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。