lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~



【メールマガジン配信終了に関するお知らせ】
いつも「JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
都合により、本メールマガジンは2015年10月31日(土)の配信をもちまして、配信を終了させていただきます。

配信終了日をもちまして、自動的に購読は解除となりますので、お客様の方で購読解除の手続を行なっていただく必要はございません。

これまでご購読いただきまして、誠にありがとうございました。
最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


厩舎ランクリストを更新しました。
右サイドバー「厩舎ランクリスト」よりご覧になれます。

「厩舎ランク@京介」概要

京介メルマガ
厩舎ランクリスト
厩舎成績一覧

京介メルマガ 木曜日分は

1.レース回顧と先週の馬場傾向


先週の三日間開催は、全て好天で行われました。木曜日に強い雨があり、土曜日の午前中は芝は稍重発表からスタートしましたが、それも強い日射により土曜の正午にはほぼ回復。
ダートも3日間かけて、徐々に馬場が回復していく流れでした。土曜日は水飛沫が上がるほどの不良馬場でしたが、月曜日にはすっかり乾いた良馬場に戻っていました。
中山競馬場も日を追うごとに入場者数が増加し、絶好の競馬日和となったようです。
今週は芝とダートをそれぞれ、土→日→月と、日を追うように回顧をしたいと思います。

まずは芝から。今週はBコース2週目です。(来週からCコースへ仮柵を移動)
先週2日間を終えて馬場は相変わらず絶好の状態を保っていて、1周ぐるっと見渡しても全く掘れた様子がありません。
同じだけ開催を消化した阪神競馬場の芝があれだけボロボロだったことに驚きましたが、中山競馬場は全くそういった綻びはありません。3日間連続開催を終えても、内側は悪くなるどころか踏みこなれてスピードが出ていると感じるほど。
土曜日の最初のレースだけ稍重発表でしたが、昼過ぎから良馬場へと変わり、時計面を考えても土~月の間で大幅な馬場変動はなかったと捉えています。

3日間全体を通してみると、脚質別傾向は以下の通り。

◆脚質上り別集計
集計期間:2015. 9.19 ~ 2015. 9.21
-----------------------------------------------------
脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率 
-----------------------------------------------------
平地・逃げ   1-  5-  1- 10/ 17    5.9%  35.3%  41.2% →★
平地・先行   8-  8-  5- 40/ 61   13.1%  26.2%  34.4% →★
平地・中団   7-  4-  9- 79/ 99    7.1%  11.1%  20.2% 
平地・後方   1-  0-  2- 59/ 62    1.6%   1.6%   4.8% 
-----------------------------------------------------

全体を通してみると、セントライト記念に象徴されるように、内ラチ沿い・先行有利が顕著だった傾向でした。
馬場は相変わらず内側が絶好な状態をキープしており、先週よりもさらに脚抜きの良い芝になった影響があったためでしょう。
これも、2歳馬のみ(今週は合計8鞍)に限定するとさらに傾向は顕著。

そして先週指摘した馬体重別の集計だと、先週ほどの寡占状況ではありませんでしたが、まだ小柄な馬が優位とは感じます。

◆馬体重別集計
集計期間:2015. 9.19 ~ 2015. 9.21
-------------------------------------------------------
馬体重        着別度数             勝率  連対率 複勝率 
-------------------------------------------------------
    ~399kg    0-  0-  0-  1/  1    0.0%   0.0%   0.0% 
 400~419kg    1-  2-  0- 12/ 15    6.7%  20.0%  20.0% 
 420~439kg    4-  2-  2- 24/ 32   12.5%  18.8%  25.0% 
 440~459kg    3-  3-  5- 60/ 71    4.2%   8.5%  15.5% 
 460~479kg    5-  6-  4- 50/ 65    7.7%  16.9%  23.1% 
 480~499kg    2-  3-  4- 24/ 33    6.1%  15.2%  27.3% 
 500~519kg    0-  1-  2- 13/ 16    0.0%   6.3%  18.8% 
 520~539kg    2-  0-  0-  4/  6   33.3%  33.3%  33.3% 
 540~         0-  0-  0-  1/  1    0.0%   0.0%   0.0% 
-------------------------------------------------------

特に、日曜中山10Rの初風特別を制したサザナミは、当日の馬体重が400kg。
この細身の体で1000万クラス=3勝以上のクラス(つまり2歳戦を除く)で勝てたのは、2014年4月の難波Sを制したマコトブリジャール以来のこと。
馬に性能があるかどうかだけの話ではなく、パワーがあまり活きず小器用なタイプのみが優勢になる馬場状態でないと、なかなかこのクラスは細身・小柄な馬は勝てません。
そもそも中山芝1200mは体格優位の馬が常に有利な条件ですし、この勝利には自分も驚きました。
それだけ、細身の馬の瞬発力が発揮されやすい状況であるということなのでしょう。
引き続きこの開催は・・・

ダート

まず土曜日は、まだハロー掛けが不十分だったのか?完全に水が引ききった状態ではない不良馬場からスタート。昼前の土曜4Rからある程度水が染みて重馬場へと変わります。
脚抜きが異常に良い馬場で、全く前が止まらず、そのクラスの馬の性能を遥かに超えた水準のスピードが必要で、前に行けた馬がどうにも止まらないという馬場になってしまいました。
日曜日。表面的にはほぼ乾きかけか?と感じる水準ですが、微妙に下は湿っており、実際に競馬を行うと砂煙が全く上がらなかった稍重ダート。土曜日に引き続き脚抜きの良い馬場です。
メインレース以降は良馬場と変わりましたが、レース映像を見る限りはあまり馬場の様子が変わったようには見受けられませんでした。
こちらも脚質傾向としてはほぼ土曜日と一緒で、前残り決着が顕著。しかしダート1800m中距離においては、ある程度先行馬にも息切れが起きて、スタミナが必要となる決着もありました。ダート1200mは全く前が止まらない決着のまま。
月曜日。朝から良馬場発表が変わらず。朝一番から日照が出ていたこともあり、軽く風が吹くと砂煙が上がるほどに乾ききっていました。
最初の月曜1Rから追い込み馬が圧勝したり、前2日間と比べて上がりが相当掛かる決着となっていたため、傾向が一変したか?!と思わせたのですが、実はこの日も5鞍のうち差し馬が制したのはダート1800mのみ、残りの3鞍は前残りの決着でした。
中山コース実績を過去に示している先行馬が、ハイラップで先行しても止まらなかったという決着なのです。
この3日間開催は、本当に逃げ先行馬が圧倒的な成績を残す結果となりました。


○セントライト記念

ローズSが阪神で行われた日曜日は、中山競馬場にリーディング上位騎手が全く残っていませんでしたが、それとは比べ物にならないほど騎手が豪華だった月曜日。このセントライト記念に出走する有力馬に駆けつけたためです。
しかし、重賞勝ち馬5頭、加えて重賞好走馬が2頭登場していた好メンバーとなったのですが、そのレース展開は正直、肩透かしを食ったものでした。
確かに決着から逆算すると、ミュゼエイリアンでピタリ折り合い、あの展開を演出した横山典弘騎手がお見事だったと言うべきですし、実力上位のサトノラーゼンを複数の重賞好走馬が勝負所で取り囲み、能力発揮を最後まで封じた格好でした。
サトノラーゼンがさらに伸びしろを得て強い競馬を見せてくれるという期待はまだしも、「ここでもサトノラーゼン若干有利の展開になる」と言う考えは、甘さがあったのかもしれません。
その意味では・・・

詳細は ⇒ コチラから。

2.今週のメインレース展望


○芙蓉S

例年であればスプリンターズSに置かれる、2歳マイルオープン戦でしたが、今年から2000mに距離を移して、開催週も1週前倒しになるようです。
過去の傾向を参照しにくい場面ではあるのですが…。今回は、中山コースの傾向も一緒に踏まえて、推奨馬を選びたいと考えています。
元々芙蓉Sは、福島開催の中距離新馬や新潟開催の外回り新馬戦を勝ち上がった関東馬同士の番組になることが多く、小回り経験皆無と言う組み合わせが多かったレース。
中山の外回りマイル戦だった時でも、明確な傾向はありました。


・・・だからこそこの場面で活きるのは、馬群の狭い所でもピタリ折り合いが付き、あの小回りコーナーから狭い隙間を割って出られる回転力。
他馬よりも・・・


★ルノートル



○厩舎ランクデータ
前日の20時以降に更新予定となっております。
(木曜時点では出走馬確定版として暫定的にデータを公開)
と言う事で、もう今の時点で見られます。
9/26
9/27
詳細は ⇒ コチラから。

Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。

ファイルをTargetに読み込む方法は、
・上部のメニューバーにある「メインメニュー」 → 「調教師一覧」
・上部のメニューバーにある「ファイル」 → チェック状態CSVファイルの読み込み(インポート) にて行います。
詳しい方法は検索してみて下さい。

チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

一応の定型ですが、注意事項があります。
上記のファイルは僕個人の使用目的で作成された物であり、JRDBの運営とは無関係でございます。
また、当然ですが、Targetの作者様の認証を頂いた訳でもありません。ですので、そちらへのお問い合わせ等はご遠慮下さい。
予めご了承いただきますようお願いします。

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。