中山金杯

中山金杯 過去成績

このレースは、とりあえずコレですよね。

・枠番順
t8
普通に内枠先行馬。特に1枠は鬼。
HB・前半・後半印入りの4枠位内の馬は全買いです。
どんな馬でも相手には入れておいてください。
外枠からでも人気薄なら基本は「前半」印入り。
1番人気は渋太いので、無理に人気馬を嫌わなくてもOKです。
それよりも、相手で人気薄を広く取った方が良いレース。

4枠位内でそこそこ印持ちの馬がいればベストなのだけれども…今年はこんな。
t1
どれもイマイチ印が薄い。
HB印で行くなら、2・テリトーリアルと6・カデナ。
テリトーリアルは昨年に引き続き1枠ゲット。
枠連であれば1枠流しも悪く無さそう。
前走とハンデ込みなら前半印のある5・ショウナンバルデイも圏内ですね。

5・ショウナンバルディ
t2
2走前の3勝クラス、前走の中日新聞杯と2走続けて「詰脚」パターンは「緑」を出しております。
前で競馬して、自分より前の馬は交わせるけれども、後ろの馬にやれてしまうようなタイプ。
通用する範囲内で堅実ですね。
今回のように枠に偏りがあるレースで内枠ボーナス貰ってのハンデ戦なら買い易い。
同馬の過去はこんな。
t3
ずっと外枠ばかりで、狙ったようにオレンジを引いてます。
6・7枠が殆どで、ピンクを引かないあたりが、この馬の「微妙さ」なのでしょう。
3勝クラス時には小倉記念への格上挑戦をしており、キツイ枠で前に行けずに…それなりにまとめておりました。
「詰脚」で0以上出せれば、今回も馬券圏内は大丈夫そう。


本来であれば中山金杯は
t4
それでも人気馬は1頭は必ずきている歴史。
Z2の中位人気のゾーンもほど同数。
今回人気になりそうな9・ヒシイグアスは昇級初戦。
ハンデ重賞とはいえ、昇級初戦はイマイチです。
14・ヴァンケドミンゴ、17・バイオスパークは外枠。
これもキツイ。
11・ディープボンドはHB無印。
クラシックでずっと掲示板以内を確保しておりますが、4歳のここらの馬で非ノーザンF馬だとガロアクリーク程度っぽい感。
OP特別で人気で3着あるか無いか?の位置付けでしょうか。
どれもプラスな要素に欠けますね。
3連系なら押さえるにしても、2着以内の馬券では嫌っても良さげ。


〇5・ショウナンバルディ
▲2・テリトーリアル
▲6・カデナ
△3・ココロノトウダイ
△8・リュヌルージュ
△9・ヒシイグアス

3連系であれば、HB印付きと前半上位は馬を見ずに3列目に入れます。
メインは内枠によせた枠連と、10倍台くらいの単勝…という馬券になりそうですね。