lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~



【メールマガジン配信終了に関するお知らせ】
いつも「JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
都合により、本メールマガジンは2015年10月31日(土)の配信をもちまして、配信を終了させていただきます。

配信終了日をもちまして、自動的に購読は解除となりますので、お客様の方で購読解除の手続を行なっていただく必要はございません。

これまでご購読いただきまして、誠にありがとうございました。
最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


厩舎ランクリストを更新しました。
右サイドバー「厩舎ランクリスト」よりご覧になれます。

「厩舎ランク@京介」概要

京介メルマガ
厩舎ランクリスト
厩舎成績一覧

京介メルマガ 木曜日分は

1.レース回顧と先週の馬場傾向


先週の中山競馬場は、木曜日の雨が金曜日夜半まで続き、土曜開催中は曇りから徐々に晴れ間が出る流れ。そしてその夜半にまた雨が降って、日曜日も同じく昼過ぎに雲が晴れると言う流れでした。
そのため、土曜メインで一度は良馬場に回復したはずなのに、日曜日の午前中にまた稍重に戻っています。
ダートは水が浮いていたのは土曜日の午前中までで、その後はずっと異常に速い時計が出る状態を維持。日曜日も同様で、不良馬場から重馬場に変わったとしても、回復・あるいは変化があったとはとても言えないほど、同じ水準で速い馬場でした。
今週は芝・ダートそれぞれ、土日まとめて回顧をします。

今週は仮柵をBコースからCコースに移動しています。
先週までのBコースの時も内ラチ沿い有利な傾向でしたが、踏みこなれた部分のど真ん中に仮柵が置かれ、蹄跡が多いのは内側から2頭分ほど。その外側、4頭分よりも外を回るとまだ芝が立っている状態です。
雨の影響で湿っていたとは感じるのですが、それでも露骨に路盤が緩むほどではなく、芝で滑るなどと言った現象も見られませんでした。
そうなるとやはり、脚抜きの問題で蹄跡が多く均されている内ラチ沿いが圧倒的に有利。特に土曜日の序盤は、逃げ馬や2番手の馬の押し切りばかりでした。
この傾向も、開催が進んで芝レースを5つもこなしてくると、日曜日のように全面的に踏みこなれて、若干外目を差す形でも伸びるようになります。
が、結局日曜日の後半まで、馬場の大外が伸びることはなく、道中外を回って押し上げる形はかなり不利でした。
スタート直後から1コーナーまでが長く、ゲートの不利をすぐ挽回できる2000~2500mを除くと、以下の通り外枠の不利が顕著。

◆枠番別集計
集計期間:2015. 9.26 ~ 2015. 9.27
 距離:1200m~1800m
------------------------------------------
枠番  着別度数        勝率  連対率 複勝率 
------------------------------------------
1枠  0- 1- 0-11/12    0.0%   8.3%   8.3% 
2枠  1- 0- 0-11/12    8.3%   8.3%   8.3% 
3枠  0- 3- 0- 9/12    0.0%  25.0%  25.0% 
4枠  4- 2- 1- 7/14   28.6%  42.9%  50.0% 
5枠  1- 1- 2-10/14    7.1%  14.3%  28.6% 
6枠  1- 0- 1-12/14    7.1%   7.1%  14.3% 
7枠  0- 0- 2-12/14    0.0%   0.0%  14.3% ←☆
8枠  0- 0- 1-13/14    0.0%   0.0%   7.1% ←☆
------------------------------------------


◆4角位置別集計
集計期間:2015. 9.26 ~ 2015. 9.27
------------------------------------------------------
4角位置     着別度数             勝率  連対率 複勝率 
------------------------------------------------------
 5番手以内    7-  6-  3- 24/ 40   17.5%  32.5%  40.0% 
 7番手以下    0-  0-  4- 55/ 59    0.0%   0.0%   6.8% 
------------------------------------------------------

全ての距離の集計をしても、今週4角7番手以下から差し勝ったのは、オールカマーを制したショウナンパンドラのみ。同時に、今週の芝で連対した人気薄は、全て3~4角を5番手以内で通過していた馬。
4角で既に先行集団に取り付いていて、トップスピードに乗っている体勢になるよう仕掛けていないと、勝負にならない週だったということです。
他馬の出方を窺って控えるタイプの騎手や、出遅れが顕著な騎手では、全く勝負になりませんでした。
しかし経過を見るとおりに、土曜日はかなり前の組有利ではあったものの、時間経過とともに騎手もそれを察知し、馬場も踏みこなれてきたために差し馬が来れる状況へと変化しています。
そもそも先週指摘したとおり、先行馬圧倒的有利なのは・・・

ダート

木曜日にかなり大量の降雨があったようで、土曜日のスタート時点から水が浮いていました。これは一度昼過ぎにハロー掛けを行うと、真っ黒な馬場に変わります。
しかし大量に水分を含んでいましたし、馬群が通過すれば砂煙ではなく水飛沫が上がる馬場状態。
何よりも、そのクラスで出るはずがない、異次元のタイムが頻発したのが一番の特徴です。日曜日の重馬場になっても、この傾向は続きました。
この開催を通しての比較だと、2週前の重馬場ダートよりも速いタイムが出ました。
土曜3Rの3歳未勝利戦ダート1200mで1分10秒9、これは良馬場なら中山ダート1200m重賞で出るタイムに並ぶ水準。
土曜6Rの3歳以上500万下ダート1800mで1分50秒4、これは中山ダート良馬場ではオープン・重賞レベルでも10年遡って出ていない水準。
普段のスタミナが必要な中山ダートと比べて、大幅に様変わりした馬場状態でしたし、多少無理をしても全く止まらない状況だったため、行き切ることが非常に有利。
逃げ馬が一旦前に出てしまうと、後続は自滅を待つほかないというダートだったのです。



普段の中山ダートでは、むしろ距離短縮ローテーションの方が優勢になることが多いのですが、今週は違います。
ダート1200mならば前走新潟直線1000mやローカルの1000m戦、ダート1800mならば前走マイルや1400mなどの距離から挑んでくる馬の方が、この速い馬場にすぐ反応できる性質があったようです。
特に、今回距離延長の馬は、出走していれば必ず1頭は馬券に絡む活躍。同距離挑戦の馬ですら戸惑う馬場状態ですから、それなりの優位があったのでしょう。
ここまで顕著な傾向が出ていると・・・

○オールカマー

先行馬が出走馬の半数を占めたメンバーで、余程厳しい先行争いが繰り広げられるものと思われたのですが、蓋を開けてみればマイネルミラノの単騎楽逃げ。途中までこれはやられたか…!と思わせたレース展開でしたが、しかし。
完全に流れを掴みきってたはずのマイネルミラノは、自分のテンポでのスパートを仕掛けて直線で沈み、切れ味に勝るショウナンパンドラ・ヌーヴォレコルトがG1馬の底力を見せ付けると言う決着になりました。
パドックでショウナンパンドラの好調の気配は感じてこそいましたが、この距離・牡馬相手だと当日はまだ半信半疑。
先週の中山芝は、外を回る差し馬が非常に苦しい傾向だったはず。ヌーヴォレコルトが道中全くロスせず内を通すかと思わせたその場面で、4角大外から一気の末脚で差し勝った実力は本物でしょう。エリザベス女王杯でも重い印を打たざるを得ない内容だったと思います。
同時に、ここまで牝馬不利の傾向だったオールカマーというレースも・・・

詳細は ⇒ コチラから。

2.今週のメインレース展望


○シリウスS

シリウスSが開催される9月末~10月初旬は、年末に行われるジャパンカップダートは2開催後とまだまだ遠いため、G1レースを連戦するような本格派はまだ始動していません。
シリウスSの出走馬が毎年地味なメンバーになりがちで、ペースも大きく緩んでしまうのは、ハンデ戦G3であるためにG1級の実績馬がなかなか出走しにくく、強い馬が負けやすい条件であることも関係しているはず。
シリウスSの条件が阪神ダート2000mに変更されてからここ7年間は、準オープンから勝ち上がった直後の馬が5勝。
昨年こそ重賞複数勝利しているクリノスターオーが勝利しましたが・・・



○厩舎ランクデータ
前日の20時以降に更新予定となっております。
(木曜時点では出走馬確定版として暫定的にデータを公開)
と言う事で、もう今の時点で見られます。
10/3
10/4
詳細は ⇒ コチラから。

Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。

ファイルをTargetに読み込む方法は、
・上部のメニューバーにある「メインメニュー」 → 「調教師一覧」
・上部のメニューバーにある「ファイル」 → チェック状態CSVファイルの読み込み(インポート) にて行います。
詳しい方法は検索してみて下さい。

チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

一応の定型ですが、注意事項があります。
上記のファイルは僕個人の使用目的で作成された物であり、JRDBの運営とは無関係でございます。
また、当然ですが、Targetの作者様の認証を頂いた訳でもありません。ですので、そちらへのお問い合わせ等はご遠慮下さい。
予めご了承いただきますようお願いします。

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。