この記事も今回を含めあと3回!

lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~



【メールマガジン配信終了に関するお知らせ】
いつも「JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
都合により、本メールマガジンは2015年10月31日(土)の配信をもちまして、配信を終了させていただきます。

配信終了日をもちまして、自動的に購読は解除となりますので、お客様の方で購読解除の手続を行なっていただく必要はございません。

これまでご購読いただきまして、誠にありがとうございました。
最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


厩舎ランクリストを更新しました。
右サイドバー「厩舎ランクリスト」よりご覧になれます。

「厩舎ランク@京介」概要

京介メルマガ
厩舎ランクリスト
厩舎成績一覧

京介メルマガ 木曜日分は

1.レース回顧と先週の馬場傾向


先週の東京競馬場は、かなり雨で湿る予報が出ていましたが、幸運にも少量で済みました。
土曜日は曇り空のまま落ち着いてくれましたし、大雨の本命だった日曜日も、午前中に弱い雨がパラパラ落ちる程度でほぼ傘要らず。昼過ぎには雨も止み、毎日王冠の頃には雲も晴れて、良馬場でメインレースを迎えられました。そして月曜日は雲が掻き消えて1日を通して快晴。
結局3日間通して、芝もダートも重馬場にまで悪化したタイミングはなし。芝が渋った馬場だった時も顕著な脚質の偏りもありませんでしたし、ダートも稍重発表とは言え、表面が湿ったぐらいで極端な高速馬場にはなっていません。
今回の回顧は、3日間通して芝・ダートそれぞれまとめた内容としました。

土曜日の最初は、全く踏みこなれた部分のないまっさらな芝で、いつもそうですが緑の絨毯のような絶好の馬場状態。
しかしそれも、日曜日の後半に芝レースを10鞍終えた辺りでビッシリと蹄跡が残り始め、月曜日の最後に3日間17鞍を消化ともなると、随分荒れ目が目立つようになりました。
馬場補正が入るタイミングが全くなかったとは言え、いつもこちらが感じている以上に、芝が荒れ始める進みが早いように思います。
月曜日になった時点で、芝の内ラチ沿いから10頭分ぐらいまで全面的に蹄跡がありましたし、最終レースになるとなぜかレースで使っていないはずの外ラチ沿いにまで蹄跡が増え始めています。
返し馬でチョイチョイそのルートを使うことはあるのでしょうけれども、見た目には新潟の開催後半のようになっています。
決して土煙が上がるというわけでもないですし、芝レースを消化していく過程で速い決着にはなっているので、芝の根つきが悪かったり、凹凸が発生してたりではないと思うのですが…。
ともかく、前回の4回阪神開催のように、芝の密度が薄いかも知れず、すぐに剥げてしまう懸念は持っておいた方がいいのかも。

全体としてはスローペースで進行しがちな開催ですし、開幕週だからといって時計が速くはなりにくいのが秋の東京開幕週。
今週も例によって、標準やや遅め、ペース次第で若干速い決着がたまに発生する、と言う程度でした。
メインレースの毎日王冠も、スローペースになりがちのレース質とは言え、1分45秒半ばであれば例年並みの水準。
そして、中山とはまた違って・・・


ダート

続いてダート。
良馬場だった土曜日や月曜日も、散水により表面が若干湿り気を帯びていました。脚抜きが良くなるというほどではないのですが、砂煙が高く舞い上がらない馬場状態ではあったのです。
そのため、今週のダートは本当にフラットな馬場状態だったと感じました。
時計も異様な速さとは無縁で、軽い雨で湿った日曜日も、速いタイムが出たのは新馬戦など一部異様なレース展開になった時だけです。
まず不利枠・有利枠の格差が全くありませんでしたし、

◆枠番別集計
集計期間:2015.10.10 ~ 2015.10.12
------------------------------------------
枠番  着別度数        勝率  連対率 複勝率 
------------------------------------------
1枠  3- 1- 2-27/33    9.1%  12.1%  18.2% 
2枠  0- 4- 1-28/33    0.0%  12.1%  15.2% 
3枠  3- 1- 4-25/33    9.1%  12.1%  24.2% 
4枠  2- 3- 4-26/35    5.7%  14.3%  25.7% 
5枠  2- 2- 1-30/35    5.7%  11.4%  14.3% 
6枠  1- 3- 1-30/35    2.9%  11.4%  14.3% 
7枠  4- 1- 1-30/36   11.1%  13.9%  16.7% 
8枠  3- 3- 4-26/36    8.3%  16.7%  27.8% 
------------------------------------------

脚質的にも逃げ・4角後方追い込み馬にも適度にチャンスが回ってくる状況。


そして緩いタイプの多いノーザンダンサー系が不利で、ミスプロ系の人気馬が強いのも相変わらず。
極端に尖った傾向が発生せず、「普段どおりで味気のない東京ダートの傾向」のままだった印象です。
意外に中山ダートのバテ合い展開で好走した馬が、この上がり重点となる東京開催でも活躍できていたりと、東京コース特化タイプに優勢とはなっていません。
現状は人気薄のチャンスを狙う姿勢は止めて、上位人気の馬が人気通りに好走できるかどうかの判断を先にした方が無難でしょう。


○毎日王冠

あれだけ上位厩舎がひしめくメンバーであるにも関わらず、1着馬と3着馬が灰色ランクの厩舎。
いくら放牧帰りでの仕上げで、確かに展開も先行馬に有利な条件だったとは言え、高額条件では必ず上位ランクからと推奨している身としては、唸らざるを得ません。
高額条件の休み明け仕上げ勝負に関しては、本当に厩舎の影響力が薄くなってきたと感じました。
エイシンヒカリの坂口正則厩舎は、同馬のエプソムC優勝以来勝ち星がないままでしたし、イスラボニータの栗田博憲厩舎も今年の5勝は全て放牧帰りでのもの。
厩舎に置いてまともに勝ちを稼げる仕上げができず、真っ当なスタッフが不在の厩舎であっても、重賞で勝ち負けする馬を送り出せる…ということです。
その絶不調の厩舎にとって、エイシンヒカリやイスラボニータは命綱のような存在であり、それこそこの馬だけは決してダメにしてはいけないと意気込んで出走するのもまた確かなのですが…。
今回のように本格的にG1を狙える馬が何頭も出走していて・・・


詳細は ⇒ コチラから。

2.今週のメインレース展望


○東京ハイジャンプ

今年は日曜9Rの特別戦に回されましたが、東京ハイジャンプを分析してみたいと思います。
夏の6月に行っていたものを10月へと移動し、距離を縮めると同時に賞金も減額となってしまったレースですが、どうもここ最近は出走馬の質が上がっているように感じます。
出走頭数こそ11頭と少ないものの、今年も前走1着馬が5頭、重賞で掲示板に載った馬が6頭とかなりの好メンバー。単純な1頭軸にするのが難しいほどです。
まずはこの3110mになり、1着賞金4000万になった2012年から、過去3年ほどの傾向を見てみましょう。

2012年
1着 デンコウオクトパス 60kg 前走:阪神JS JG3 1番人気3着
2着 ナリタシャトル 60kg 前走:阪神JS JG3 7番人気2着
3着 シゲルジュウヤク 60kg 前走:新潟JS JG3 3番人気1着

2013年
1着 オースミムーン 60kg 前走:阪神JS JG3 2番人気1着
2着 バアゼルリバー 61kg 前走:中山GJ JG1 1番人気6着
3着 ネオレボルーション 60kg 前走:障害OP 10番人気1着

2014年
1着 サンレイデューク 60kg 前走:東京JS JG3 7番人気6着
2着 エーシンホワイティ 60kg 前走:新潟JS JG3 1番人気1着
3着 オースミムーン 61kg 前走:阪神JS JG3 2番人気3着

どちらかと言えば人気でまとまりがちなレースかと思いきや、昨年のサンレイデュークの激走には正直ビックリしました。
しかし安定して走っているのは、東京障害好走馬でも、毎年複数出走してる前走1着馬でもありません。
ローテーションの関係で夏の重賞からの転戦が多いですし・・・

★エーシンホワイティ




○厩舎ランクデータ
前日の20時以降に更新予定となっております。
(木曜時点では出走馬確定版として暫定的にデータを公開)
と言う事で、もう今の時点で見られます。
10/17
10/18
詳細は ⇒ コチラから。

Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。

ファイルをTargetに読み込む方法は、
・上部のメニューバーにある「メインメニュー」 → 「調教師一覧」
・上部のメニューバーにある「ファイル」 → チェック状態CSVファイルの読み込み(インポート) にて行います。
詳しい方法は検索してみて下さい。

チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

一応の定型ですが、注意事項があります。
上記のファイルは僕個人の使用目的で作成された物であり、JRDBの運営とは無関係でございます。
また、当然ですが、Targetの作者様の認証を頂いた訳でもありません。ですので、そちらへのお問い合わせ等はご遠慮下さい。
予めご了承いただきますようお願いします。

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。