lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~



【メールマガジン配信終了に関するお知らせ】
いつも「JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
都合により、本メールマガジンは2015年10月31日(土)の配信をもちまして、配信を終了させていただきます。

配信終了日をもちまして、自動的に購読は解除となりますので、お客様の方で購読解除の手続を行なっていただく必要はございません。

これまでご購読いただきまして、誠にありがとうございました。
最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


厩舎ランクリストを更新しました。
右サイドバー「厩舎ランクリスト」よりご覧になれます。

「厩舎ランク@京介」概要

京介メルマガ
厩舎ランクリスト
厩舎成績一覧

京介メルマガ 木曜日分は

1.レース回顧と先週の馬場傾向


先週の東京競馬場は、土曜日午前中こそ前日雨の影響が残っていましたが、開催中は雨が留まり曇り空。何とか雨は持ちました。
日曜日は朝から気持ちの良い快晴で、ずっと強い日差しが出る1日。
芝は土・日で稍重→良、ダートは土・日で不良→重と変化はしていますが、どちらも土日で大きな変化はなかったと判断しています。

芝は先週の時点から蹄跡がかなり増えていて、馬場の荒れ具合がやけに早いとお伝えしましたが、今週はよりその傾向が顕著になったと感じました。
明らかに馬場の内が悪化しており、先行馬が沈黙。逆に外を回した追い込みがバンバン決まる、瞬発力特化馬場になっていました。

◆脚質上り別集計
集計期間:2015.10.17 ~ 2015.10.18
-----------------------------------------------------
脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率 
-----------------------------------------------------
平地・逃げ   0-  2-  2-  8/ 12    0.0%  16.7%  33.3% 
平地・先行   2-  2-  2- 35/ 41    4.9%   9.8%  14.6% 
平地・中団   7-  4-  5- 46/ 62   11.3%  17.7%  25.8% ←★
平地・後方   3-  3-  3- 39/ 48    6.3%  12.5%  18.8% ←★
平地・マクリ    0-  1-  0-  0/  1    0.0% 100.0% 100.0% 
-----------------------------------------------------
3F  1位     7-  2-  2-  1/ 12   58.3%  75.0%  91.7% ←★★
3F  2位     2-  5-  2-  4/ 13   15.4%  53.8%  69.2% ←★
3F  3位     1-  2-  1- 10/ 14    7.1%  21.4%  28.6% 
3F ~5位    1-  2-  5- 19/ 27    3.7%  11.1%  29.6% 
3F 6位~    1-  1-  2- 93/ 97    1.0%   2.1%   4.1% 
-----------------------------------------------------

単純な集計で、先行<追い込みとなっている状況が既に特殊ですし、上がり最速馬の勝率が5割を超えています。そして上がり最速+上がり2位or3位の組み合わせとなった決着が、8鞍もありました。
しかもここから先行馬が残りやすい2歳戦のデータを排除して、3歳以上古馬戦のみのデータを見ると、逃げ・先行馬はほぼ好走なしに近い結果になります。


土曜日から既に、直線馬場の4分所が一番伸びる傾向があり、勢いに乗って馬場の外に持ち出すパターンが一番勝ちに近い戦略。
逆に内ラチ沿いがほぼ終わっている様子で、インベタを通ると全く伸びません。
開催中につぶさにレースを追っていると・・・

ダート

土曜日の朝一番は、ハロー掛けをしてもまだ水が浮いていて、馬群が通過すると水飛沫が上がる状態でした。
昼過ぎには馬場発表こそ不良馬場のままでも、水は引いたのですが、強烈に時計の速い決着が続きます。
そして日差しが多少でも強くなった日曜日であっても、それほど時計の水準が落ちなかったのが驚き。
どうもこの開催のダートは、風が吹いていても案外乾燥していかない印象で、表面だけ乾いてもその下に湿った層があると、相当に脚抜き良い状況が維持されるのでしょう。
全体の集計では、逃げ馬も差し馬もほとんど均等に活躍馬が出ていました。

◆脚質上り別集計
集計期間:2015.10.17 ~ 2015.10.18
-----------------------------------------------------
脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率 
-----------------------------------------------------
平地・逃げ   1-  2-  1-  7/ 11    9.1%  27.3%  36.4% 
平地・先行   4-  3-  7- 28/ 42    9.5%  16.7%  33.3% 
平地・中団   6-  6-  3- 43/ 58   10.3%  20.7%  25.9% 
平地・後方   0-  0-  0- 49/ 49    0.0%   0.0%   0.0% 
-----------------------------------------------------
3F  1位     3-  2-  2-  4/ 11   27.3%  45.5%  63.6% ←★
3F  2位     2-  3-  2-  7/ 14   14.3%  35.7%  50.0% ←★
3F  3位     4-  5-  1-  4/ 14   28.6%  64.3%  71.4% ←★
3F ~5位    2-  1-  1- 13/ 17   11.8%  17.6%  23.5% 
3F 6位~    0-  0-  5- 99/104    0.0%   0.0%   4.8% 
-----------------------------------------------------

ひとまず上がり上位に数えられる馬が、どのレースでも必ず活躍していたように、速い上がりを記録できる馬が有利な、標準的な東京ダートでした。
どちらかというと土曜日の午前中に逃げ馬が優勢で、日曜日になると・・・

○秋華賞

過去にないハイラップ展開となり、大激戦のレコード決着を制したのは、ミッキークイーン。
池江泰寿厩舎にまたもやG1タイトルがもたらされました。
当日の映像で体つきを見直すと、やはり、改めて、厳しく仕上げて良しとするタイプなのでしょう。背丈がありながらも本当にお尻が他馬と比べても小さく、四肢の管が非常に細いタイプ。
後ほんの少しバランスが悪ければ、高負荷に耐えられないだろうと不安がらせる形ではあります。
それを、春は一度崩しかけたリズムを立て直してオークス制覇まで成し遂げ、秋にはタフな展開で強靭な末脚を発揮できるまでに鍛え上げる。
いかに素質が高い馬とは言え、壊すリスクと紙一重、いや他の馬と比べても体つきが安定しそうにない馬で、なかなか出来ることではありません。
こういった難しさを思わせる馬であればあるほど、改めて厳しい過程で力強さを引き上げる、関西S級厩舎の実力を再認識させました。

レッツゴードンキは、大いに残念でした。梅田智之厩舎としても、かなり渾身の仕上がりだと思ったのですが…。
しかし厳しい流れを他の馬に演出されて・・・

詳細は ⇒ コチラから。

2.今週のメインレース展望


○富士S

ディープインパクト産駒が古馬のマイル路線を徐々に蹂躙し始めてから3~4年ほどが経ちますが、この富士Sも例外ではありません。
毎年時計の速い決着となりがちで、同時に速い上がりも必須という設定の富士Sですから、スピードセンスの高いタイプが圧倒的に有利。
過去3年、このレースに出走してきたディープインパクト産駒は、毎年確実に連対を果たしているんです。

2012年
2着 ファイナルフォーム 堀宣行厩舎

2013年
1着 ダノンシャーク 大久保龍志厩舎
2着 リアルインパクト 堀宣行厩舎

2014年
1着 ステファノス 藤原英昭厩舎
5着 エキストラエンド 角居勝彦厩舎
7着 ダノンシャーク 大久保龍志厩舎
14着 トーセンレーヴ 池江泰寿厩舎

2012年は出走1頭のみのファイナルフォームが2着し、2013年はたった2頭のみの出走でワンツーを決めました。
昨年は有力馬も敗れていましたが、次走福島記念勝ち馬とマイルCS勝ち馬を抑えての勝利ですから、能力の差を条件・馬場適性で上回る部分が大きいのでしょう。
単純に適性評価だけでディープインパクト産駒を推奨できるレースということです。
1~3番人気の馬だとしても、上位厩舎からの出走するディープ産駒ならば、嫌わず評価すべきでしょう。


○厩舎ランクデータ
前日の20時以降に更新予定となっております。
(木曜時点では出走馬確定版として暫定的にデータを公開)
と言う事で、もう今の時点で見られます。
10/24
10/25
詳細は ⇒ コチラから。

Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。

ファイルをTargetに読み込む方法は、
・上部のメニューバーにある「メインメニュー」 → 「調教師一覧」
・上部のメニューバーにある「ファイル」 → チェック状態CSVファイルの読み込み(インポート) にて行います。
詳しい方法は検索してみて下さい。

チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

一応の定型ですが、注意事項があります。
上記のファイルは僕個人の使用目的で作成された物であり、JRDBの運営とは無関係でございます。
また、当然ですが、Targetの作者様の認証を頂いた訳でもありません。ですので、そちらへのお問い合わせ等はご遠慮下さい。
予めご了承いただきますようお願いします。

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。