lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~



【メールマガジン配信終了に関するお知らせ】
いつも「JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
都合により、本メールマガジンは2015年10月31日(土)の配信をもちまして、配信を終了させていただきます。

配信終了日をもちまして、自動的に購読は解除となりますので、お客様の方で購読解除の手続を行なっていただく必要はございません。

これまでご購読いただきまして、誠にありがとうございました。
最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

【Keiba@niftyプレミアムメールマガジン】JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~


厩舎ランクリストを更新しました。
右サイドバー「厩舎ランクリスト」よりご覧になれます。

「厩舎ランク@京介」概要

京介メルマガ
厩舎ランクリスト
厩舎成績一覧

京介メルマガ 木曜日分は

1.レース回顧と先週の馬場傾向


先週の東京競馬場は、かなり肌寒く強めの直線向かい風が吹いていましたが、同時に日差しも強烈で、馬場側はポカポカと暖かい気候のまま2日間を終えました。
建物で陰になるパドック側は結構寒かったのですが、馬場の方は秋空らしくスカッと晴れて乾燥していました。
芝も先週並みの馬場状態を保っており、ダートはパサパサに乾いた状況を維持。土日での変化は、全くなかったと考えて良いでしょう。

先週東京7日目までがAコースで、今週末はBコース(内側から3m程外に移動)となります。
どうもこの開催は芝が薄いのか、馬場に蹄跡が残りやすいと伝えていますが、内ラチ沿いは1周ぐるっと芝が剥げて掘れ始めました。
もう土曜日の後半から日曜日にかけて、馬群が内ラチ沿いに接近すると、砂煙が上がるようになっています。
土煙と言う印象ではなく、騎手の腰辺りにまで煙が浮くので、やはりこれは砂でしょう。掘れた部分を砂で埋める、いつもの補正です。
見た目にかなり荒れていて、直線で大外に持ち出す馬がいても、時計のレベルが全く落ちなかったのはこれが原因。スピードの水準が落ちず、上がりの速い決着が続き、最後まで鈍足大トビに出番はなく細身の瞬発力タイプが優位の状況が続きました。
富士Sがディープインパクト産駒のワンツーで決着し、土日の全13鞍のうち、父サンデー系が8勝・母父サンデー系が4勝ですから、タメキレを駆使できるタイプでないと勝負になりませんでした。
また、全面的に馬場補正を積極的に行うことで・・・


馬場から砂煙が立ち上る様子が露骨に目に付くようになってから、逃げ馬の激走も多数見られるようになりました。

◆脚質上り別集計
集計期間:2015.10.24 ~ 2015.10.25
-----------------------------------------------------
脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率 
-----------------------------------------------------
平地・逃げ   1-  4-  0-  9/ 14    7.1%  35.7%  35.7% ←★
平地・先行   3-  2-  6- 35/ 46    6.5%  10.9%  23.9% 
平地・中団   5-  3-  4- 48/ 60    8.3%  13.3%  20.0% 
平地・後方   3-  4-  3- 33/ 43    7.0%  16.3%  23.3% 
平地・マクリ    1-  0-  0-  0/  1  100.0% 100.0% 100.0% 
-----------------------------------------------------
3F  1位     6-  4-  3-  4/ 17   35.3%  58.8%  76.5% ←★
3F  2位     3-  3-  2-  6/ 14   21.4%  42.9%  57.1% ←★
3F  3位     3-  3-  1-  6/ 13   23.1%  46.2%  53.8% ←★
3F ~5位    1-  2-  3- 22/ 28    3.6%  10.7%  21.4% 
3F 6位~    0-  1-  4- 87/ 92    0.0%   1.1%   5.4% 
-----------------------------------------------------


思い切って逃げて、ペースを落としての逃げならば、まだ通用する状況にはなっていたのです。
相変わらず切れ味優位の馬は優秀なのですが、先週ほどの寡占状況にはなっていません。
芝の生育状況は決して良くはなくて、追い込み馬独占となりかけた東京開催ですが、こうして人の手が入ってフラットな状況に戻ろうとしています。
もちろん馬券を当てる上では、極端に偏ってくれた方が非常にやりやすいですし対処が楽で助かるのですが。
しかしボロボロになっていく状況を自然に任せて放置と言うわけには行かないのでしょう。馬場が原因での故障は避けなければいけませんし…。


ダート

水撒き処理をしていなければ、砂煙が風で高く舞い上がるほどにパサパサに乾いており、どちらかというと若干力が要る、標準並みか僅かに時計が掛かる状況だったと言えます。
おまけに土日ともに、昼過ぎからはそこそこ強い直線向かい風もあったので、足腰がしっかりしていないと惰性を付けられない状況でもありました。
東京コースとしての特性(上がり重点、追い込みも届く)は活きていますが、基本に立ち返った・・・


減量騎手がただ先行するだけでも、相当に期待値が高かった状況だったのです。
どこぞのローカルと似たような結果になっていますが、タメキレを封じられる状況にさえなれば、東京コースであってもこのような競馬に変わるのです。
ただし現場では、パターンに合うからと狙っていた馬が、思わぬ出遅れでパーにされたこと数度。これには参ってしまいました…。
特別戦ではメンバーの中で馬体重が上位の馬。平場の条件戦ならば、先行してくれそうな減量騎手。
今週末も同じような秋晴れとなるのなら、この2パターンが肝要となるでしょう。


○菊花賞

厩舎筋からの強調点も、池江泰寿厩舎の2頭出しや、別路線からG1を狙いに来た友道康夫厩舎ぐらいしか考えが及ばず、なんとも予想のアテを見つけにくい悩ましいレースでした。
結果を終えてみれば、結局は春の力関係のまま「2冠馬は強い」と言う事実に変わりなく、夏の条件戦上がり馬の力不足を実感しました。
やはり、重賞勝ち馬やG1好走馬の底力には感心すべきであり、春にも重賞好走した馬がこの秋の前哨戦でも重賞で勝ち負けしているのなら、ことさら評価を下げる必要はなかったということですね。
今回の決着に追いては、「この厩舎だからこそ」という激走ではなかったように思います。

ただ、今回キタサンブラックで菊花賞を制した、清水久詞厩舎に少し触れておきます。
キタサンブラック自身の新馬戦デビュー以降・・・

詳細は ⇒ コチラから。

2.今週のメインレース展望


○カシオペアS

東京競馬場で行われる天皇賞秋の、裏になる京都メインレース。何年もしばらく日程もレース名も変わっていないので、既に名物レースと見なしても良いでしょう。
ただ、天皇賞秋はその後にJCや海外挑戦を展望する馬が大挙登場するために、有力海外騎手・国内上位騎手がほとんど全て東京競馬場に集結する傾向があります。その流れでいい馬が集まる分、当日の東京開催は条件戦でも高レベル戦が頻発しがち。
その反動で、この日の京都開催・カシオペアSはほぼ裏開催の様相。地味な騎手や減量騎手が居残りで人気の中心となり、馬質もかなり落ちる傾向にあるのです。
このカシオペアSも、どちらかというと裏メインを飾る有力馬が集結…とはならず、オープンをずっと勝ち損ねている高齢馬の溜まり場となってしまっています。
カシオペアSは、その上がり目のない高齢馬が6~8割ほど集まる中で、ポツポツと登場してきた若い馬がアッサリ勝ちを攫うという流れになりやすいレースなのです。


勝ち負けの役がハッキリしていて、京都の高速馬場適性があるなしではないのですね。
次のG3を狙うには谷間のタイミングで中途半端な場面にあるオープン戦なので、底を打った馬が集まりやすい半面、将来性のある素質馬がなかなか登場しにくい→出てきたからには買い、という形になります。
なのでこのレースは、話が単純。






○厩舎ランクデータ
前日の20時以降に更新予定となっております。
(木曜時点では出走馬確定版として暫定的にデータを公開)
と言う事で、もう今の時点で見られます。
10/31
11/1
詳細は ⇒ コチラから。

Target用の厩舎ランクインポート用のCSVファイル

Targetインポート用のCSVファイルを用意しました。
このファイルを読み込むと、最新ランクのチェック状態になります。

ファイルをTargetに読み込む方法は、
・上部のメニューバーにある「メインメニュー」 → 「調教師一覧」
・上部のメニューバーにある「ファイル」 → チェック状態CSVファイルの読み込み(インポート) にて行います。
詳しい方法は検索してみて下さい。

チェック用のコードは、
01 赤
02 オレンジ
03 黄色
05 白
06 青
07 紫
08 灰色

このような順になっているのですが・・・。
Targetのデフォルトの配色とは異なります。
環境設定→騎手・調教師の設定にて、各コードへの色を設定する必要があります。
ただし、この設定は騎手のチェック色と同じパレットを使っているため、調教師だけ色を変えるという事が出来ません。
もし現在チェック状態を活用されているのであれば、注意が必要です。

厩舎ランクに合わせた色を設定すると、このような感じになります。
title


ファイルのダウンロードは → コチラ

一応の定型ですが、注意事項があります。
上記のファイルは僕個人の使用目的で作成された物であり、JRDBの運営とは無関係でございます。
また、当然ですが、Targetの作者様の認証を頂いた訳でもありません。ですので、そちらへのお問い合わせ等はご遠慮下さい。
予めご了承いただきますようお願いします。

厩舎ランクって何?は
厩舎ランク概要
にて説明しております。