「外厩」一覧PDF版をコンビニでも入手出来るようになりました

セブンイレブンを除く、主要なコンビニに設置してあるコピー機からご購入頂けます。
プリント方法

上記の手順の中の

t1

右下にある「外厩シート」がをタッチして下さい。
販売開始時刻はTwitter(@jrdvsp)にてお知らせしております。


「外厩」一覧PDF版 5/7


「外厩」一覧PDF版の見方

「外厩」データをPDF版にまとめました。
1ページで4レース分、1場3ページになります。
今走の「外厩」は当然ながら、前走時の「外厩」も掲載しているので「2走目」もカバー出来ます。
「外厩」+厩舎の芝・ダ別成績、JRDBの「追い切り」指数(1週前も)、「外厩」+馬主成績他。


JRDB印一覧 5/7


激走馬の列で背景色が「黄色」になっているのは「展開1着激走馬」に該当します。
IDM・展開・激走馬印、全てが揃っている馬は馬名が「赤文字」の表記。
3つの印の内2つに入っている時には「太文字」です。


外厩一覧 5/7


厩舎名の背景色は「厩舎ランク」になっています。
「間隔」は中~週の数字。
「週数」は帰厩からレースまでの週。
馬名が太文字の馬は「外厩」+厩舎で相性の良い組み合わせ。
馬名、騎手名、調教師名、放牧先名をクリックで各成績データ画面を表示。


どちらのファイルもレース当時の夕方には成績を入れて再作成しています。


外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
(JRDB会員専用)
厩舎ランクのTarget用ファイルもここからダウンロード出来ます。
(JRDB会員専用)


印刷した「外厩」一覧シートへペン入れ完了。
特別レース前の8Rまで、東京・京都にチェックを入れてました。
これから位置取りシートやビューワを使って、詳しく見て行きます。

t1

いわゆる2週目突入というやつですね。

東京1R

1つ目なので少し丁寧に、使い方の一例としてやってみます。
「外厩」一覧シートだと。

t3

前走の人気・着順の欄には、掲示板以内だった馬にラインを引く。
ここでは3頭で、低レベルのメンバーの感。
この中で決まる確率も少ないだろうけれども、3頭中1頭はほぼ来ます。

他で目立つ要素にもペンを入れて行く。

2・アーマンディは長期休養明けも「追い切り」指数高く、「小野瀬」+栗田厩舎のダートでの複勝率もソコソコ。
今回は初ダートになりますが、それに向けてはプラス材料。
「騎手名」太文字にも該当。

7・パーミストリーは「ミッドウェイ」+小島厩舎+モハメド殿下。
同馬は過去2頭「ミッドウェイ」帰りがあって3着が1回。

6・フラマブルは、こちらも「ミッドウェイ」+モハメド殿下で、ダートならではの高柳厩舎。
そして馬と「外厩」の過去実績は0-0-1-1と7・パーミストリーと同じ。
更に鞍上はT・ベリー騎手。
ダーレイの影響力は日本よりもオーストラリアの方が大きく、殿下の馬に乗るのであれば頑張るはず。

ここまでを「外厩」一覧シートで済ませておきます。
「ミッドウェイ」の2頭どちらかに期待出来そう。

次に位置取りシート。
ここでは「位置取りビューワ」を使います。

t2

リストアップされている内目をみると、上記で挙げた馬達が揃っておりますね。

人気馬の取捨から。
1・ジョリガーニャント vs 8・キョウエイラヴ。
先にこれを決めます。

過去3走の比較だとIDMで8・キョウエイラヴ。
中山で高く、2走前の東京で人気で凡走。
「-7-7-7」の通過順の上にマウスカーソルを乗せると、コメントが表示されます。
便利なので使ってみて下さい。
それによると、中団追走も付いて回れず直線も脚が溜まらず 細身で腰高。薄い。腹ボテ。フックラ柔軟。 高速馬場平均P行った行った。馬場合わず?との事。
関東は今雨で馬場は前回と同じになるかも・・・。
しかし、多分凡走の原因はそれだけでは無いはず。
今回と同じく「KS」帰りだったらちゃんと走っていますよね。
なのでOK。大丈夫。

軸は8・キョウエイラヴに決定。
次に相手をみていくと。

7・パーミストリーは1番手のIDM・展開のWで「+」の激走馬、展開マーク付き。
12・フラマブルは「最内」2番手、IDM・展開のWで同じく展開マーク付き。
人気も同程度の中位人気で、無理に絞る必要は無しか。
3連複ならこの2頭を2列目に。

9・タイトルリーフはIDM・展開のWでこの3走はずっとIDM30以上を出しています。
コメントを読むと、前に行って何も来なけれ馬券圏内といったタイプ。相手次第。

他にも「大外」1番手の15・トキメキアイナも印し的には押さえておきたい。

◎8・キョウエイラヴ
○7・パーミストリー
▲12・フラマブル
△15、9、1
 2・6・14


僕の流れとしては上記なような物。
割と効率は良いかと思います。


以降は簡単に。

東京2R

軸は2・4・8・13からの選択。
「追い切り」指数も高く「位置取りシート」で印も揃っている2・ロードゼフィール。
鞍上は内田博幸騎手で、ダートでは逆らいません。
上位の馬がソコソコまともなので、変な馬は来ても1頭。
3・セイリュウカフェ 「最内」ラインでIDM・展開のWの激走馬
9・サファリ 1番手のIDM・展開のW
15・クリスタルスカル 「天栄」+高柳厩舎のダートで「馬名太文字馬」、「追い切り」指数上位、1番手「外」


東京3R

鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が・・・。
残念過ぎる。
も、1・ワンショットキラーは「山元」2戦目で芝→ダート替わり初戦。

16・ジンロックカフェは唯一の前走好走馬。
飛ばないにせよ負ける事は充分ありえるので、他の単勝も考えたい。

7・チェストケゴールドは「サーストン」+高木厩舎で「馬名太文字馬」。
13・シャドウトルーパーは「ムラセ」2戦目でIDM・展開のWの1番手。

この4頭で、後は順番かな。


東京5R

2・グリニッジヴィレッジは「高橋TC」2戦目。
間に小倉遠征が挟まっていますが、前走の関東帰り初戦は「高橋TC」帰りでまずまずの結果。
1着は無いパターンで、鞍上も2~3着狙いをさせれれば来てもおかしくない柴山雄一騎手。
手頃な人気で、狙うには手頃。


東京7R

うぁあぁぁぁ。
またか。
鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が、鞍上が・・・。
でお馴染みの田中勝春騎手。
ここでは3・デバイスドライバーに騎乗。
「天栄」+宗像厩舎の芝は連対率で25%越え。
同馬自身もこれまで「天栄」帰りでは1-1-0-1の好成績。

7・チャリシーは「天栄」2走目。
率も良く、今回は印、「追い切り」指数とデータも揃っております。

10・ウェルブレッド、1・レオニーズ辺りの相手で。


東京9R

6・イッテツは「天栄」+斉藤厩舎。
人気で決まりそうなので、ワイドで1・2点くらい。


京都1R

土曜日は朝から3Rまで和田竜二騎手、良い馬乗ってますね。  全部ダートだし3頭とも来てしまいそう。
でも勝たない!は充分アリ。

2・タマモベルガモ vs 10・エフハリスト。

9・シンドバッドは「島上」+大久保厩舎は好相性。


京都2R

ここも人気2頭の対決。
9・サトノワイバーン vs 15・シルヴァーバレット。
でも1着狙うなら9・サトノワイバーンの方。
基準3番人気であれば「グリーンウッド」+五十嵐厩舎の15・シルヴァーバレットは安定感あり。
2・ソルは「外厩」的にも「追い切り」指数高目の西園厩舎的にも良い。
他の「最内」ライン、6・8の2頭と絡めて。


京都4R

「外厩」では5・8・14の3頭。

18頭立てで前走掲示馬が5頭、みな上位人気。
オッズ次第ですね。
或いは8・パローマの2~3着に期待か。


京都6R

昇級逃げ馬が揃い、手を出したく無いレース。

11・ヨウチエンコースは「Awaji」+小崎厩舎のダートで「馬名太文字馬」に該当。
ようやく坂路で追い切りが出来たのは良い兆し。

7・スミレは「ムラセ」2戦目。
前が止まってくれれば、「大外」2番手+IDM・展開のWの助けもあり馬券圏内は狙えそう。