スプリンターズS 馬番確定
スプリンターズステークス 過去成績・過去の位置取りシート
スプリンターズS 位置取りシート前日版

先に印を。

◎11・ダンスディレクター
○5・シュウジ
▲15・ミッキーアイル
△2・ブランボヌール
△4・ソルヴェイグ
△1・ビッグアーサー
△9・サトノルパン
△13・レッドファルクス

どうしてこうなった?

今週は凱旋門賞があるため、普段スポーツ報知でG1の時に掲載している「外厩」コラムはお休み。
そんな事をすっかり忘れて途中まで書いてしまいました。
なので・・・ここで使う!

というのが半分。
だって、もうビッグアーサーなんて良い点ばかり皆挙げるんだから別に良いでしょ。
それに実際「外厩」要素ではマイナスなんです。
「位置取りシート」では勝ちそうではあるのだけれども。

t4


ビッグアーサーが重賞に入ってからの成績がコレ。

t2

京阪杯を「吉澤」帰りで2着。
中3週の次走では1番人気3着。当時の2着がダンスディレクター。
更に次走のシルクロードSは中4週で、ここでも「外厩」には出さず。
結果は1番人気5着。当時の勝ち馬はダンスディレクター。


ダンスディレクターの流れはこんな。

t3

1600万、シルクロードSと勝つ時は「宇治田原」2戦目の時。
今回はシルクロードS時と同じく、長期の休み明けを叩いての2戦目。

ちなみに、ダンスディレクターは展開マーク「@」。
新潟を除くと、2013年のロードカナロア、2015年のストレイトガールも同じく展開マーク「@」+前走でセントウルS負け組み。

5・シュウジは「追い切り」指数トップ。
ビッグアーサーを除けば1番手内目では唯一のIDM・展開のWで「+」付き。
北海道の2戦を2つとも「外厩」を使ってしまった分割引。
何故にダメなの?は
スプリンターズS 馬番確定

15・ミッキーアイルはローテはアカンやろ、これ。
でもここでは唯一の「天栄」帰りです。
今の重賞での「天栄」は買っておかないとどうにもならん。

後は今年はレベルの高い3歳馬を拾いつつ、もう1頭の「馬名太文字馬」+外国人騎手の13・レッドファルクスを。
「位置取りシート」の2番手人気薄はよく3着ん来るレースなので9・サトノルパンも。