使い方

リンクからファイルをダウンロードして、自分で作成したフォルダに全てのファイルをコピー。
全部で7ファイルあります。

t2


プログラムを起動するには「itidorirename.exe」をクリック。
知っている方は知っている、こんな画面になります。

t3

「入力」「出力」フォルダの設定

「入力」フォルダは、右端にある「設定」ボタンをクリックでダイアログが表示されます。
ブラウザでダウンロード指定されているフォルダを選択してください。

t4

通常は「C:\Users\ユーザー名(Windowsのログイン名ですね)\Downloads」フォルダになります。

「出力」フォルダも同様に「設定」ボタンで選択します。
Targetがインストールされているフォルダにある「RT_DATA」の中にある「TEMP_VDUM」を指定。
通常は上記の画面だと思います。

印の表示場所

2~8の間にそれぞれ数字で入力。

ダウンロードファイルの削除

ダウンロードしたファイルが不要の場合は、「変換後にファイル消去」のチェックを入れておくと自動で削除されます。

Target内での設定

以下の記事を参考にどうぞ。
「位置取りシート」データをTarget用の馬印として
「外厩」データをTarget用の馬印として