有馬記念 過去成績・過去の位置取りシート
有馬記念 特別登録
有馬記念 「外厩」で見ると
有馬記念 「外厩」で見ると2
有馬記念 馬番確定
有馬記念 今走の「外厩」データ
有馬記念 位置取りシート前日版
有馬記念 もしミッキークイーンを買いたいのならば

もう週中に散々みてきましたよね。
今さらここに追加するような事は・・・んー、コレかな。

土曜日の中山芝の傾向は

騎手厩舎
距離1着2着3着1着2着3着
32歳未勝利    200017北村宏7丹 内3田中勝8(美)大 竹(美)金成貴(美)的場均
62歳新馬     1600外15勝 浦9横山典4吉田豊1(美)南 田(美)奥平雅(美)尾形充
10クリスマスカップ 180015戸崎圭1蛯名正6勝 浦8(栗)矢 作(美)田中剛(美)的場均
123歳上500万下 1600外16戸崎圭1柴山雄7菊沢一5(美)斎藤誠(美)萱 野(美)二ノ宮


通過順
距離タイム馬番通過順後3F後順馬体順馬番通過順後3F後順馬体順馬番通過順後3F後順馬体順
32歳未勝利    2000172.04.48 5- 5- 8- 73672538k73 1- 1- 1- 13715520k31713-12-13-123641430k8
62歳新馬     1600外151.40.010  - 3- 3- 33593436k915  - 5- 7- 73581452k413  - 8- 5- 53604474k1
10クリスマスカップ 1800151.49.96 7- 6- 6- 43502452k115 3- 3- 3- 13548482k611 7- 8- 6- 43502464k8
123歳上500万下 1600外161.35.47  - 3- 1- 33715476k19  -14- 6- 53683504k711  -11-11-143662474k5


勝つのは人気の内枠先行馬。
戸崎圭太騎手が午後は2連勝。
そして4枠ばかりが勝って、2~3着にも6・8の偶数枠。


位置取り
距離馬番馬齢位置取り番手後列馬番馬齢位置取り番手後列馬番馬齢位置取り番手後列
32歳未勝利    20001782 △24732◎○>+113172△ *328
62歳新馬     1600外15102  239152▲▽134132◎◎<@+111
10クリスマスカップ 18001563◎▽@121155△ 316115  218
123歳上500万下 1600外1673  21194  227114▲ *335

「中」より外目の傾向。
これは例年の有馬だと、2015、2012、2011年と同じ感。
外目の四隅が1頭はくるパターン。
今年は内目に人気馬が偏っているので、バランス的にも外目から拾う必要はアリですね。


さて、今年はこのように。


中山 10R 芝 2500m 有馬記念・G1   16頭 12月25日 JRDV2で開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内1キタサンブラック23.7
+
111サトノダイヤモンド12.5
1
2ゴールドアクター511
+
314シュヴァルグラン48.8
2
10アドマイヤデウス920
8ミッキークイーン615
6サウンズオブアース38.1
4ヤマカツエース1033
3
大外15アルバート820
113デニムアンドルビー1134
1
後3F地点
172410
12586
161113


外目の四隅15・アルバート、13・デニムアンドルビー、この2頭はポジション的に押さえます。
どうせ人気も無いし、外枠で嫌われているし。

諸々合わせてドンピシャなのが8・ミッキークイーン。
「中」2番手、4枠、そして激走馬。
池江泰寿厩舎の「しがらき」帰りでの有馬記念出走馬。
これは11・サトノダイヤモンドと同じです。
近年全て馬券圏内のパターン。
能力以外は、という注釈が付きますが・・・最も好走条件が揃いましたねえ。


以上が週中に見て来た事に追加すべき前日データ。
先に印を付けておきます。

◎11・サトノダイヤモンド
○8・ミッキークイーン
▲2・ゴールドアクター
△1・キタサンブラック
△10・アドマイヤデウス
△4・ヤマカツエース
△15・アルバート
△13・デニムアンドルビー

JCから有馬記念を獲るのは近年は本当に厳しい。
理由としては「外厩」ですね。
間隔的に「外厩」を使えないので、他の組とのここへ向けての準備で格段に劣ります。
JCでは1番人気ながらも4着だったジェンティルドンナは牝馬。
JCでは人気薄ながらも3着好走で有馬を勝ったヴィクトワールピサは3歳。
4歳以上の牡馬でJC経由でここを勝ったのは過去10年でディープインパクトしかおりません。
最も能力を発揮出来る期間でさえJC→有馬記念のローテは辛いんです。
だからこそ、菊花賞からの3歳馬がここまで走ってしまう。
斤量の恩恵はあるし、「外厩」は使えるし、距離短縮だし。

という事を主眼におくと↑のような印になる。
能力や馬体?そんなのどうでも良いです。だって有馬記念ですよ。

実際の馬券はもう少し広くとる予定。
「天栄」帰りの16・マリアライトは「外厩」シートでは「馬名太文字馬」に該当。
勝とうとしては乗らない、乗れない?けれども上手く乗る鞍上の14・シュヴァルグラン、鞍上だけでの6・サウンドオブアース。
これらは元返し、否、これらが来てもファイナルS分のお金くらいは返って来る程度にはね。