高松宮記念 過去成績・過去の位置取りシート
高松宮記念 特別登録と「外厩」データ
高松宮記念 馬番確定
高松宮記念 位置取りシート前日版


昨年の記事は
G1.sp 高松宮記念 2016

明日は午後から雨予報となっている中京。
馬場は変わってしまうかも知れませんが、一応土曜日の傾向を。

t1

内目有利の傾向も、1200mは外目での決着。
それでも勝ち馬は「後3F地点」で1列目、テンマーク付き。
激走馬は殆どのレースで出現、人気の「追い切り」指数上位も良い、
3枠以下の内枠には厳しい。

t2

勝ち馬は「上がり3Fタイム」1位が4勝となていますが、これは先行して更に脚を使ったもの。
差し馬が突っ込んで来た訳ではありません。
逃げ馬も残るし、先行馬有利な傾向。

昨年は

t2

t1

岡崎特別で昨年と比較をすると。
2016: 1.07.4
2017: 1.08.7

約1秒ほど時計が違いますね。
人気薄が逃げ切っているのは同じですけれども。

今年は外枠、先行馬有利と昨年とは逆方向の傾向。
「位置取りシート」ではほぼ一緒。

昨年と同じように例年通りとして、プラスして先行馬有利で考えていきましょう。


中京 11R 芝 1200m 高松宮記念・G1  18頭 3月26日 JRDV2で開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内13ソルヴェイグ713
+
16セイウンコウセイ58.8
4
3レッツゴードンキ24.0
216トウショウピスト1359
1
17ナックビーナス1491
45レッドアリオン17122
3
9シュウジ47.6
+
37レッドファルクス34.7
大外15ヒルノデイバロー927
112メラグラーナ13.5
2
後3F地点
1361848
16171073
51511


人気馬が、外目、2番手に流れてしまってアイヤーとは昨日書きました。
かといって、だったら人気薄で決まるか?ってレースでも無いですよね。
馬場状態や展開に関わらず高松宮記念は少なくとも5番人気以内から2頭は来てしまうレース。
そんな制限をかけておかないと、どうしたって変な馬ばかり選んでしまいそうです。

位置取りシートを見ると1番手の人気上位は3・レッツゴードンキ。
前走は1400mの京都牝馬特別です。
そんな前哨戦の馬を選ぶのも違う気がするしなあ。

なので、少し視点を変えて「詰脚」順で考えてみよう。


馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
7レッドファルクスMデム57尾関知人  香港スプリント 芝120012 0. -9.903/03ミホ分場
13ソルヴェイグ田 辺55鮫島一歩  シルクロードSG3 芝12006640.0-0.503/01グリーンウッドグリーンウッド
16トウショウピスト吉田豊57角田晃一  オーシャンS・G3 芝120011620.0-0.5/ グリーンウッド
5レッドアリオン菱田裕57橋口慎介  オーシャンS・G3 芝12001260-0.1-0.6/ 吉澤S-WEST
6セイウンコウセイ 幸 57上原博之  シルクロードSG3 芝1200269-0.30.302/18西山牧場阿見分場
9シュウジ川 田57須貝尚介  阪急杯・G3    芝1400857-0.3-0.8/ 吉澤S-WEST
17ナックビーナス石川裕55杉浦宏昭  オーシャンS・G3 芝1200267-0.30.2/
18ワンスインナムーン石橋脩55斎藤誠   京都牝馬S・G3  芝1400265-0.40.103/09山元トレセン
10クリスマス藤岡佑55伊藤大士  オーシャンS・G3 芝1200368-0.60.5/
14トーキングドラム藤岡康57斎藤誠   阪急杯・G3    芝1400168-0.60.6/
15ヒルノデイバロー四 位57昆貢    阪急杯・G3    芝1400268-0.60.6/
2フィエロ内田博57藤原英昭  京都金杯・G3   芝1600371-0.70.602/18山元トレセン
3レッツゴードンキ岩田康55梅田智之  京都牝馬S・G3  芝1400171-0.71.003/01吉澤S-WEST吉澤S-WEST
4ラインスピリット森一馬57松永昌博  シルクロードSG3 芝1200566-0.70.403/03信楽牧場
12メラグラーナ戸崎圭55池添学   オーシャンS・G3 芝1200170-0.80.9/ ノーザンFしがらき
8バクシンテイオーシュタ57堀宣行   オーシャンS・G3 芝1200663-0.90.5/ ノーザンFしがらき
11スノードラゴン大 野57高木登   オーシャンS・G3 芝1200864-1.10.7/ テンコーTC
1ティーハーフ国分優57西浦勝一  京阪杯・G3    芝12001242-2.30.103/02グリーンウッド

上部から見ていって「詰脚」が0以上の馬を拾う。
下部からだとオーシャンS組なら。
シルクロードSなら人気上位+今走「外厩」。

条件に合うのは6・セイウンコウセイ。
今回は幸英明騎手へと乗り替わりです。
残念ながら松田大作騎手は無免許運転でこの先の行く末は不明なので。
2番手は確かによろしくはありません。
でも、ローテは高松宮記念的に正しいし、「外厩」シートでは「馬名太文字馬」で「追い切り」指数上位。
位置取りシートでもテンマーク付きはプラスですしね。
それに外目の馬をとるくらいであれば、2番手でも内目を重視。

18・ワンスインナムーンは「最内」3番手。
斎藤誠厩舎の2頭出しで、もう1頭は阪急杯の勝ち馬14・トーキングドラム。
どちらも3番手の馬で、これは不当に人気が無さ過ぎ。
ワンスインナムーンは激走馬でもあり、今走は「山元」帰りで「馬名太文字馬」。
重賞、「山元」、人気薄であれば3着には良く紛れてくるパターン。

17・ナックビーナスは京都牝馬Sでは離された7着。
そんな馬がオーシャンSでは2着。

13・ソルヴェイグは「最内」1番手、IDMこそ無印ですが展開印◎。
シルクロードS組で「グリーンウッド」帰り。
昨年のビッグアーサーもIDM無印の展開◎でしたね。
似たようなパターン。

7・レッドファルクス、12・メラグラーナは傾向からは外れているものの、鞍上とオッズでは嫌えません。
仕方無しに買い。
同様に9・シュウジも印は入っているし、テンマーク付きだし、1番手だし。

◎6・セイウンコウセイ
○3・レッツゴードンキ
注13・ソルヴェイグ
注18・ワンスインナムーン
△7・9・12

3連複で2列目に「注」2頭ならば3列目は結構広げても良いかな。