簡単に振り返っておきます。

東京

t2

1・2番人気しか勝っておらず、普通に人気馬が強いですね。
IDM・展開のWで「+」ツキ、或いは展開マーク+「追い切り」指数上位とオプション2つ。
1番手のIDM▲以上からの軸馬選択なので3分の1で当たりを引ければ。
2着まで見ても5番人気以内。
1・2番人気を除けば「中」より内目中心で。

t1

3着まで広げれば人気薄もちらほら。
「激走馬」「追い切り」指数上位でIDM・展開に薄目でも印が入っている馬を。

t4

先団後方~差し馬+2桁通過順の組み合わせ。
でも、上がり1位の脚を使っても勝ち切るまでには至らず。

t3

天栄、しがらき、天栄、天栄。

t5

OP以外だと、前走は3着以内+「詰脚」が0以上。
「詰脚」が「赤」で勝ち切れ無かったような馬は手頃。

t6

キンカメ、ディープ。
これは先ほどのTwitterでも出した通りですね。
開催を通じて目立つ種牡馬。

t7

C・ルメール騎手は土曜日は2R以外の11レースに騎乗。
戸崎圭太騎手は福島なので、独壇場の予感。
一応・・・ではありますが吉田豊騎手も好走していましたね。そういえば。



ダート

t1

これは楽そう。
1番手決着ばかりだし、ほぼ内目。
3着まで見てもIDM・展開のWで占めております。
IDM◎○の2択ですね。
テンマーク付きが有利。
展開マーク「@」は勝ちきれず。
枠は内・外イーブンですが両端に寄せて。

t2

1000万以上なら後方からの追い込みでも間に合う。
けれどもセオリー通りに逃げ・先行で。
大型馬有利。

t3

ダートだと「山元」。
関東の「松風・KS」も人気上位ならそれなり。
でも、だったら福島の人気薄を探した方が面白いかも。

t4

勝ち馬に前走「中山」がいませんね。
東京、関西で先行して結構負けた馬が目立ちます。
特別以降は前走好走。

t5

ダートであれば内田博幸騎手は安定。
C・ルメール騎手も芝同様に人気馬で堅実。
後は、謎の菊沢騎手。


京都はTwitterでハイブリッド新聞のデータ+位置取りシートのTarget版をアップしておきました。