多分、クラブ事業単体での儲けは考えて無いと思います。
競走成績にも拘って無いんじゃないかなと。
それよりも、競馬コンテンツ(内容を調べた限り、募集馬はいわゆるコンテンツの扱いですね)に数万円を支払う人のデータの方がお金になる。
1頭につき1万口、全部募集で埋まらなくても自社コンテンツ内での景品としてでも捌けるし複数口もあるだろうから、大体ユニークで7千人分の顧客データをゲットです。
今年の募集馬が9頭だとして、約6万人の優良顧客のリストを手に入れられるのは…美味しいぞ。

さて、その6万人に月額500円のコンテンツなり商品を販売するとします。
50%でも売れれば、1500万円ナリ。
年間で約1億5千万円。
或いは予想会社等の広告を取って誘導しても良いですね。

いくらでも使い道があるユーザーを、しかも向こうから喜んで入って来てくれる訳ですから、まさにWin-Winじゃないですか。
AmazonがKindle Fireを売るのに近い感覚かも知れませんね。

社台系 馬をお金にするのが得意
DMM (馬に集まる)人をお金にするのが得意

この2つが合わさって、何か面白い事が始まれば良いなと。