現在無料でコンビニで出せる
サンスポZBAT!エイト競馬データシート 無料版公開
せかっく無料分が東西10R以降の3レース分公開されたのですから、これは使ってみないと。

僕的な使い方は以前の通りです。
サンスポZBAT!エイト競馬データシート

中山10R

「外厩」シートでみると

t2

馬名太文字は2頭。
どちらも人気上位で、更に基準2番人気は16・リヴェルディ。
んー、アテにならん吉田兄弟が揃って人気ですか。
同時に。
基準1番人気は内田博幸騎手。
何だろ・・騎手で見たら全部消したくなる。

流石に堀厩舎+「しがらき」の14・クラシコ。

ですが、内田博幸騎手+堀厩舎の成績がコレ。

t3

勝たなくね?
2着まで或いはあるかも知れませんが、もう同馬を勝たない前提で良いレベルでしょう。
基準1番人気が勝たない前提ならば、単系の馬券で行く方針。

カナリ端折って言うと、もし1番人気が勝たないのであれば、1000万の関東ダートですと2~4番人気の馬がほぼ勝ちます。
買えても5番人気までで、それ以降だとよほど買い材料が無いと厳しい。

これでアタマを探す範囲も決まりましたね。

コンビニ版位置取りシート

t5

候補は赤線を引いたIDM・展開Wの4頭からの選択。
1番手には「+」が4頭並ぶ、展開予想的には混戦模様ですね。
ならば単純に外枠の馬を。
というよりも、外目、外枠、展開マーク付きを。
と、言った方が正しいかも。
内目、内枠、テンマーク付きがいれば迷う所ですが、そんな都合の良い馬が内目にはいませんでした。
位置取りシート的な文脈に合うのが16・リヴェルディのみ。

これで大体予想は固まった感。
最後に無料分のサンスポデータシートを確認。

t7

印が付いている馬は大体上記で触れた馬達。
「調教ベスト3」では4・サラセニア、16・リヴェルディが候補の中では該当馬。
それ以外だと、騎手で8・ディアグリスター、15・クリノフウジン、13・ルーレットクイーン。
この中だと13・15くらいは押さえておいた方が良さげ。

◎16・リヴェルディ
○4・サラセニア
注2・ブレスアロット
△15・クリノフウジン
△7・サクラエクスプレス
△13・ルーレットクイーン
△14・クラシコ


中山11R

「外厩」シートだと

t1

馬名太文字は4・タマモブリアンと14・モルジアナ。
4・タマモブリアンの方はサンプル数が少なく、北海道でのものなので扱いは微妙。
前走札幌で使って、そのまま入れてきたという使い方。

14・モルジアナは「天栄」+木村厩舎とお馴染みのパターン。
これだけ使って、どの馬も毎回「天栄」帰りだったりしますが…それでも複勝率43%です。
この値は例えば池江厩舎の年間複勝率よりも上の数字。
「天栄」+木村厩舎をニコイチで1つの厩舎と考えれば、非常に優秀な厩舎の出来上がり。

10・アドマイヤナイトは「しがらき」帰り2走目。
厩舎自体の使い方では率は低いものの、アドマイヤナイト自体では0-2-0-1と好走パターン。
13・トシザミキ、16・ニシオボオヌールも同様ですね。
後は「追い切り」指数で2・クリノハッチャン。

コンビニ版位置取りシート

t3

4・タマモブリアンが「最内」1番手、IDM・展開W◎◎という印。
テンマーク付き、しかもトップのテンマーク付き。
だけれども。
もし10Rで想定通りに勝つのであれば、ここは勝たない方へ。
吉田隼人騎手が後半の特別レースを連勝!
なんて無いですから。
そいう逆算を含めての下げ。

同時に過去の同レースが

ハイブリッドデータと前走

ハイブリット新聞データパックを使って過去分を確認。
M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t4

2013年以降がハンデ戦。

人気で勝ったのは前走1着の昇級初戦+53kgのメラグラーナ、プレイズエターナルの2頭。
C・ルメール騎手が人気で2回乗っても勝ちきれず、のタマモブリアンとは違うタイプ。
それに加えて、近年の勝ち馬は「後半」上位から。
これもタマモブリアンとは違うタイプ。

確かに今回は前行く馬が少なく、ペースが遅くなってどうこう・・・的な見方はあります。
ありますが、そんな展開想定って1200mで本当にアテになるの?
ベタなセオリーはあまり信用出来ないなあ。

そんな事よりも、もっとピッタリな馬いるじゃないですか。

15・パラダイスガーデンは、前走レースレベルAの今回昇級初戦。
展開マーク「@」です。
WASJという点はやや心配ではありますけれども。
父クロージングアーギュメントの短距離牝馬、故にリトルゲルダ的なものを期待で。

同馬が買えるかどうか、もうひと押し欲しいところですね。
サンスポデータシートだと

t5

「調教ベスト3」に該当して馬名太文字となっております。
ただし、コースコメントにあるように外枠はマイナス。
アタマは厳しそうなので、同馬からのワイドで。
相手は位置取りシートで1番手の5頭。

また配当要因で、9・ユキノアイオロス、121・メイショウブイダン、14・モルジアナはどれも○以上の印持ちなので、「外厩」シートと位置取りシートと合わせて合格ライン。

注15・パラダイスガーデン
△14・モルジアナ
△9・ユキノアイオロス